有名なお城や日本100名城などに選定されているお城はもちろん、地元の人でも知らなかった!というようなお城まで幅広く訪れてきた城びと読者の“青春の巨匠”さん。これまで行ったお城を訪れた感想はもちろん、そのお城の歴史や背景まで調べ物語風にまとめた記録の一部を城びと読者にもご紹介! 第3回は、第2次川中島の戦いの最前線となり、武田方と上杉方が熾烈な攻防を繰り広げた葛山城と旭山城。目と鼻の先にある2つの城にまつわる驚きのストーリーとは?

2つの山城
狭い盆地に兵が満ちている。睨みあう2つの軍勢はどちらもうかつに戦端を切れない。というのも盆地を見下ろしてそびえる二つの山城が、どちらにとっても気になって仕方がないのである。

その2つの山城は山間の渓流を挟んでたった1Kmとまさに指呼の間にあり、しかも標高もほぼ800mと同じであるから、相手の動向はお互いに手に取るようにわかるのである。おまけに、守将は両者ともこの地区に古代から伝わる原始宗教の担い手であり、当然古くから付き合いもあるだろう。もし小説にするのなら宗教上の宿敵か幼馴染の親友だったとしておきたいような二人だ。

時は天文22年(1553)。所は善光寺平を見下ろす旭山城と葛山城(かつらやまじょう)(ともに長野県)。後に第二次川中島の戦いとして知られる合戦であり、犀川を挟んで睨みあう軍勢は上杉謙信(長尾景虎)と武田信玄(武田晴信)。両者の先兵として前線で戦う羽目になっているのは、葛山衆の落合備中守治吉と善光寺堂主の栗田刑部大輔永寿である。