四季折々に旬を迎える様々な果物。果物を購入後“食べるタイミングはいつがベストなのか”と果物の食べ頃に悩んだことがある方も多いのではないだろうか。そのような中、本当においしい完熟果物を食べてほしい農家さんと、美味しいものを食べて笑顔になりたいお客さんのため、『F STANDプロジェクト』が山梨県南アルプス市の果物を使用した“すももと桃のフェア”を2022年7月25日(月)、7月26日(火)にて開催している。

果物の流通はたくさんの人や時間を経て私たちの元に届けられるため、早めに収穫された本当の「完熟」果物ではないことがある。『F STANDプロジェクト』は、「農家さんがこだわって作った美味しい果物を届けたい、 産地で味わうような果物の一番美味しい状態を体験してほしい」という想いから果物無人販売所「F STAND」を2020年にスタート。農家さんが一番美味しい果物の「この日」を見極めて収穫し、収穫から48時間以内の極完熟の果物の本当の美味しさを提供し、都内各所のスタンドやコラボ店舗にて産地プロモーションを行っている。他にも提携先イベントスペース/店舗にて、美味しさの裏にあるストーリーや作り手の想いを伝えるイベントを企画・開催する「POP-UPイベント」。POP-UPイベントを実施したカフェなどの店舗にて、イベント終了後も消費者と継続的な接点を持つことを目的に、商品のレシピ開発と実際の提供を行う継続的な接点をつくるための商品開発&提供。「F STAND」やイベントなどを通じて地域の農産物の魅力を知ってくれた人たちを、旬の時期に産地に招待する場をつくることで本当のファンを醸成する「産地ツアー」など東京近郊の自治体(県・市町村)を対象にサービスを提供している。

今回のフェアでは、無人販売と中目黒のカフェにて“幻のすもも「貴陽」”をはじめ南アルプス市の極完熟のすももと桃のオリジナルスイーツ、販売、無料試食を7月22日(金)、23日(土)にて実施した。
(※南アルプス市以外の山梨県産の桃の提供もあり)

さらに、2022 年7月25日(月)から7月26日(火)にて都内4か所で無人販売を実施。時間は FSTANDの公式SNS にて告知予定。
※販売個数に限りがあるため、売り切れ次第日程内でも販売を終了する可能性があり。

内容:
・南アルプス市の極完熟のすもも「貴陽」販売
価格:1パック2個入り 900円(税込み)を予定
場所:
① OPEN NAKAMEGURO 目黒区上目黒2-9-17(中目黒駅から徒歩5分)
② RYOZAN PARK LOUNGE 豊島区巣鴨1-6-6東邦ホワイトテラス 1F(巣鴨駅から徒歩2分)
③つばめ舎建築設計 新宿区赤城下町47-10二川ビル 1F(神楽坂駅から徒歩6分)
④ 酒屋「花」/ コーヒースタンド「烏」 渋谷区桜丘町30-15ビバリーヒルズ102(渋谷駅から徒歩5分)

注意点:極完熟への最大のこだわりにより、前日に公式TwitterまたはFacebook、LINEにて、果物の設置状況をリアルタイムでお届け。ぜひ登録の上、確認後に外出を。
Twitter→fstand2020
Facebook→@fstand2020
Instagram→fstand.jp
LINE→ QRコードよりオープンチャットに参加。

※支払い方法は、OPEN NAKAMEGURO、RYOZAN PARK LOUNGE、つばめ舎建築設計はQRコード決済のみ(PayPayまたは、QR決済サービスを利用したクレジット決済:VISA、アメリカンエキスプレス、マスターカード)。

すもも「貴陽」とは、すももの中では特に大玉で果汁量が驚くほど多くジューシーな高級品種。果実の表皮の雲紋と呼ばれる黄色い模様が甘くてジューシーな証拠で、丸のままかじるととろける甘みの果肉と酸味がつまった皮の部分が相まって、他の果物では味わえない美味しさ。栽培が難しく、生産者は全国でもわずかだという。ふるさと納税の返礼品にも選ばれており、県外にあまり出回らないため毎年人気が集まっている。

筆者も「貴陽」を実食し、初めて食べるので皮付きと皮なしで食べ比べてみた。皮付きだと甘みの中に酸味も加わり甘酸っぱさがくせになる。皮なしだと果肉の甘みが口いっぱいに広がり、どちらもとてもおいしかった。

都会にいながら産地で食べるような果物の本当のおいしさが堪能できる「F STAND」。ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがだろうか。