15世紀頃、アイヌの人々が暮らす北海道に本州から渡った“和人”が築いた12の館(城)「道南12館」をご存知でしょうか? 道南12館の一つ「志苔館(しのりだて)」は、函館空港から車で5分ほどで到着するアクセス良好のスポット。アイヌの人々との戦いで2度の落城を経験し、江戸時代を前に役目を終えたこの館(城)跡を探検してみましょう!

築城年代が推定できる道内最古の和人の城「志苔館」
現在の北海道はかつて「蝦夷地」と呼ばれ、狩猟や漁労を生業に暮らすアイヌ民族が住む地域でした。蝦夷地の南部には本州から「和人」が移り住んだ地域もあり、鎌倉時代には彼らをまとめる役目として、津軽半島の十三湊(とさみなと)に拠点を置く安藤氏(のちの安東氏)が選出されています。安藤氏は、執権北条氏の家臣として流刑になった罪人の管理も行っていましたが、海上貿易で財を成し「蝦夷管領」と呼ばれていました。

15世紀になると、渡島(おしま)半島の海岸線に沿って和人の館(城)を築きます。これらが「道南12館(どうなんじゅうにだて)」です。なかでも最東端に位置しているのが「志苔館」で、松前藩の史書『新羅之記録』によれば、館を築いたのは小林太郎左衛門尉良景という人物でした。小林氏は安東氏の家臣にあたり、ちなみに先祖は上野国(現在の群馬県)出身だそう。

東北の南部氏と戦っていた安東氏は、道南12館築城を皮切りに勢力を立て直そうとしましたが……一方で、アイヌの人々は生活を圧迫されるようになっていきました。