江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜。NHK大河ドラマ『青天を衝け』では、草なぎ剛さんが深みのある演技で慶喜役を演じています。慶喜は幕末の動乱にあたり、二条城・大坂城・江戸城において変転する時代と対峙しました。幕末の三名城とも呼べる各城と慶喜との関わりを解説する短期連載。第2回の舞台は大坂城。大政奉還で新政権参画への望みをつないだ慶喜と武力討幕を目指す討幕派の暗闘と、戊辰戦争の契機となった鳥羽・伏見の戦いについて紹介します!

クーデターで追い込まれた慶喜
慶応3年(1867)10月14日、徳川慶喜は朝廷に大政奉還を上表。つまり、日本を統治する権利を、幕府から朝廷に返しました。それに先駆け、10月12・13日には、京都における徳川将軍家の拠点であった二条城(京都府)において、幕臣や諸藩に向かって大政奉還の説明会を実施しました。

大政奉還によって江戸幕府は終焉を迎えましたが、慶喜自身は新しくできる政府の中枢を担うつもりだったという点は、前回【慶喜と二条城】の最後で解説したとおりです。しかしその後の歴史を見てみると、政権構想の目論見は大きく外れて、慶喜は新政府に参画することはできませんでした。なぜそうなったのか、理由についてはさまざまな要因が挙げられるのですが、最終的には慶喜が自ら選択した悪手により、政権の座から転げ落ちることになったのです。その悪手とは、「大坂城敵前逃亡事件」のこと。この事件について触れる前に、大政奉還以降の政情と慶喜の動きを見ていきましょう。

大政奉還によって追い込まれたのは、幕府ではなく、むしろ討幕派でした。それまで、薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通、公家の岩倉具視らを中心とする討幕派は、幕府を叩きつぶして新政府を樹立しようと画策していました。それなのに慶喜が機先を制して、形の上では政権を返上してしまったので、武力討幕をする名目がなくなり、振り上げた拳の矛先を見失ってしまったのです。