岡山県が9月28日、東京・新橋の「とっとり・おかやま新橋館」にてメディアを対象に「おかやま秋旅キャンペーン」をPRした。岡山ディスティネーションキャンペーン推進協議会とJR西日本が開催する同キャンペーンは、7月から9月まで開催された「岡山ディスティネーションキャンペーン」から続く観光キャンペーンで、ロゴも前キャンペーンと共通のものが継続して使用される。

「おかやま秋旅キャンペーン」の主な目玉は次のとおり。

①岡山後楽園・岡山城
・令和の大リニューアルを終えて生まれ変わった岡山城が、11月3日にオープン。オープニングイベントのほか、岡山城天守閣や烏城公園一帯を光で盛り上げる「烏城灯源郷」が2年ぶりに開催され、後楽園・岡山城エリアを盛り上げる。
②アート企画
・美作地方の温泉宿に県内外の気鋭のアーティストが作品を制作・展示する回遊型アートイベント「美作三湯芸術温度 2022」を開催。このほかにも県内で様々なアート企画が実施される。
③紅葉
・紅葉の名所である渓や公園、旧学校などでライトアップイベントを実施。
④旬の食材
・ぶどうや牡蠣の体験企画を実施。
⑤その他
・今年4月に新しい施設としてリニューアルオープンした旧小学校で、期間限定の夜間ライトアップを実施。また、星空保護区に認定された天文台に直行するバスツアーや星空鑑賞会を開催。

このほかにもJR岡山支社が展開する鉄道体験イベントや、車内アテンダントの案内付き観光電車の運行など、列車に関する企画も多数用意される。

「美作三湯芸術温度 2022」の概要を説明する岡山県環境文化部文化振興課の山下穣治氏(左)と奈義町現代美術館 館長の岸本和明氏
岡山のぶどうについて熱く語る岡山県東京事務所大田市場駐在の小池孝治氏
会場では岡山のぶどうの食べ比べも行われた(左から瀬戸ジャイアンツ、岡山ニューピオーネ、岡山県産シャインマスカット「晴王」)

とっとり・おかやま新橋館2階のレストラン「ももてなし家」で10月1日から31日まで提供される動くスイーツ「シャインマスカットのパフェ」(1,888円)の実演も行われた。

お皿に伏せられたグラスを持ち上げると……

ぶどう、パイ生地、バニラアイスがこぼれ落ちてくる!
動くスイーツ「シャインマスカットのパフェ」に注目だ。

岡山県の魅力を盛りだくさんの「おかやま秋旅キャンペーン」。まずはこの機会に東京・新橋の「とっとり・おかやま新橋館」に足を運んでみてはいかがだろうか。