アイドルグループSKE48が10月3日〜5日、愛知県の「AICHI SKY EXPO」で劇場公演デビュー12周年記念イベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭〜」を開催した。

このイベントは、SKE48が劇場デビューから12年の間で行なった12の公演を、3日間ですべてやるというファン垂涎のイベント。メンバーは12の公演の中からそれぞれ3つの公演に登場。今までにやったことのない公演に挑戦するメンバーも多く、コロナによって活動が制限される中で新たな挑戦となった。

ライブはコロナ感染症対策のためにすべてオンライン配信。会場には公演ごとに抽選で当たったファン30名のみが入場し、貴重な体験を楽しんだ。

初日は朝9時から、SKE48劇場支配人の斉藤真木子らとフレッシュな研究生による『会いたかった』公演でスタート。ラストの『制服の芽』公演には3期生でチームEリーダーの須田亜香里が登場。今や劇場よりテレビ番組で見る機会のほう彼女が、変わらずの激しいパフォーマンスを見せてくれた。

公演終了後、須田と6期生の熊崎晴香、そしてドラフト1期生でチームSリーダーの松本慈子がインタビューに答えた。

***

――まずは本日の感想を聞かせて下さい。

須田 12周年で、こんなに大きな会場でできるというのはファンの方がいないと絶対に無理なことで、私たちに期待してくれる方がこんなにいるんだって感じました。

出演したのは『制服の芽』公演で、懐かしくて当時のことが浮かぶけど、今のメンバーを見ると今のSKEも好きだなって実感しました。

須田亜香里
須田亜香里

松本 私も『制服の芽』公演に出たんですけど、前に出た時は中学3年生で、今は大学3年生。前は先輩しかいなかったのに、今は後輩ばっかり。自分も先輩になったんだなって感じましたね。

そして先輩たちと出れるこの時間に色んなものを盗んで、後輩に受け継いでいけるように頑張らなきゃなって思いました。

熊崎 久しぶりに16人で踊れたっていうのと、目の前にファンの方がいてくださるのと、配信でも見てくださるみなさんがいて、やっぱり公演って素敵だなと。やっていて、ものすごく楽しくて、メンバーもみんなキラキラ笑顔だったので、ファンのみなさんにもそれが伝わってるといいなって思います。

――コロナの影響でずっと通常の公演ができず、今回が久しぶりの大きなステージでした。

須田 お客さんをあまり入れない状況で、こんな大きな会場でやるのはどうなんだろうと思ったし、プレッシャーはあったんです。でもいつも応援してくださってる方が、配信でも見てくれてるっていうのは自信になりましたね。ファンが見てくれるからこそ、この規模が実現したなって。

劇場公演はずっと無観客で、メンバーも6人に制限してやっていたので、16人っていうのは久々すぎて。熊ちゃん(熊崎)も言ったように、メンバーと目が合うたびに楽しくて、大きい会場でやらせてもらうからこそだなって思いました。

松本 今までは劇場で周年を迎えていたんですけど、今回はこんな大きなステージ。ステージの前に降りて歌ったり、ここでしかできない演出があって、12周年でこんなことしちゃったら、来年はどうなるんだろうって怖くなっちゃうんですけど(笑)。でも前の年を越えていけるSKEであってほしいなと思います。

松本慈子
松本慈子

熊崎 私たちの代からは周年イベントで劇場を飛び出したことがないので、すごいわくわくがありました。ステージが広いぶんパフォーマンスも大きく、配信でも全力のパフォーマンスが伝わるように、全力で頑張ったのでそれが届いてたらいいなと思います。

――先輩として、同じステージ立つ後輩にこういうものを伝えたいってありましたか?

須田 うーん、でも伝わってたなって思うことが意外と多くて。今まではどうやったら先輩からのことを受け継げるか、もどかしいことが多かったんですけど、今のSKEはすごくSKEっぽいぞと。

『制服の芽』はSKEらしさが一番強い演目だと思うのですが、リハの段階からSKEらしさが伝わってるって、ワクワク感がすごくて、私から後輩にこうしようとかなかったです。映像だからいつもより3割元気にやったほうが伝わるよとか、テクニック的なことは伝えましたけど、それ以外はむしろ私が後輩に頼る部分も多かったですね。リハーサルに出られないことも多かったので......。みんなすごく頼もしかったです。

松本 リバイバル公演は先輩と後輩の気持ちが一緒になるのが難しくて、先輩たちのほうがやってやるぞって、熱い気持ちが大きいんですけど、今回はみんな同じ気持ちで、どんどん高めあっていたので、すごくいい雰囲気だったんじゃないかと思います。

熊崎 今回は振り入れというものがなくて、個々で映像を見て覚えてくる感じだったんですね。だから後輩のコたちが、このフリってどうなんですか? どういう気持ちでやればいいですか? って、積極的に聞いてきてくれて。そのおかげでコミュニケーションがとれて、絆がすごい深まったなって感じました。気持ちがひとつになって、SKEらしさが出ていたんじゃないかと思います。

熊崎晴香
熊崎晴香

――ここを見てほしいってところはありますか?

須田 11年前の衣装を着てまして、ウエストがほぼ変わってないんですよ! けっこう露出度の高い公演が多いので、エステに行ったり、公演のために2キロ減らしました。いいところだけ見てもらいたいと思います(笑)。

松本 『仲間の歌』のサビで煽りがあるんですけど、今回初めてやらせてもらったんです。先輩たちがやっていたポジションで、自分がやるとは思ってなかったので緊張したんですけど、気持ちが伝わったらうれしいなと思います。

熊崎 顔の表情に注目していただきたいです。昔と同じユニット曲の『思い出以上』をやって、当時はまだ幼くて大人の色気が出てなかったんですけど、今回はアップの時とか表情を頑張ってみたので、そこをチェックしてほしいです。

――名古屋で12年アイドルが続くってすごいことだと思うんですが、その原動力は?

須田 ファンの方だと思います。名古屋って、一度好きになったものをすごく深く愛して下さるのが県民性だなと思っていて。AKBの選抜総選挙でランクインするメンバーが多かったのも、ファンの方の応援おかげだったり、深く愛してくれる方が多いのが原動力なのかなって思いますね。

※明日20日(火)は「SKE48 12th Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭〜」2日目のインタビューをお届けします。

取材・文/関根弘康 写真/2020 Zest,Inc