今年も8月15日の終戦記念日が近づいてきました。77年前の太平洋戦争末期、アメリカ軍による空爆によって日本国内でも多くの人命が失われ、また文化財も大きな被害を受けました。天守などお城の建造物も……。太平洋戦争で城郭はどのような戦災を受けたのでしょうか、人々は空襲にどう立ち向かったのでしょうか。 

焼夷弾により7つの旧国宝天守が焼失
日本人にとって、夏は歴史を振り返る季節でもある。家族らと語らい、地元の行事に参加し、わずか77年前にあった愚行と悲劇に思いを馳せる。しばし目をつむり、鎮魂と内省の思いを胸に刻む時間である。

太平洋戦争末期の1944年11月以降、アメリカ軍による国内都市部への空襲が本格化し、死者は約56万人、負傷者は約30万人に達した。爆撃の対象となった市町村は800以上に及び、都市機能は失われ、建造物は多大な被害を受けた。その中には、城も含まれる。

日本の近代都市は、江戸時代に藩の政庁が置かれていた街がほとんどである。藩の政庁とは、つまり城のこと。都市が空襲を受けるにあたり、城が被害にあうのは避けがたいことであった。また、明治以降、地方の巨大城郭には軍隊が入り、司令部が置かれていたことも空爆を受けた理由の一つとなる。大阪城(大阪府)や広島城(広島県)、仙台城(宮城県)がそうであった。

空襲の被害としてよく語られるのは、やはり城のシンボルである天守であろう。水戸城(茨城県)、名古屋城(愛知県)、大垣城(岐阜県)、和歌山城(和歌山県)、岡山城(岡山県)、福山城、広島城(ともに広島県)の天守が、空襲により焼失・倒壊している。これら7つの天守は、すべて戦前の旧国宝に指定された建物であった。