公益財団法人日本城郭協会では、日本を代表する文化遺産であり地域の歴史的シンボルでもある城郭・城跡をより広く知ってもらうことを目的として、各都道府県から1〜数城ずつ「日本100名城」「続日本100名城」を選定しています。いわば100名城は「見ごたえあり」というお墨付きのようなもので、これからお城めぐりを始めたい方にぜひオススメ! とはいえ「200城もあると選べない」「地元の近くにどんな100名城があるか知りたい」という方も多いはず。そこで城びとが、注目の日本100名城・続日本100名城をエリア別にご紹介! 今回は【九州編】です。

【佐賀県】築城から約7年で廃城…豊臣秀吉が築いた幻の名城「名護屋城」(日本100名城)
大陸への侵攻を目指す豊臣秀吉が、築城の名手・加藤清正ら九州各地の大名を動員して築かせた名護屋城。金箔瓦を用いた五重七層の天守など、17万平方メートルにも及ぶ城郭をわずか数カ月で完成させたのだとか!

秀吉の死後に間もなく廃城となり、江戸時代に徹底的に取り壊されました。隅部分が破壊された状態の石垣などが、破却のすさまじさを物語っています。往時の姿を見たいという方は、隣接する佐賀県立名護屋城博物館でタブレットを無料レンタルし、城郭の様子を再現した「バーチャル名護屋城」でVR体験しましょう。

【長崎県】異国情緒漂う城下町を見下ろす「平戸城」(日本100名城)
江戸時代に日本最初の西洋貿易港として栄えた平戸瀬戸を見下ろす亀岡山に築かれた平戸城。もともと天守は建てられておらず、現在見られるのは昭和37年(1962)に建造された模擬天守です。

城内には築城術の一つである山鹿流軍学の影響と考えられる遺構が残っていて、石垣に空けられた狭間や、複雑な折れを用いた城郭デザインが見られて興味深いです。異国情緒漂う城下町もゆっくりめぐり、国際色豊かな平戸城の歴史と雰囲気に存分に浸りましょう。