城郭の発掘・整備の最新情報をお届けする城びとの連載、「お城の現場より〜発掘・復元・整備の最前線」。第27回は、琉球王国の伝説の王・英祖王(えいそおう)が本拠にしたという浦添城です。太平洋戦争で遺構が大きく損壊したグスクは、本来どのような姿だったのか。復元や調査でよみがえる浦添城について、浦添市教育委員会の仁王浩司さんと又吉幸嗣さんが紹介します。

これまでの復元整備
石灰岩丘陵上に位置する浦添城跡は沖縄戦や戦後の採石などにより著しく損壊しているが、近年は復元整備が進んでおり、かつての姿を取り戻しつつある。

浦添城跡の北側に所在する浦添ようどれは13世紀に英祖王によって造られたといわれる王陵で、17世紀に尚寧王により改修された。沖縄戦により大きく損壊していたが、発掘調査や古絵図・古写真の分析、聞き取り調査により詳細な復元整備を行い、2005年に完了した。

2007年度には浦添城跡西側で、これまで地表に現れていなかった城壁を確認した。城壁は横長の長方形の切石を積み上げる“布積み”と呼ばれる技法で、目地が縦方向に通るものであることが判明し、これをもとに2007年度及び2009年度に復元整備を実施した。

2006年度は浦添城跡南側にある石畳道の発掘調査を実施した。この石畳道は1597年、尚維衡(しょういこう)の曾孫・尚寧王(しょうねいおう)の命により浦添と首里をつなぐ道として整備され、浦添城跡の一角には竣工記念碑として「浦添城の前の碑」(1999年復元)が立てられた。石畳道は2008年度に復元整備を行っている。

ワカリジーは浦添城跡東端に屹立する岩で古くから信仰の対象となっており、岩盤が不安定化して危険な状態であることが判明したため、2013年度に崩落対策工事を行った。工事にあたっては岩塊根固めの前面に石灰岩の切石を積み上げ、表面に自然岩盤風の彫刻を施している。