戦国時代から江戸時代初頭まで、伊達家や蒲生家など東北を代表する大名たちの勢力下に置かれた三春城。支城としての役目を担ってきた三春城も、寛永4年(1627)に立藩し近世城郭へと生まれ変わりました。本丸周辺にわずかに残る石垣やダイナミックな堀切が見どころ。かつての面影を探して三春城跡を散策してみましょう!

三春町の名物は、さくら!

JR郡山駅から車で30分の場所にある三春城跡(福島県)。阿武隈高地の西のへりにあたり、長い年月のなか丘陵地が侵食されて谷ができ、周囲はゆるやかな山並みがつづきます。

三春町といえば「桜」が町の代名詞。大正11年(1922)に桜の木としては初となる国の天然記念物に指定された「三春滝桜」をはじめ、「桜谷枝垂れ桜」や「法華寺の桜」など町内にはなんと約1万本の桜が存在しています。まさに「三春」の名にふさわしい春爛漫な見どころですよね。実は、このベニシダレザクラは三春城跡へ向かうお城坂にもあるのです! そんな桜の町にある三春城の歴史をご紹介します。

東北の重鎮たちの勢力下におかれた三春城

16世紀のはじめに築かれた三春城は、明治の廃城令で解体されるまで約370年にわたり田村地方を治めた拠点の城です。

「田村麿旧跡物語」によると、永正元年(1504)田村義顕(よしあき)によって築かれました。彼の孫にあたる3代・田村清顕は奥州の覇者・伊達政宗の正室の父にあたり、天正14年(1586)清顕の死をきっかけに伊達家の勢力下におかれます。

戦国時代から江戸時代初期の三春城は、伊達政宗や蒲生氏郷(がもううじさと)、さらには上杉景勝など東北を代表する大名たちの領内に組み込まれ、支城の一つとしての役目を担いました。

とくに、この時期の三春城に変化をもたらしたのは、豊臣秀吉の優秀な家臣でもある蒲生氏郷という人物です。天正18年(1590)に秀吉による奥州仕置で田村氏が改易になると、翌年三春城は蒲生氏郷の領地に組み入れられ城と城下町の整備を行いました。蒲生氏の城は石垣を用いた城造りが特徴で、本丸周辺に残る石垣はこの蒲生氏時代に築かれたものと考えられています。