欧州連合(EU)は、2019年のEUと日本の間での経済連携協定(EPA)発行を受け、より親しみやすいものとなったEU食材を日本で啓蒙するため「Enjoy EU Food パーフェクト・マッチ!~ EU 食材+日本食材~」をコンセプトに「Enjoy EU クリスマス・ヴィレッジ- EU食材と日本食材のパーフェクト・マッチ!」を2021年12月3日(金)〜12日(日)の期間で二子玉川ライズ ガレリアにて開催中。本イベントに先立ち、ゲストにタレントの藤本美貴さんと料理研究家の脇雅世さんを迎え、2021年12月2日(木)に記者発表会が開催された。

駐日欧州連合代表部 通商部 一等書記官のシルヴィア・チェスカ氏

主催者挨拶として、駐日欧州連合代表部 通商部 一等書記官のシルヴィア・チェスカ氏は“日本の消費者の皆様にヨーロッパと日本の食品や飲料を組み合わせることによって、とても美味しく、栄養価が高いオリジナル料理ができることを認知してもらうため、それらを紹介することを目的にしたイベント”と本イベントの趣旨や魅力を説明した。

料理研究家の脇雅世さんによる料理実演

その後に、本日のスペシャルゲストである料理研究家の脇雅世さんとタレントの藤本美貴さんが登場。そして、脇さんによるEU食材と日本食材がベストマッチするというスペシャルメニューの「キャベツとオイルサーディンのポン酢がけ」と「そば団子のコンテチーズのせ」の2品を実演した。

スペシャルメニューを試食する藤本美貴さん

まず一品目の「キャベツとオイルサーディンのポン酢がけ」を試食した藤本美貴さんは、“お酒を飲む人も飲まない人にもおすすめ。キャベツの甘みとオイルサーディンの塩味が良く、とても美味しい”と絶賛。続いて「そば団子のコンテチーズのせ」を試食し第一声に“オシャレー!”と会場を盛り上げた。“こんなにおしゃれで美味しい料理が身近な物で簡単に作れるのはとても嬉しい”とこちらも絶賛した。

藤本家の人気夕食メニューTOP3を紹介する藤本美貴さん

トーク終盤には、藤本家の人気夕食メニューTOP3を発表。全て鶏肉を使った料理に“一人マッチョがいるもんで!”と笑顔で話した。これらのメニューに対して、脇さんは“例えば、ノンオイルで作った鶏肉と大根の甘辛煮には、オリーブオイルかアマニ油を最後に垂らすだけでもOK。油はハイカロリーなイメージだが、上質なオイルを適度に摂ることは大事。またオリーブオイルやアマニ油は加熱しないほうが栄養の吸収率が良いので、出来上がった料理にかけて食べると味変にもなっておすすめ”と、EU食材を使ってワンランクアップさせるアドバイスを提案した。

“アドバイスしてもらった食材は身近なものが多く、知らない間に使っていることもあり、改めて確認すると楽しそう。自分も含め、ママたちは自分の作った味に飽きてしまい、人が作ったものを食べたいと思うことが多いけど、身近なEU食材を使ってちょっとしたことで味変にもなることを知ることができ、料理の幅が広がった”と、語った。

イベント期間中の週末(金~日)には、EU食材の安全性・品質・信頼性・持続可能性をより深く理解していただくために、メインステージでEU食材を使ったワークショップやペアリングレシピを紹介するセミナーを開催しているので、この機会にEU食材と日本食材の合わせ方を学んでみてはいかがだろうか。

〈Enjoy! EUクリスマス・ヴィレッジ〉
https://www.rise.sc/eventnews/detail/?cd=000290