詳しい人と一緒にめぐると、お城の楽しさが何倍にも増すもの。しかも、それが武将によるガイドだったら最高!! ふだんお城をガイドされている武将隊や案内隊の皆さまによる「我らが自慢の城ちょこっとガイド」シリーズが始まります。武将のみなさまが、自慢のお城の魅力やオモシロどころを、ピックアップしてちょいと見せ! 一番槍を飾るのは、「躑躅ヶ崎歴史案内隊(山梨県甲府市)」です。ちなみに、皆さま「躑躅ヶ崎」って、書けますか??(編集部はお手本がないと書けませんでした!)

■躑躅ヶ崎歴史案内人って?
こんにちは。躑躅ヶ崎歴史案内隊(つつじがさきれきしあんないたい)の上田絵馬之助です。
躑躅ヶ崎歴史案内隊は、躑躅ヶ崎館こと史跡・武田氏館跡(現・武田神社)で不定期にボランティアガイドをしているグループです。
無名の武田家臣団が自前の甲冑を身にまとい、楽しくわかりやすくをモットーに、境内に眠る戦国の史跡をご案内しています。

まずはメンバーのご紹介!

●大塚與左衛門(中央):隊の局長。歴史講座の講師を務めるほどの知識を持つ大黒柱。最新研究成果も把握している「努力と学びの人」で、本格的かつ丁寧なガイドは初心者からマニアにまで人気を博している。
●弥三郎景政(右から2人目):躑躅ヶ崎歴史案内隊の双璧の一人。子供から大人まで好評を博しています。渋みのある外見と物腰とは裏腹に、オモチャや巻物などのアイテムを駆使するお茶目な人。
●新之丞(左端):甘いマスクと高身長の堂々たる武者振りで、躑躅ヶ崎歴史案内隊期待のホープ。硬軟織りまぜながらの親しみやすいガイドが持ち味。
●K・マゴイチ(仮名)(右端):ガイド歴が長いのに(仮名)のままのベテラン。地域の観光名所や隠れた名店にも詳しい。
●上田絵馬之助(左から2人目):トリを飾るは私こと上田絵馬之助。映画演劇お笑い好きの性で、ガイドはエンタメ重視、「楽しく面白く」が信条。公式Twitterの十割を担当。通称(E)。

■躑躅ヶ崎館って?
「躑躅ヶ崎館」は、戦国大名武田氏の館です。「躑躅」は「つつじ」と読むのですが、館の東側にかつてツツジが多く咲いていたことから「躑躅ヶ崎」と呼ばれる尾根があることに由来しています。読むのも書くのも難しいですよね!
あんまり詳しく書くと、実際にいらしていただいた時のお楽しみが減ってしまうので、ごくごく簡単に躑躅ヶ崎館をご紹介します。

躑躅ヶ崎館(現・武田神社)は永正16年(1519)、甲府盆地の北辺に近いこの地に武田信虎公が居館を築いて以来、信虎公、信玄公こと晴信公、そして勝頼公の三代にわたって、武田家の本拠としてその歴史を支えてきました。のみならず、武田滅亡後も織田・徳川・豊臣と支配者が次々に変わっても、甲府盆地の中央により近い甲府城が完成するまでの間、甲斐国支配の拠点であり続けました。しかし、拠点が甲府城に移ると、躑躅ヶ崎館は廃城され、江戸時代を通じて荒れるに任されました。
とはいえ、信玄公の居館として一定の崇敬は集めていたようで、敷地内に信玄公を祀ったと思われる小祠(しょうし)が残されています。そして明治から大正に至って、信玄公の遺徳を慕う地元の人々の運動によって、ついに大正8年(1919)にこの地に信玄公を祭神とする武田神社が創建され、現在に至ります。