性感染症の蔓延が世間を賑わせているが、静岡大学と長崎大学は共同で「性行動が日本全国をどのように繋いでいるか」というユニークな研究を進めている。静岡大学工学部・守田智教授、長崎大学熱帯医学研究所・伊東啓助教に、その成果を聞いた。

謎に包まれていた「性接触」のつながり


これまでプライバシーの問題等により、謎に包まれてきた「性接触ネットワーク」の実態。つまり「誰と誰がセックスをしたのか」ということだが、これをソープランドの口コミサイトに書かれたレビューを用いて、全国規模の性接触ネットワークの構築に成功した研究がある。

この研究は静岡大学工学部・守田智教授を筆頭に、長崎大学熱帯医学研究所 国際保健学分野・伊東啓助教らによって進められた。守田教授は今回の研究のきっかけと狙いについて、次のように話す。

「私は『複雑ネットワーク』という、人をはじめとするいろいろなものの繋がりを、物理学的な側面から研究しています。2000年くらいから、感染症が広がる背景を読み解くには社会のネットワークを考える必要がある、ということが重要視されるようになってきました。
その際、たとえばインフルエンザや新型コロナウイルスでは、『誰から誰に移ったのか』ということが判断しにくい。映画館で感染したかもしれない、くらいはわかるかもしれませんが、実際誰から?というところまではわからないわけです。

その点、性感染症なら、本人にしてみれば『あの人から移ったかも』と具体的な伝達経路に心当たりがあるかもしれません。最初はHTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス-1型)という病気をテーマとして研究を進めていたのですが、調べていくうちに『性接触自体がどのようなネットワークを形成しているのだろう』と考え、本格的に取り組むことにしました」(守田教授)


静岡大学工学部の 守田智(もりた・さとる)教授


そこで性接触に関する先行研究を調べてみた守田教授だが、「十分な研究がなされていなかった」という。

「昨今、大規模な社会的ネットワークの研究が進められていますが、こと性接触に関しては、やはりプライバシーの問題もあり十分な研究が行われておらず、その実態は謎に包まれていました。雑誌などのメディアで「これまでの経験人数は何人?」といったアンケート調査もありますが、それが学術的に価値があるかというと、規模的にも少し物足りない。
そこで私たちは、ここ数年で発展してきた性風俗店のレビューサイトの口コミサービスを利用して、しっかりと論文として発表しようと思ったんです」(守田教授)


大手風俗情報サイトのレビューを抽出・分析


守田教授の研究チームがデータ抽出・分析に利用したのは、国内最大規模の風俗情報サイトの口コミ投稿機能。その中でも、今回はソープランドへのレビューに限定して分析を進めた。風俗情報サイトの口コミを利用した背景に関しては、伊東助教は次のように言及する。

「たとえば私が研究所に論理的な申請をして、誰かに性接触の経験を聞く許可が正式に降りたとしましょう。でも対象者に『これまで何人とセックスしましたか?』と聞いたとき、その方は答えてくれるかもしれませんが、『その先も調べたいので、相手の連絡先を教えてください』といったら、それは絶対教えてくれませんよね。技術的にも、プライバシー的にも、情報を集めることは非常に困難です」(伊東助教)

しかしオンライン上の口コミであれば、レビューを書いた男性顧客と対象の女性セックスワーカーを通じて、誰と誰が繋がっているか、というところまでわかってくる。
「従来の調査方法とまったく違うプロセスを採用したところに、大きな性接触ネットワークを構築できた要因がある」と伊東助教は指摘する。


長崎大学熱帯医学研究所国際保健学分野の伊東啓(いとう・ひろむ)助教


このような全国規模の性接触ネットワークの分析は日本で初めての事例となるが、本研究を通して得られたポイントとしては、主に以下の3つが挙げられる。


① スケールフリーの特性を持つこと
② 地域や店舗に依存して高いクラスタリング係数を持つこと
③ スモールワールド性を持つこと

1つ目の「スケールフリーの特性」とは、多くの人々の性接触は少人数(数人以下)に留まるものの、一部には多数の性接触数を持つ人が存在している、ということ。つまり、ほとんどの男性顧客はそれほど口コミを書かないが、一部の人たちが多くのレビューを書き、遠方も含めて積極的にソープランドを利用しているのだ。

2つ目の「高いクラスタリング係数」とは、男性顧客は同じ県内かつ同じ店舗内の複数のセックスワーカーを訪問する傾向があるということ。これに関して、守田教授は次のように説明する。

「クラスタリング係数が高いというのは、要は男性顧客と女性セックスワーカーはランダムに繋がっているわけではなくて、“塊”になって繋がっているということです。私はよく『友達の友達が友達』と表現しますが、女性の好みが一緒だったり、同じ地域に住んでいたりすると、同じセックスワーカーを訪れている可能性が高いのです」(守田教授)

3つ目の「スモールワールド性」とは、複数の県や店舗を跨いでソープランドを訪れる男性顧客が、空間的に離れた地域や店舗を“橋渡し”をすることで、全国の性接触ネットワークを緩やかに繋いでいるということ。このことに関して、伊東助教は次のように話す。

「これはつまり、『世間って狭いよね』ということです。たとえば、北海道と福岡は空間的には非常に離れていますが、1人のセックスワーカーを経由するだけで、2人の男性顧客が繋がるかもしれません。なので、性感染症の話に戻ると、たとえばある地域で性感染症が爆発的に広まったときにも、『うちの近所は安心だね』という解釈には決してなりません」(伊東助教)

このスモールワールド性に関して、構築した性接触ネットワーク上の平均距離を計算したこところ、「9.87」という数字となったそうだ。これはランダムに選ばれた2人が「何人を経て繋がるか」という指標であり、国内のある地域で発生した性感染症が、わずかな人数を経て全国規模に拡散する可能性があることを意味している。

口コミから再構築された性接触ネットワーク。男性顧客(約5.5万人)と女性従業員(約1.7万人)を口コミが繋いでいる


「1都3県」は繋がりが強い



上の図は、性風俗における都道府県間のネットワークを表したもの。線の太さは、都道府県の間を移動して店舗を利用している男性顧客の数に比例している。

たとえば、1都3県(埼玉、千葉、神奈川)は太い線で繋がれているが、これは東京のソープランドにレビューを書いた男性顧客が、近隣の埼玉、神奈川、千葉にあるソープランドにもレビューを書いていることを表している(その逆も同様)。これに関して伊東助教は、「1都3県の経済圏は大きな塊。この研究は人流データに近く、そのため何か公衆衛生的な対策を行う場合は、これらのクラスタを考えて行う必要がある」とする。

研究のために調査した口コミの数は、重複レビューを除いて約8.9万件。レビューサイト上に書き込まれた男性顧客のハンドルネームと女性セックスワーカーの源氏名をもとに、ウェブスクレイピング(オンライン上の文字情報を抽出する方法)を自動化してデータを収集・解析したそうだ。

今回の研究結果に関して、守田教授と伊東助教は次のように評価する。

「もちろん口コミを書かない人もいるので、理屈としてはごく一部を切り取ったものになりますが、今まで謎に包まれていた全国規模の性接触ネットワークが明らかになったのは、とても有意義なことだと思っています。社会ネットワークの一例として今後の研究に活かされるだけでなく、性感染症の蔓延対策などの公衆衛生の分野において知見を与えるものになればいいなと」(守田教授)

「我々が研究しているのは性感染症ではなく、あくまで社会的なネットワークです。なので、この研究を通して、風俗店が性感染症の温床だというつもりはまったくありません。『人々の繋がりを考える研究』として捉えてほしいですね」(伊東助教)


取材・文/毛内達大
写真提供/静岡大学工学部、長崎大学熱帯医学研究所