auCMに出演している池田エライザと川栄李奈が23日、オンラインで行なわれた「iPhone12pro/iPhone12発売イベント」に出席。iPhone12シリーズの発売を祝うとともに、そのカメラ性能を体験した。

今回のイベントは2部制となっており、第1部では、KDDIの東海林崇副社長が新型iPhoneの特長とともに、キャンペーンや料金プランなどを説明。さらに新型iPhoneが5G対応ということもあり、「年内に47都道府県をカバー、2021年度末には全人口カバー率90%を目指す」と5G拡大を宣言した。

新型iPhone全国一斉発売時刻の8時が近づき、池田は「すごくワクワクしています」と緊張。川栄は「画面の向こうの皆さんも一緒にカウントダウンしてください」と呼びかけ、ユーザーと一緒にiPhone12シリーズの発売を祝福した。

カウントダウン後の第2部では、iPhoneユーザーでガジェット好きの土田晃之と、動画クリエーターの瀬戸弘司も加わり、実機を手にトークセッションを開催。

"iPhoneファン"を公言する土田は、「なんといっても美しいデザイン。特にエッジ、4や5を思い出させる、この感じのデザインはいいですね」とそのシルエットに注目。さらに「エッジが効いて、横持ちでもすごくいい」と持ちやすさも絶賛。

iPhone12ではカメラ機能や画質が向上しているが、川栄は「カメラは一番使う機能だと思うので、暗闇で撮れるのはすごくうれしい」と笑顔。池田はビデオ通話を体験し、「すごい! 画質が......」とその高画質に驚愕したが、高画質がゆえに額のテカりが気になってしまい「光っちゃって......」と照れ笑いを浮かべた。

"データ使い放題"の料金プランについて、川栄は「YouTubeをよく見るので、(YouTube Premiamが組み込まれた)プランに入って使いたい」と関心を示した。一方の池田は、29歳までが対象で学生でなくても使える学割プランに「私も"学割"使っていいんですか?」と驚いた。

トークセッションでは、iPhone12だけでなく、Apple Watchも紹介。血中酸素飽和度や睡眠時間の計測などメディカルチェックに優れており、池田は「健康管理にこんな特化しているなんて、本当に心強い相棒だな」と興味を持っていた。

iPhone12、iPhone12 Proは現在発売中。iPhone12 mini、iPhone12 Pro Maxは11月6日より予約開始、13日発売。

取材・文/鯨井隆正