メインはもちろん、おやつに夜食に大活躍のカップ麺。その残りスープにご飯を入れて食べれば、二度おいしいうれしさだ。ご飯と相性のいいカップラーメンをインスタント麺マニアの大山即席祭さんが厳選してみた。

カップ麺の残りスープにご飯をぶちこむ……。育ち盛りにそんな食べ方をしていた人も少なくないだろう。物価の高騰が止まらない今、安価にお腹をいっぱいにできるこの“カップ麺残りスープ飯”が再注目⁉

無数にあるカップラーメンの中でご飯に合う逸品とはどれなのか。インスタント麺愛好家の大山即席斎さんにご飯と相性のいいカップ麺をジャンル別で聞いてみた。


価格が高いからこそ、有効活用したい有名店監修系


近年、種類を増やしている有名店監修系カップラーメン。比較的高価なだけに、スープまでしっかり味わわねば元が取れない。だからこそご飯のぶち込み甲斐があるというもの。

山頭火旭川とんこつ塩(日清)
278円



「『山頭火旭川とんこつ塩』のような濃厚系はスープのみだと味が濃すぎると感じる人もいるので、ご飯で中和するとちょうどいいんです。さらに本商品には生の梅干しが入っています。これをラーメンの具として食べず、ご飯を入れるときまでとっておけば、おにぎりや梅茶漬けの感覚で食べることができますよ」(大山即席斎さん、以下同)

一蘭とんこつ(エースコック)
454円



「税込490円と高価なのに具がないことで話題になった一蘭のカップラーメン。スープが非常によくできており、まるでお店のような味わいなので、もちろんご飯にも好相性。この商品の目玉である唐辛子ベースの秘伝のたれを半分くらい残しておき、締めでご飯にかければとってもおいしい一蘭ごはんのできあがりです」


激辛スープはご飯と一緒に飲み干そう


ファンの多い激辛ラーメン。とはいえ、そのスープまで飲み干すのはひと苦労。ご飯と一緒に完食を目指そうではないか。

麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん(寿がきや)
280円



「辛いだけでなく魚粉のうま味と、和だしが楽しめます。一蘭と同じく、同梱された唐辛子入りの魚粉を半分から3分の1くらい残しておいて最後にごはんにかけて食してみましょう」

東京RAMENS AFURI 新・覚醒 激辛柚子辛紅らーめん(日清)
220円


※写真は「東京RAMENS AFURI 辛紅 激辛柚子塩らーめん」


「激辛カップラーメンといえば中本を想像する方も多いかと思いますが、ややコテコテな辛味なので、ご飯に合わせるならシャープな辛味が個人的にはベター。AFURIのスープはチキンや魚介のうま味があって、残りスープ飯としてはマッチ度が高そうです」


罪悪感少なくスープを飲みたければ和だし


濃厚や激辛では少し重い……という人には和だし系がおすすめ。鍋の残り汁でおじやを作るイメージで食せるので、気持ち的にもなんだかヘルシー。

北のどん兵衛 きつねうどん [北海道] (日清)
214円


※写真は「日清のどん兵衛 きつねうどん[東]」


「通常のどん兵衛きつねうどんでもいいですが、鰹節と利尻昆布のWだしを使用する『北のどん兵衛 きつねうどん』はご飯とさらに合うことを強調したい。基本的に味の濃いスープのほうがご飯がすすみますが、本商品のように香りが強ければおじや感が増して非常においしい。お揚げに切れ目を入れてご飯を詰めれば、和だしの染みたおいなりさんのように食べることもできます。
北海道限定商品ですが、フェアなどで東京でも手に入ることがあるので、目にしたらぜひ試してみてほしいです」


ご飯を入れれば既存の料理に大変身!


「これご飯に合うの……?」そう思われるスープでも、思い切って合わせると既存の料理の味になる⁉

黒い豚カレーうどん(東洋水産)
214円



「考えてみれば、カレー汁を使っているのだから合うのは当たり前。豚肉と一緒に食べてポークカレーライスのように食べてみましょう」

カップヌードル チリトマトヌードル(日清)
214円



「トマト系スープにご飯が合わせるとリゾットに姿を変えてくれます。イタリアンっぽくオシャレに締めたい人におすすめの食べ方ですね」

カップヌードル 欧風チーズカレー(日清)
214円



「チーズリゾットのようにしたい人はコレ。同梱されている特性チーズパウダーをとっておいて、ご飯投入時に加えるとより風味を感じられると思います。カップヌードルは容器の形状的にご飯を入れて食べづらければ、ご飯をよそったお茶碗にスープをかけてもいいでしょう」

以上が大山さんおすすめの“カップ麺残りスープ飯”。あなたの好みはどの組み合わせ?

※価格はすべて税抜

取材・文/武松佑季 撮影/下城英悟