石垣に石仏や墓石が使われているって本当!?
近世城郭の立派な石垣は、積み方はもちろん、用いられている石材の種類やその加工具合も鑑賞ポイントです。ところで、石垣をじっくり鑑賞していて、ちょっと変わった形の石を見たことはありませんか?

石仏、石塔、石灯籠、墓石…本来とは違う目的のために加工された石材を、城の石垣に転用したものを「転用石」と呼びます。

城門などに巨大な石が置かれているのはなぜ?
石垣と門でガッチリ固められた近世城郭の虎口。そんなお城の出入口でひときわ威圧感を放つ、驚くほど大きな石が全国各地の名城で鑑賞することができます。

こうした巨石を「鏡石」と呼びますが、運ぶのも組み込むのも大変な巨石を、なぜわざわざ虎口の石垣に用いたのでしょう? 実は、「大きくて」「運ぶのも組み込むのも大変」だからこそ、わざわざ置かれたのです。


いかがでしたか?ざっくりとお城の基本や疑問をまとめてみました。
「もっと知りたい!」「例えばどんなお城がそうなっているの?」もっと深く知りたい方は、関連記事から城びとのサイトをチェックしてみてください!

お城情報WEBメディア「城びと」
2021年1月初出の記事を再編・再掲載