舞台『ハケンアニメ!』主演の大場美奈と、共演者で良き先輩の山内圭哉。16日まで大阪、31日から11月14日まで東京で上演される
舞台『ハケンアニメ!』主演の大場美奈と、共演者で良き先輩の山内圭哉。16日まで大阪、31日から11月14日まで東京で上演される

直木賞作家・辻村深月の名作の舞台化『ハケンアニメ!』が、10月12日(土)にスタートした。16日(水)までが大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで、10月31日(木)から11月14日(木)には、東京・紀伊國屋ホールで上演予定だ。

脚本・演出はG2。そして出演するのは、今、演劇界でもひとクセもふたクセもあるベテラン俳優ばかり。そんななか、主役の川島加菜美を演じるのは、舞台経験の少ないSKE48の大場美奈(おおば・みな)。我らが「みなるん」の大いなる挑戦に、SKE48ファンをはじめ、多くの注目が集まっている。ということで稽古場を直撃! 共演する、大先輩の山内圭哉(やまうち・たかや)さんと語っていただいた!

■稽古スタートから一週間。みなるん号泣!

――さて、まず最初に、今回のお芝居のおふたりの役どころを聞きたいんですけど。

大場 はい。今回の舞台のオリジナルキャラクターで、アニメ業界の新米制作進行です。

山内 僕はフリーのアニメーターの役ですね。ものすごく気弱な役で、人物描写はうまいがアクション描くのが苦手、みたいなのがなぜかアクションの漫画を描かされて、監督から猛烈なダメ出しをずっと食らっているっていう。僕の役もオリジナルキャラクターです。

大場 けっこう私と山内さんのシーンは多いです。ありがたいことに、私は主演をさせていただきます。

――大場さん、最初にこのお話をいただいたときにはどう思いましたか?

大場 初夏くらいに「辻村深月さん原作で、共演者はこういった方です」って聞いたんですけど、純粋にうれしかったです。こういう大先輩の中に入ってお芝居をしたいっていう夢があったので。「ついに来たんだ!」って。でも主演って聞いたときには「え?」「おぉっ???」って驚きましたね。

――ですよね。山内圭哉さんをはじめ、市川しんぺーさん、三上市朗さん、菅原永二さん、町田マリーさん、幸田尚子さん、小須田康人さんと、日本の舞台界のフロントラインを走る超一流の先輩ばかりです。そこに主演の大場さんと、天才アニメ演出家である王子千晴を演じる小越勇輝さんが挑みます。

大場 最初、お稽古に入るまではめちゃめちゃ不安でした! でも不安でも、できなくてもわからなくてもやるしかないですから。だから「前向きに」って毎日考えてましたね。

――山内さんは、大場さんのことは知ってました?

山内 いえ全然。存じ上げてなかったですね。最初に顔合わせしたときに「緊張してるな」って思ったくらい。

――大場さんは、昨年のAKB48の選抜総選挙で8位になったんです。さらにSKE48では「ビジュアル担当」なんですよ。

山内 おー! どういうこと? ビジュアル担当って。

大場 ......かわいいんですよ。グラビアもやるし。まぁ、勝手に言ってるだけですけど。自称です。

山内 そういうのあんねや。得意分野的な。

大場 だって、胸があんまりないコって、あまりグラビアできないじゃないですか。

山内 なるほどなぁ。

――山内さんから見て、最初の大場さんは緊張していた、と。

山内 そうですね。序盤はめちゃくちゃ緊張して、頑張りすぎてたんで。彼女的には「みんなに追っつかないといかん」って気持ちが大きかったと思うんです。だからセリフも全部入れてきて、すごく入れ込んでました。でも芝居って、ひとりでやるもんじゃないので、結局用意しても意味ないんですよ。彼女の場合、ストレートプレイ(ミュージカルのような音楽などを用いない一般的な会話劇のこと)がほぼ初体験ですから、気持ちもよくわかるんですけど。

大場 かなり入れ込んでました。セリフも一語一句入れなきゃって思ってたから。でも、立ち稽古をしてみましょうってなったら、わからなくなっちゃうんですよ。毎日毎日、行きも帰りも家に帰ってお風呂に入っても、ずっと復唱して。「ここは『違う』って言われたな」って思って、自分の中で全部設計を考えて。翌日稽古に立つと、また「違う!」ってなっちゃって。「違うの!? じゃあどうすればいいの??」って頭の中がパンパンになってしまって。

言われたことが理解できないまま一週間くらい経ったときに、山内さんとのシーンでパンパンになっていたものがあふれだしちゃって。初めて泣いちゃったんですよ。泣くの嫌いだったんで我慢してたんですけど。そしたら山内さんがアドバイスをくれて、それに感動してさらに大泣きしちゃって。

――おぉ! 山内さん、どんなひどいことを言ったんですか?

山内 いやいや(笑)。

大場 正直、その時のアドバイス、泣いてて全然聞こえてなかったんですけど(笑)。でもひと言だけ聞き取れたのが、「お芝居は『線』だよ」って。

――せっかくのアドバイスを!(笑)。でも、「お芝居は『線』」というのはどういう意味だったんですか。

山内 たとえば、演出家から「このセリフはもっと怒ってくれ」って言われたときに、そのセリフだけで怒ることを考えがちなんですよね。でも、舞台の中の登場人物は、それまでの流れで怒るわけやから。自分の前に相手が言ったセリフに対して怒りの気持ちが生じてるんですよ。だから、セリフのひとつひとつにダメ出しを落とし込んでいくと、不自然な感情の人になっちゃうんですね。

セリフという点じゃなくて、それまで「こういう人と会った、それで、こういう気持ちになっていった」っていう流れを線でとらえたほうが楽にできるよ、って言ったんです。だから、相手のセリフをしっかり聞くこと。ふたりで話してることで生まれてくるものやから、ひとりでずっと練習して用意してきたもんだけでやってると、そこに行けないよって話ですね。相手の話を聞いて会話する。楽しんだらいいよって。

大場 そうなんです。でも最初に言ってくれたときには、優しく話しかけていただいたことがうれしくて聞けてなくて。で後日、ちょっとみんなで親睦会みたいな飲む機会があって。そのときにもう一度聞かせていただいて。そこからですね、稽古に参加する形が変わったのは。

それまで台本でがんじがらめだったのを一回閉じて。稽古場に行くまで開かないようにして。稽古が始まるときに「楽しめばいいんだ」って思って臨みました。とりあえず相手の話を聞いて、会話を意識してやってみたら、ちょっと見え方が変わりました。そのときに「稽古が始まって一週間、人の顔、見てなかったな」って。もちろんダメなところはまだまだ全然あるんですけど。

――素晴らしい! 女優としての目覚めというか、一歩目を踏み出したというか。それにしても山内さん、ものすごく良い先輩ですね。大場さんは、それまでの山内さんの印象ってどんな感じでした?

大場 ドラマで見てるときは、いつも面白い役が多いので、「面白い人なんだろうな」って思ってたんです。そうしたらガンガンのヒョウ柄で強めでした。

山内 なに? ガンガンのヒョウ柄て?

大場 いや、服が(笑)。で、「あー、強めな感じの人なのかな」って思ったら、お話するとめちゃくちゃ優しいんですよ。

山内 そんなに優しないですよ。優しさいうよりも、演劇の楽しみ方、遊び方がわかってない人には、わかってもらったほうが絶対に良い作品になるわけやから。優しさだけでは、ええもん作られへんから。大場さんに限らず、初めてで固まっちゃう人たちっているんですよ。自分もそうだったし。僕らの場合、「楽しめ!」って言ってくれる先輩たちが常にいてくれたんです。古田新太、吉田鋼太郎。いろんな人が言ってくれた。

古田先輩なんて、口が悪いですからね。「どうすんねん」「頑張ります」「頑張るのは猿でも頑張んねん。楽しまんかい」って。でも楽しむことが一番難しいんですよ。「頑張ること」のほうが簡単ですからね。頑張ったら悩む。悩んでたら次に行けない。じゃあ、楽しむしかない。稽古場では、楽しむアンテナをみんなで伸ばしていくような作業をしていくことが大切なので。今回の舞台の役者たちが、楽しもうって、彼女と出会ったってことなんですよ。だったら彼女にはやっぱりストレートプレイの面白さをわかってほしいですし、「もう二度とやりたないわ」って思われたら僕らの負けですから。

――いいですね。大場さんどうですか? 楽しめてきましたか?

大場 はい、だいぶ。最初の一週間を考えたら、別人かのように。

山内 うん、のびのびしてきたなって。良い傾向だなって思ってます。でも最初から発声とか、セリフがちゃんと聞こえてくる女優さんだったので、心配はしてなかったです。それはやっぱり、今までアイドルとして培ってきたものもあるでしょうし。あとは、のびのび、みずみずしく楽しんでほしいなっていう。

――アイドルで10年間やってきた経験が活きているんですね。

大場 うーん、でもアイドルでやってきたことは正直なんも出ないです。まったく別物だなって。

山内 でも、初日明けるとお客さんが入るじゃない。ライブの面白いところって、お客さんが半分作るでしょ。お芝居もまったくそうで。稽古場で僕らが考えていたことが、お客さんに通用しなかったりとか。逆に、お客さんが全然違うところをとってくれたりとか。そうなると出るかもあらへんよ、アイドル部分。急に踊りだしたりするかもあらへん。

大場 ヤバいじゃないですか! そんな流れ一切ないのに!

山内 「あかん! これ通用せぇへん!」ってなって、急にそうなるかも(笑)。

■みなるんをプロレスラーに例えると? まさかのあの借金王??

山内 でも、大場さんに逆に教えられることもいっぱいありますよ。

――おぉ、どんなことを。

山内 僕らはやっぱり技術でごまかしてしまうところがあるんですよ。でも、芝居の立ち方やなくて、大場さんは、まっすぐに舞台に立ってたりとかする。でもそれを見ると「そうか、これでええやんな」みたいな。リアルなこと考えたら、芝居の立ち方をしてる人なんて実際おれへんやないですか。彼女が一番リアルやったりするんです。僕らは「怒ってるときは、こうやって座るやろ」って表現してしまうんです。"無"で立ってる彼女を見ると、「すげーなー」って思ったりするんですよ。

大場 でも私は私で、全然動けなさすぎて。「新人の制作進行だから、こんなに社長に近づけるのか?」とか、そういうのは考えられるんですけど。わかってないところも多いですし、考えたところが実践できてるのかもわからないですし。でも、そういう悩んだときは山内さんがすごくいいタイミングでアドバイスをくれますね。

山内 「わからない!」って顔してるからね。「今、ものすごいわからないんだろうな」って、すごく伝わるから。わからんと、よう上を見てるんですよ。

――わからないときに上を見上げるって、「わからない人」のイラストくらいベタな表情ですよ。

大場 話している人の顔を見ないといけないって思うんですけど、「あ、入ってこない」って思うと、一度自分の中で整理しようと思って、視線を逸らしちゃうんですよ。そうすると、演出のG2さんも「......あれ?」みたいになってしまって。「......大丈夫?」って、私の目が降りてくるのを待ってくれて。みなさん、すごく優しいんです。

――本当に優しい! とても、素晴らしいチームですね。ではここで趣向を変えて、今からお互いに対する質問をしますので、おふたりそれぞれスケッチブックに答えを書いて説明してもらいたいです。題して「先輩後輩! お互いに聞いちゃおうのコーナー!」でーす! では第1問!「お互いの尊敬するところ」です!

大場 う〜〜ん、尊敬するところ......。

――お! 山内さんが書けたようです。お願いします!

山内 「真っすぐなところ」。技術でごまかすんじゃなくて、とにかく真っすぐ、全部受け入れていこう、という姿勢が尊敬できますね。普通、真っすぐではいられないんで。だって「なんか好きなもんある?」って聞いたら、「お金」って言うんですよ。

――真っすぐ!

大場 そうですね。でも、山内さんって偏見を持たないっていうか、それを言ったところで「こいつなんなんだ!?」って思わないって思ったし。だったら自分のそういう部分も出せるなぁって思ったんですよ。

山内 そんなん言えんねやって。尊敬しましたね。

――では大場さんは......「私の気持ち、よんでくれるとこ」。これは? 

大場 これ、私だけじゃないと思うんですけど、洞察力がすごいし、気を使ってくださるんですよ。心がもやもやってしたときに話しかけてくれるんです。

山内 でも昨日、なんか悩んでんのかな? と思って声かけたら、「あ、今、『無』でした」って。無???? 

大場 私、よく"無"になるんですよ。

山内 それ、お坊さんが目指すとこやから! すごいよ。いや、面白い子やなーって思います。

――おふたりの信頼というか、仲の良さを感じますね。では次の質問。「お互いにキャッチコピーをつけて」です! 今度は大場さんから!

大場 はい。「つるつるガラガラ」ですね。

山内 ケンカ売っとんか(笑)。つるつるガラガラってキャッチコピーで、俺、みんなに「ああ、たしかに」って言われんのか!

大場 あはは。一応説明すると、頭がつるつるで、服がガラガラ。

――思ってたそのままでした(笑)。本日、山内さん帽子をかぶっていますが、脱ぐと弁髪ですもんね。

大場 真っすぐにそう思ったので、そう書きました。

山内 真っすぐなコやなぁ。自分は「大僧正もあこがれる」。簡単に"無"になれる。自由で真っすぐで"無"にもなれる。"無"というのは、小乗仏教の悟りの境地ですからね。

大場 まぁ、そうなんですね。たしかに私、稽古の間の休憩とか、通しが終わった後とか、そういう状態になりがちなんですよ。休憩時間とかにいろいろ考えても仕方ないし、無になっとこうって。無の状態のときって、何も入ってこないじゃないですか?

山内 あぁ......。だんだん、しゃべってる声が般若心経に聞こえてきた。言ってる内容、ほぼ一緒やで。

――色即是空、空即是色、だと。

大場 いや、よくわからないですけど(笑)。「その無ってなに?『夜ご飯なに食べよ』とか考えてないの?」って聞かれたりするんですけど、ないんですよね。無なんです。でも、大僧正とか般若心経とか、そこまでじゃないですよ。

山内 いや、一回、高野山とか行ってみ。修行中のお坊さんが「うわぁ!!」って言うで。「これや!!」って。

――「悟りだ!」って(笑)。では最後の質問です。大場さんはアイドル、そして山内さんはプロレスが大好きでいらっしゃるので、お互いをアイドルとプロレスラーに例えていただきたいです。

山内 はい。「安田忠夫」さんですね。

――まさかの安田選手!!

大場 安田さん......?

山内 安田忠夫さんって、リングに上がってるときに、あんまり意志の見えない人でしょ。その佇まいがちょっと彼女とかぶるんですよ。でも戦いだすと個性を出すっていう。

――なるほど! じゃあもしかしたら2001年の年末のように、ジェロム・レ・バンナにギロチンチョークで勝つくらいの大金星をつかむかもしれない、と。スターになるかもしれないと。

山内 そのくらいのポテンシャルを秘めているというか。そういう瞬間があったんですよ。段取りが多い芝居なんですけど、稽古でみんなセリフがおざなりになった瞬間があって。でも、ひとりだけ彼女が力強かったんですよ。そのときに演出のG2が「みなるん(大場)しかできてないからね!」って。あのときは、ギロチンチョークで勝った安田さんを垣間見ましたよね。

大場 ギロチン......?

――安田さんを知らないですよね。2001年の年末に、たった一試合でスターになったプロレスラーがいたんですよ。ばくち打ちで、借金がたくさんあった負けっぱなしの人生を逆転させたんです。

山内 まぁね。安田忠夫さんの場合は借金で人生しくじるわけですけど、まあ彼女にはしくじってほしくないなっていう思いを込めて。

大場 ......あー、でも私も、クレジットカードをついつい使いすぎて、満額までいっちゃったことがありますよ。そういう意味では似てるかも。

山内 えええー?? カードの買い物は気をつけんと! リボとか便利やけど。

大場 なんか昔からCMとかでクレジットカードとか「リボリボ」とか流れてたから、「クレジットカードは良いもの。使っても平気!」って思っちゃったんですよね。そういう教育が私の中に入ってるんです。

――その言い訳が、借金しすぎちゃう人のそれですよね。あくまでも使い方ですから。ご利用は計画的に! では大場さん。山内さんをアイドルに例えると?

大場 元AKB48の先輩、秋元才加さんですかね。変幻自在で、面白くて、人として立派で、頼りたくなる存在。山内さんを例えるとしたら、秋元さんしかいないです。

――秋元才加さんは、アイドルの歴史上、もっともアイドルらしくなかった人のひとりですよ。ストイックに体鍛えて、腹筋が割れてましたから。

山内 へー。そうなんや。

――お互い、本日、家に帰ったら、秋元才加さんと安田忠夫さんをネットで調べてみてください。では、ラストに大場さん、このお芝居の見どころをお願いします!

大場 はい。辻村さん原作の『ハケンアニメ!』の舞台化です。アニメ業界の裏側っていうのは、普通の方は、考えもしない世界だと思います。でも、大人たちが一生懸命、アニメという作品に対して、たくさんの想いをかけながら作っていく大変さが詰まっています。その熱い大人たちの熱いお芝居を観に来ていただけたらなと! すごく楽しめると思いますよ!

――わかりました。そこで、安田忠夫VS秋元才加の試合が観れるってことですね。

山内 そういうことですね。

大場 ええー! 秋元さんも安田さんも出ないのに、勝手に名前を(笑)。

――試合の展開を予想すると、秋元さんが安田さんの周りをフットワークを使って回りながら、ヒットアンドウェイでローキックをかましていく感じですかね。

山内 でも最後に、安田さんこと大場さんがギロチンチョークで勝ちますよ。

大場 なんの話ですか!(笑)

■大場美奈(おおば・みな)
1992年4月3日生まれ 神奈川県出身 身長150㎝ 血液型=A型 ○SKE48、チームKⅡのリーダーを務める。2018年のAKB48選抜総選挙で8位にランクイン。
公式Twitter【@mina_ovo】 公式Instagram【obamina__43】

■山内圭哉(やまうち・たかや)
1971年10月31日生まれ 大阪府出身 身長176㎝ 血液型=AB型 ○子役として活動スタート。映画「瀬戸内少年野球団」(1984年)で注目を集める。多くの舞台やドラマに出演する超実力派の個性派俳優。
公式Twitter【@yamauchi_takaya】

●『ハケンアニメ!』
直木賞作家・辻村深月の「ハケンアニメ!」がG2演出で遂に舞台化。アニメを熱くする仕事人たちの感動物語。日本を代表する一大複合産業「アニメ」の裏側で起こるハケン(覇権)争いに目が離せない。チケットよしもとhttp://yoshimoto.funity.jp/r/hakenanime/

10月12日(土)〜16日(水)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
10月31日(木)〜11月14日(木)東京・紀伊國屋ホール

取材・文/篠本634(shortcut) 撮影/武田敏将