株式会社Mizkan(以下:ミツカン)は、心の健康とウェルビーイングの実現を目指し、へこんだ気持ちをごはんの力であたためる「凹(へこ)メシ」プロジェクトの活動として、ごはんの力で人々を元気づける取り組みを展開。今回“へこんだ時には鍋だ鍋”をキーワードに、へこんだエピソードと引き換えにあたたかい鍋が無料で食べられる『凹メシ食堂』を2022年12月9日(金)〜2022年12月18日(日)までの期間限定で表参道にオープンする。

『凹メシ食堂』とは、へこんだエピソードと引き換えにミツカンがあたたかい鍋を提供することで、へこんだ気持ちに寄り添い、心まで健康になってもらいたいという願いが込められた期間限定の食堂だ。ミツカンの社員56名で実証実験をした際にも、へこんだ状態の人が鍋を食べることでへこんだ気持ちが85.7%やわらぐことが判明。へこんだ社員を鍋が元気にしたように、より多くの人のへこみをあたためたいという思いで『凹メシ食堂』の開催に至ったという。

『凹メシ食堂』の会場は、表参道にあるベーカリーカフェ426(1F&2F)を使用。
1階では、へこみにちなんだフォトスポットや、店内で撮影した写真をSNSに投稿した方を対象に「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズが当たるハズレなしの「凹メシくじ」の体験ができる。

フォトスポット

会場入り口付近には、「凹」をかたどったオブジェが印象的なフォトスポットを設置。へこみにちなんだ手持ちパネルも数種類用意されており、好きなパネルを選んで撮影が楽しめる。

「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズが当たるハズレなしの「凹メシくじ」

指定のハッシュタグ「#凹メシ食堂」をつけて、店内で撮った写真をTwitterもしくはInstagramに投稿した方を対象に、ハズレなしの「凹メシくじ」が体験可能。景品は、自宅でも鍋であたたまってほしいという想いから「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズ全12種のうち、いずれか1種をオリジナル袋にいれて持ち帰ることができる。

2 階では、へこみエピソードをパネルに記入した方に無料で鍋が提供され、オリジナルこたつで鍋を味わうことができる。実際にあたたかい鍋を食べてへこみがやわらぐ気持ちの変化を体験できるイベントとなっている。へこんだエピソードを持っている方であれば誰でも無料で鍋を提供してもらえる『凹メシ食堂』。ここで簡単な体験の流れを紹介しよう。

1.店頭で配布している「凹みパネル」を受け取る
2.へこみエピソードを「凹みパネル」に記入
3.へこみエピソードを書いたら好きな鍋と交換
4.オリジナルこたつに入りながら鍋を食べてあたたまる
5.鍋を食べる前後の気持ちの変化に関するアンケートに回答

たった5ステップだけで無料で鍋が提供されることに驚きだが、なんと鍋は3種類から自分で好きな鍋を選択できるということにも驚きを隠せない。

『凹メシ食堂』の特製鍋は、ミツカンで人気の鍋メニューでもある、ごま豆乳鍋、焼あごだし鍋、キムチ鍋の3種類。定番人気の鍋つゆをベースに、オリジナルのロゴ入りかまぼこや、へこみが溶けていく様子を表現した「凹」をかたどったトッピングなど、本イベントでしか食べることができない特製アレンジ鍋となっている。

ごま豆乳鍋
焼あごだし鍋
キムチ鍋

おいしいごはんの力でへこんだ気持ちをあたためてくれる今回の『凹メシ食堂』。へこんだエピソードがある方は、ぜひおいしい鍋を堪能して、心も体もあたためてみてはいかがでしょうか。

<開催概要>
タイトル:ミツカン主催「凹メシ食堂」
主催:株式会社Mizkan
開催期間:2022年12月9日(金)〜12月18日(日)
開催時間:平日17:00〜21:00/土日11:00〜21:00
場所:ベーカリーカフェ426(1F&2F) 東京都渋谷区神宮前 4-26-18
入場料:無料
体験内容:へこみエピソードと引き換えに鍋の提供(※平日80食/土日200食限定)、フォトスポット、SNS投稿施策(「凹メシくじ」体験)
推奨ハッシュタグ:#凹メシ食堂 #凹メシ

〈「凹メシ」プロジェクトサイト〉
https://www.mizkan.co.jp/hekomeshi/