グラビア史上、最大のバストと言っても過言ではない元保育士のももせももが、5月11日(月)発売『週刊プレイボーイ21号』のグラビアに登場!

そのサイズは120cm、Mカップ! 爆乳の上をゆく"超乳"ゆえの苦労と悩みとは!?

* * *

■入れ乳だったらもっといい具合に

――120cm・Mカップの"超乳"の持ち主で、「グラビア史上最大」と言っても過言ではありません。いつから大きくなったんですか?

ももせ 自覚したのは小3のとき。担任の先生に言われて、ブラジャーを着けることになったんです。おばあちゃんとデパートの下着屋さんに行って、測ったらEカップだと......。

――小3にしてグラドル級です! 

ももせ 小学校を卒業するときには、Fカップに成長していました。中学校ではGカップからⅠカップくらいでしたね。胸が大きくなった理由を自己分析してみたんですが、小さい頃から太ったり痩せたりを繰り返していたんですよ。太って胸が大きくなるのに、痩せても小さくならない。大きくなる一方だったからだって。

――高校時代のバストサイズは?

ももせ 不思議とⅠカップくらいで止まっていました。

――制服とかぱっつんぱっつんになっていそう。

ももせ もちろん、なっていましたよ(笑)。ジャストサイズのワイシャツだと苦しいので、冬はボタンを留めないで上にセーターを羽織っていましたね。体育の授業がツラくて、走ったり跳んだりすると胸が揺れてとにかく痛い。あと、体育祭は嫌いでした。普段の体育は男女別々だからいいんですけど、体育祭は男子もいるじゃないですか。体操着姿だとよけいに目立つんですよ、胸が......。

――苦労が絶えないですね。

ももせ でも、10代の頃は日常生活を送る上で、そんなに不便はなかったんです。でも、保育の専門学校を卒業して、保育士として働くようになってから、また急に大きくなり始めて。23、24歳くらいのときですかね、下着のサイズが何か合わないなぁって思うようになったのは。気がつくと、"中身"がブラからハミ出ちゃっていたんですよ(苦笑)。

――今は日常生活で不便が多い?

ももせ そうなんですよ〜。胸が大きすぎるから下が見えなくて、階段を下りるときがとにかく怖い。DVDの撮影で、よく浜辺の階段を下りるシーンとかあるじゃないですか。私、あれNGです。

――楽しく下りられなさそう。

ももせ あと、大変なのが足のツメを切るとき。足先が見づらいですし、前かがみになると肺が圧迫されて息ができない。毎回、息を止めながら切っています(笑)。

――洋服選びも大変そうですね。

ももせ なるべく胸を強調しないようなダボダボの服を着るようにしています。じゃないと、交通事故が発生しちゃうから......。

――どういうこと?

ももせ 交差点での信号待ち中、左から来るバイクの運転手さんが右折しようとして、私の姿が目に入ったんでしょうね。すごい驚いた顔をして二度見して、さらに三度見したところで転倒しちゃったんです。このときだけじゃなくて、クルマが2回、バイクが2回、自転車は数えきれないほど。私はただ立っているだけなんですけど、ホント申し訳なくて......。

――いや、何も悪くない(笑)。

ももせ あと私、いまだに距離感を間違うことがあるんです。ドアを開けて、通れるかなって思って勢いよく行ったら、胸に激突してドアがバーンってなるのはしょっちゅう。ほかにも人混みをすり抜けようとして胸がぶつかったり。迷惑かけてばかりです(笑)。

――ちなみに巨乳の家系なの?

ももせ 母親と3歳年下の妹はAカップで、中学生と小学生の妹はスレンダー系。どうしてなのか、私だけ異質なんですよ。

――ちょっと聞きづらいけど、その胸、天然モノですか......?

ももせ そりゃあ、そうですよ! 入れ乳なら、もう少しいい具合にやります(笑)。明らかにおかしいでしょ! 私、ずっとこの胸がコンプレックスで、自分なりに隠して生きてきたんですけど、グラビアを始めたおかげでさらけ出すことができた。だから、グラビアの仕事は本当に楽しいんです。

(スタイリング/毛利奈奈 ヘア&メイク/山田チホ)

●ももせもも 
1993年7月15日生まれ 大阪府出身 
身長160cm B120 W70 H110 血液型=O型 
趣味=アニメ鑑賞、漫画を読むこと、コスプレ 
○最新DVD『巨乳転生』が5月22日(金)に発売予定! 
公式Twitter【@momosemomo_NY】 
公式Instagram【@momose_momo_0715】

撮影/栗山秀作