江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜。2021年放送のNHK大河ドラマ『青天を衝け』では、草なぎ剛さんが深みのある演技で慶喜役を演じています。慶喜は幕末の動乱にあたり、二条城・大坂城・江戸城において変転する時代と対峙しました。幕末の三名城とも呼べる各城と慶喜との関わりを解説します。

尊王思想の総本山、水戸徳川家の出身・徳川慶喜
徳川15代将軍・徳川慶喜。風雲急を告げる幕末において朝廷や雄藩と対峙し、大政奉還によって朝廷に政権を返上。これにより、江戸幕府264年の歴史に幕が下りました。この大政奉還の舞台が、二条城大広間。二条城(京都府)は徳川家康の命で築かれ、江戸時代を通じて、京都における江戸幕府の拠点になった城です。

徳川慶喜は、なぜ大政奉還を行ったのか。そして、なぜその舞台が二条城だったのか。まずは、慶喜の前半生を簡単に振り返ってみましょう。

天保8年(1837)に徳川御三家のひとつである水戸徳川家に生まれた慶喜。水戸徳川家は徳川将軍家を守る立場にありながら、天皇を敬う「尊王思想(水戸学)」の中心地だったことで知られています。徳川将軍家の家臣という立場にありながら天皇を尊ぶというのは、一見、矛盾するように感じます。ただし、徳川将軍家は「征夷大将軍」というかたちで天皇から日本を治める権利を与えられた存在であるため、徳川将軍に従い、同時に天皇も敬うというのは相反するものではありませんでした。