お城めぐりの前にその城に関する知識を得ておくと、城への理解が深まると共に、その場に立った際に当時の姿を鮮やかに想像しやすくなります! そうした調べもののスポットとしてオススメなのが、お城の近くあるいは近隣地域にある博物館です。築城名人・黒田官兵衛が築いた中津城(大分県中津市)の近くに建つ中津市歴史博物館(略称:なかはく)の高崎章子館長が、お城めぐりをもっとディープに楽しむための博物館見学ポイントについて解説します。

1.中津城とは
大分県中津市は、福岡県との県境の町。市域の約8割を占める山間部は、奇岩の渓谷「耶馬渓(やばけい)」の名で国指定名勝となっており、平野部である河口には、中津城下町の町割りが残ります。天正15年(1587)、豊臣秀吉から豊前国を与えられた黒田官兵衛は、天正16年(1588)に河口の平野部に中津城を築き、自身初めて城持ち大名となりました。慶長5年(1600)、黒田氏が筑前に転封後は、細川忠興が入国。8つの門と22の櫓を設ける城郭の形は細川氏の時代に完成したと言われています。その後、小笠原氏、奥平氏と、藩主がかわり、明治10年(1877)西南戦争の際には、西郷軍に呼応して挙兵した中津隊によって城内の建物は焼き払われました。

現在は昭和39年(1964)に建設された模擬天守が城下町中津のシンボルとなっていますが、実は中津城は、築城当初からの石垣や総構えの土塁が残る、城郭好きも楽しめる城跡です。

「中津城見学=天守閣に登る」だけではもったいない。令和元年(2019)11月に内堀沿いに誕生した「中津市歴史博物館(なかはく)」で見学ポイントをつかんで、ディープに中津城を堪能しましょう。