戦国時代を彩った大名や武将の生涯と城との関わりを紹介する「逸話とゆかりの城で知る!戦国武将」。今回は武田勝頼の後編。長篠の戦い後の混乱をしのいだ勝頼だが、御館の乱、甲相同盟破綻、高天神落城など、次々に押しよせる難局に追いつめられていく。厳しい状況の中、勝頼は武田家を存続させられるのでしょうか——?

父の宿敵の死と御館の乱
長篠の敗戦から立ち直った勝頼にもたらされたのは、「越後の龍」上杉謙信の死。そして、上杉家を真っ二つに割るお家騒動の報せでした。

生涯妻を持たなかった謙信には実子がおらず、代わりに景勝と景虎という2人の養子がいました。景勝は謙信の甥、景虎は北条氏政の弟でしたが、謙信がどちらに家督を譲るのか遺言せずに亡くなったため後継者争いが起こったのです。

景虎が同盟相手・北条氏政の弟だったことから、勝頼は景虎支援のため越後へ出陣。ところが、勝頼は途中で景虎支援から景勝・景虎の和睦仲介に方針を転換したのです。方針転換の理由はわかっていませんが、上杉家の内乱を治めることで武田・北条・上杉の三家で織田・徳川軍に対抗しようとした、北条出身の景虎が当主になることで武田領が北条勢力に挟まれるのを避けたかったなどの説があげられています。いずれにせよ、和睦成立により勝頼は甲斐へ撤退。

ところが直後に御館の乱は再開され景虎が自刃してしまいます。この事態に景虎の実兄・北条氏政は激怒し、甲相同盟を破棄。徳川家康と同盟してしまったのです。