アサヒビールが16日、「第3回いいかも!オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」をオンライン上で開催。アルコ&ピースの平子祐希・酒井健太、乃木坂46の新内眞衣、アサヒビールイメージガールの高田里穂、さらに抽選で選ばれたおよそ750名(当選者は1000名)が参加した。

オープニングで平子が挨拶。「1000人がアサヒを通じて出会えるなんて奇跡だよ。みんな友達だ。最高の夜にしようぜ!」と熱い思いをトーク。3分以上に渡る"演説"に「長い長い、やりにくいな〜」とツッコんでいた新内の可愛い「かんぱ〜い!」をきっかけにようやくスタートした。

飲み会が始まると、真顔で無視する「あっちむいてホイ」や「にらめっこ」など、参加者全員でできるゲームへ。画面いっぱいに変顔が並ぶ光景はオンライン飲み会ならではだ。またお絵かきゲームも行なったが、750人もいるだけあって収拾がつかない感じも面白い。

みんながひとつになったのは、高田が紹介するスーパードライの正しいグラスへの注ぎ方講座。普段からお風呂上りにビールを飲んでいるという新内は見事に成功。同じようにチャレンジしていた参加者からもうまくいったとのリアクションがあふれた。

オンライン飲み会も後半になると、酔っ払った平子がしみじみと「この時間が永遠に続けばいい......」と話し出す。高田は顔を赤くしながら「参加するのは3回目なんですけど、お酒がいい感じに進みました」とコメント。新内はお酒が強いのか、あまり様子は変わらず。大学生時代にゼミでビール工場を訪れたエピソードや「オンラインで見てると、(参加者)みんなの顔が赤くなっていて、かわいいなと思いました」と語った。

最後に平子が「本当に幸せな時間。また同じメンバーで集まりたい。ここを約束の場にしよう。1000人が集まったのは奇跡だ。最後に乾杯をしよう!」。再び熱い思いをぶちまけ乾杯し、およそ1時間のイベントは終了した。

終了後、イベントを振り返った酒井は「1000人と飲む機会ないので、めちゃめちゃ新鮮でした」とコメント。平子は「不満点が1点だけ、延々とやれた」と語りつつ、「オンライン飲み会は関係性の薄い人とも近づける手段になる」と提言。新内は「いい意味で内輪な感じもあって楽しかった。ツイッターのハッシュタグを使って、双方向感もあったし、またやりたい!」とほほえんだ。

次回は5月31日(日)、MCは霜降り明星、スペシャルゲストで白石麻衣が登場予定。29日(金)まで公式サイトにて参加応募を受け付けている。

取材・文/関根弘康