ライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」から、女性読者に向けたシリーズ「Dノベルf(ダッシュエックスノベルエフ)」 が刊行される。なぜ今このタイミングで女性向けシリーズなのか。本シリーズの第1弾として登場する3作品のなかから『殿下、ちょっと一言よろしいですか?〜無能な悪女だと罵られて婚約破棄されそうですが、その前にあなたの悪事を暴かせていただきますね!〜』の作者・斧名田マニマニへの独占インタビューと共に紹介しよう。

女性向けラノベの需要が急上昇! その背景にある漫画アプリの存在


これまで男性読者が中心だったライトノベル市場に、大きな変化が起きている。ここ数年で女性向け読者が急増、その中でも異世界ファンタジー系の作品がウケにウケているのだそうだ。

実際、日本最大級のWeb小説投稿サイト「小説家になろう」の上位ランキング作品のほとんどが女性向け。特に破滅フラグ系や、悪役令嬢もの、中華風ファンタジー(後宮もの)の隆盛が目立っている。

この理由を「Dノベルf」の担当編集は次のように分析する。

「スマホで読む人が増えたことが影響しているのかなと思います。それと、漫画アプリの普及により、コミカライズされた作品にまず出会って、そこから原作のライトノベルを読んでくれる方が非常に増えました。

特に20代半ば〜30代女性の方々が増えたことにより、7〜8年前から男性読者に受けていた“異世界もの”が3〜4年前ぐらいから女性読者にもウケるようになった印象ですね。漫画にも小説にもそれぞれの良さがあって、それらが対立するのではなく、相互作用を起こしているのは間違いありません。もはや切っても切れない関係性になっています」



9月5日(月)より始動する新シリーズ「Dノベルf」の刊行には、このような市場の盛り上がりが影響しているという。ただし、単に市場が盛り上がっているからという理由だけではないと、次のように続ける。

「もちろん読者が求めるものに対応していきたいという思いはあります。

ただ、ラノベ作家さんの幅広い才能を受け止めていく、1つの場所になればいいなとも思っているんです。作家さんには、それぞれに得意・不得意があるでしょうし、それに合わせてレーベルを選び、創作してくださっているとは思うのですが、全く受け取れない才能があるのは編集部としても嫌だなと。

だからこそ、今回スタートする新シリーズによって、1人でも多くの作家さんが才能を開花できる場所を大きく広げられたらいいなと思っています」(担当編集)


王道ジャンルとのオーダーを受けて企画を構想


そんな「Dノベルf」の記念すべき第1弾として登場する作品のうちの1つが『殿下、ちょっと一言よろしいですか?〜無能な悪女だと罵られて婚約破棄されそうですが、その前にあなたの悪事を暴かせていただきますね!〜』(以下『ちょっと一言』)(著者:斧名田マニマニ/イラスト:ゆき哉)。


『殿下、ちょっと⼀⾔よろしいですか︖〜無能な悪⼥だと罵られて婚約破棄されそうですが、その前にあなたの悪事を暴かせていただきますね︕〜』のカバー絵。©斧名⽥マニマニ・ゆき哉/集英社


氷のような美貌を持ち、悪女として周囲から恐れられる侯爵令嬢のルチア・デ・カルデローネが、『魔法鑑定の儀』で無能の烙印を押されたことをきっかけに、第二王子・ディーンから一方的に婚約破棄を宣言されるところから、物語は始まる。事件を解決しようとするルチアと、そんなルチアを愉快そうに眺める隣国の有力貴族・クロードによる恋愛あり、ファンタジーあり、サスペンスありの作品だ。

女性向けから男性向け、日常系から異世界ものまで幅広い作風を得意としている斧名田マニマニに、『ちょっと一言』を執筆することになった経緯を聞くと、「『Dノベルf』が始動するとのことで悪役令嬢や婚約破棄のような、王道テーマで企画を考えられないかと、お話をいただいて企画を提出しました」とのこと。さらに「女性向けライトノベルの王道ともいえる19世紀ごろの“なんちゃってヨーロッパ”を舞台にした」と教えてくれた。

同作を執筆する上で苦労した点を聞くと「着地点」と斧名田。

「女性同士のドロっとしたところは、楽しく書かせてもらった一方、どのように決着をつけるか、それぞれの女の子たちの着地点はすごく悩みました。“そういう人生だよね”という終わり方もある一方、優しい話、完全なハッピーエンドの方がよいのかなと悩んだんです。

だから、改稿を重ねながら、ストーリーもキャラクター設定も何度も変わっていきましたね。特に主人公のルチアが一番変化していきました。当初の予定では、性格のよい、誰からみても“いい子”という感じで、ちょっとぼやぼやしてる天然ちゃんだったんですよ」


悪女として周囲から恐れられる侯爵令嬢のルチア・デ・カルデローネ、本作の主人公


女性向けライトノベルの鍵を握る“スパダリ”と“強い女”


そもそも男性向けライトノベルと女性向けライトノベルの違いはどこにあるのか。

この問いに対して、幅広いジャンルを手がける斧名田は作家、読者としての経験を元に次のように解説してくれた。

「まず女性向けの場合は、主人公が女の子であることが大前提かなと思います。それと、少年向けのライトノベルよりは恋愛を意識していて、相手役が必ずいて、その相手との関係性が変化していくというのが特徴ですね。

男性向けだとハーレムものが多い一方で、女性向けはたった1人の好きな人に好かれるものも多いのかなと思っています。私自身、もともとライトノベルや漫画、アニメなどのコンテンツを見るのが好きだからこそ思うのですが、女性は好きな人と結ばれてからのストーリーの方が圧倒的に長いんですよね。それから当て馬キャラを好きな読者さんが多い一方、ヒロインが当て馬に揺らぐのは嫌悪感を覚えやすい。あくまでも当て馬に一方的に好かれていて、そういう状況であっても本命を好きでい続けるヒロインの方がウケがよいのかなと思っています。

また、男性にウケるヒロインは少し欠点があり、かわいらしいキャラクターという傾向がありますが、女性からウケるヒーロー像は圧倒的に“スーパーダーリン”。お金もあって、イケメンで、性格も良くて……。完璧な男性像、スパダリを求めている印象です」


“スパダリ”クロードとルチア


さらに、時代の流れと共に女性向けライトノベルのヒロイン像も変わってきていると斧名田。

「最近は、強い女性、誰の助けを借りずとも1人で問題なく、事件を解決できちゃう主人公が人気なように感じます。誰かに守ってもらうことが前提だと、読者の方がちょっとイライラしてしまったり、もっと頑張りなよと思っちゃうのかなと。だから、今回の作品『ちょっと一言』の主人公・ルチアも頼もしいキャラクターとなっていったんです」

その一方、斧名田自身は女性向け、男性向けということを強く意識しすぎないようにしているともいう。

「結局のところ、どこを喜んでもらえるかの違いはあれど、誰が読んでも楽しい作品を作ることが大切かなと思っています。そういう理由から男性読者さんにも、女性読者さんにも応援してもらえる人間的魅力があるキャラクターを生み出すことを大切にしているんです。

そうはいっても、そこが一番苦労しているのも事実で(笑)。初稿を提出して、改稿を重ねながら最初とは全然違った印象になるキャラクターもいます。例えば“いい人”キャラであっても、その“いい人”のベクトルが違う方向になっていったり……。そつなくこなしちゃって、とりとめもなくたどり着いちゃったではおもしろみにかけるので、どうしたらいいかということには毎度頭を悩ませていますね。

今回の作品の場合だと、“スパダリ”なクロードをどう描くかは悩みました。そういう理由から、最初は味方か敵かわからないポジションにおいて、バランスを取ったんです」



物語を創作する上で大切にしている“情熱”


最後に今後の展望について聞くと、「Dノベルf」は今後3カ月おきに作品をまとめて刊行していく予定とのこと。担当編集は「読者の動向を見守りながら、今回だけにとどまらずヒットするような作品をたくさん生み出していきたい」と意気込む。

斧名田は「“やってみたいな”を大事にしたい」という。

「“このジャンルといえば、この人!”となれた方が編集さんも売り込みやすいんだろうなと思うこともあります。でも、もともといろんなジャンルの作品を読むのが好きで、それは今も変わらないので、これからも自分自身の“書きたい”欲に忠実に幅広いジャンルの作品を書いていけたらと思っています。結局のところ、やってみたいなと思えることが情熱に繋がりますからね。今後も、いろんな作風にチャレンジしながら執筆していきたいです」

取材・文/於ありさ


『殿下、ちょっと⼀⾔よろしいですか︖
〜無能な悪⼥だと罵られて婚約破棄されそうですが、その前にあなたの悪事を暴かせていただきますね︕〜』

著者︓斧名⽥マニマニ イラスト︓ゆき哉

2022年9月5日発売

1,320 円(10%税込)

B6判/308ページ

ISBN: 978-4-08-632002-3

氷のような美貌を持ち、悪女として周囲から恐れられる侯爵令嬢のルチア・デ・カルデローネ。彼女は『魔法鑑定の儀』で無能の烙印を押されたことをきっかけに、第二王子・ディーンから一方的に婚約破棄を宣言される。しかし彼女には、圧倒的に不利な舞台から逆転する自信があったーー。その傍らには、愉快そうにルチアを眺める美しい青年がいて…⁉ 隣国の有力貴族であり第二王子より影響力を持つ彼の名はクロード。ルチアが悪女のふりをしていると勘づいたクロードは「面白いご令嬢だ!気に入ったよ」と急接近…! 私は事件を解決したいだけなのですが⁉ さしもの氷の美女ルチアも、実は恋愛方面の耐性は全くないから大慌てで… ⁉ 婚約破棄から始まる氷の悪女の逆転ロマンスファンタジー!!