人気グラドルを輩出している「サンスポGoGoクイーン」の2代目グランプリで、『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日)では印象的な笑顔が話題に。

人気急上昇中のグラドル・中崎絵梨奈(なかざき・えりな)が、9月28日(月)発売『週刊プレイボーイ41号』のグラビアに初登場! 3ヵ月で10kgの減量に成功し、引き締まった美ボディは必見です!!

* * *

■田中みな実にソックリと噂に!?

──絵梨奈ちゃんが芸能界に入ったキッカケは?

中﨑 高校を卒業して、工場へ部品を発注する会社でOLをしていたんです。必死に挑戦できることはないかなって思っていたとき、たまたまエイベックスと『CanCam』が合同で企画した「全国ぷに子オーディション」(2013年)の募集を見つけて。

──ぷに子?

中﨑 ぷにぷにの女のコ、ポッチャリ体形の女のコを応援するっていうオーディションだったんですよ。当時私は今よりも太っていて、体重が54kgぐらい。だから、これだ!って思い、親に内緒で応募しました(笑)。

──そして見事に合格!

中﨑 合格の電話をもらったとき、「10人組のぷに子ユニットとして活動してもらいます」って言われたんです。え、10人組? ぷに子ユニット?って驚きましたが、とにかく合格できたことがうれしかったですね。

──勤務先の会社はどうしたの?

中﨑 中途半端にしたくなかったので、すぐに会社の上司に「オーデイションに受かったので辞めさせてください」って言いました。最初は「本当に大丈夫なの?」「あやしくない?」と引き留められたのですが、最終的には「頑張ってね」って背中を押してくれたんです。本当に感謝ですよね。

──グループ名は、丸々とした子という意味もある英語「Chubbiness」(チャビネス)に決まり、いよいよ活動がスタート。ぷに子がメンバーだけに、少し変わった活動もあったんですよね?

中﨑 東京・大手町にコラボレストラン「Chubby's (チャビーズ)」がオープンして、メンバー全員そこで働いていました。オフィス街にあったから、私たちがぷに子ユニットだっていうことを知らない普通のサラリーマンの方たちばかりでしたね。

──当時のお店の評判をネットで調べてみると、「アイドル(?)が売り子をやっているのは意味不明だが、やたらうまい」なんていう書き込みも(笑)。

中﨑 おかげさまで、渋谷ヒカリエに2号店もできました。その後、秋葉原に「九州素材と酒 ばんぺい柚」という居酒屋もできて。

──多角的(笑)。

中﨑 結成して1年ぐらいからライブなどのアイドル活動もやり始めたので、忙しい毎日でしたね。

──チャビネスは、痩せすぎても太りすぎてもダメというルールがあったんですよね。

中﨑 そうなんですよ。BMIが22〜24の健康体形を維持するっていう決まりがあったので、それをキープするようにしていました。

──レッスンやライブをしていたら痩せちゃわない?

中﨑 アルバイト先で賄いが出ていましたし、メンバーの間では、ライブ前と後にはコンビニに寄って買い食いするっていう暗黙の了解があったんですよ。ホットスナックとおにぎりセット、スイーツ、それにミルクティーを買うのが定番でした。

──そんなチャビネスも昨年3月に全員卒業。

中﨑 ユニット在籍中からグラビアをやっていたんですが、ソロになってから本格的にやろうと思って。ちょうど「第2回サンスポGoGoクイーン」オーディションがあったので、それに合わせてダイエットを始めたんです。3ヵ月で10kgの減量に成功しました!

──それはスゴい!! ぷに子も卒業したんだねぇ。写真を見ていて思ったんですが、少し田中みな実さんに似ていないですか?

中﨑 実は今年になってからそう言われることが増えて恐縮しちゃうんですが、めちゃくちゃうれしいです! 実はユニット時代、私も"あざといポジション"だったんですよ(笑)。

──キャラも似ているのか。最後に今後の目標は?

中﨑 グラビアはもちろん、女優としても頑張っていきたい。悪い役なども演じてみたいです。

(スタイリング/鮎川恵子 ヘア&メイク/萩村千紗子)

●中崎絵梨奈(なかざき・えりな) 
1993年6月8日生まれ 福岡県出身 
身長152cm B88 W65 H89 
○アイドルグループ「Chubbiness」メンバーとして活動し、2019年に卒業後はグラビアやドラマ、舞台などで活躍中。2019年、「サンスポGoGoクイーン」2代目グランプリに。プライベートでBリーグの観戦に行くほどのバスケ好き。
公式Twitter【@Chu_erina_avex】 
公式Instagram【@chu_erina_gravure】

取材・文/高篠友一 撮影/藤本和典