近年、登城の記念となる「御城印」が注目を集めています。多数の書籍が刊行されたり、テレビなどでも取り上げられたりすることもしばしば。どのような特徴の「御城印」が、どこで購入できるのかなど、一城づつ城びと編集部が丁寧にご紹介! 今回は【北海道・東北編】。チャシとよばれる独特の城砦が築かれた北海道や、南部氏や津軽氏、伊達氏などの武将が競い合った東北地方には、どのような御城印があるのでしょうか…!?

御城印って? 北海道・東北地方ではどこのお城が出しているの? その特徴は?
「御城印」とは、 半紙(和紙)に城名やゆかりある城主の家紋や花押などの印を押したもの。お寺や神社でいただける御朱印を参考にして作られ始めて、今では多くのお城で登城の記念として頒布されています。「御城印」以外にも、「登閣記念印章」「登城記念御朱印」「城郭符」「御城朱印」など、呼び方は城によってさまざまです(本記事では「御城印」で統一します)。
細かな説明はこちらのページでは割愛しますので、詳しくは、お城のご朱印!?登城記念に「御城印」を集めてみませんか? の記事をご覧ください!

平安時代後期以来の名門・南部氏ゆかりの城から、奥羽再仕置の九戸城、戊辰戦争の鶴ヶ城まで、歴史の舞台として有名な城の御城印が勢ぞろい!どんなお城のどんな御城印があるのか、見ていきましょう! ※掲載内容は、令和2年(2020)10月2日現在の情報です。掲載以外でも御城印を領布しているお城をご存知でしたら、編集部までご連絡ください。(城郭名は、100名城、続100名城に続き、北から南、もしくは東から西の順に掲載。掲載の許可を得られなかったお城の御城印はご紹介しておりませんので、ご了承ください)