4月21日に初写真集『ときめきヒロイン』(集英社刊、撮影/細居幸次郎)を発売した頓知気さきな(とんちき・さきな)。『青春高校3年C組』アイドル部でセンターを務める一方、実姉・戦慄かなのとのアイドルユニット「femme fatale(ファムファタール)」としても活動中の彼女が、『週刊プレイボーイ』公式YouTubeチャンネルで配信中の「女子のためのグラビア講座」に登場した。

「女子のためのグラビア講座」は、グラビアライター・とりと『グラジャパ!』スタッフ・金髪りさの女子ふたりが、"女子目線"でグラビアの魅力について語るプログラム。今回は、自身もグラビア好きとして知られる頓知気さきな本人が加わり、『ときめきヒロイン』の見どころを語っている。

このインタビューでは、動画には収録できなかった写真集の秘蔵エピソードを聞いています。

***

金髪 女子グラご出演、ありがとうございます!

頓知気 こちらこそ、ずっと楽しんで観ていた「女子グラ」に出れてとてもうれしかったです。もう!どんどん聞いてください!(笑)

金髪 では早速! 『ときめきヒロイン』の表紙はとてもインパクトがありますが、あのカットは頓知気さんが選んだんですか?

頓知気 スタッフの方みんなと相談してですね。女子人気が圧倒的だったのが表紙のカットだったんです。最終的には編集の方が決めてくれました。

とり 全体的にオレンジでまとめられているデザインが印象的ですよね。好きな色なんですか?

頓知気さきなファースト写真集『ときめきヒロイン』 撮影/細居幸次郎 定価/2530円(税込) 「初恋」をテーマに、グラビア好きの頓知気さんならではのこだわりが随所に詰まったファースト写真集。ノスタルジックな雰囲気と自由奔放でかわいい頓知気さんの姿に、ときめきを感じずにはいられない!
頓知気さきなファースト写真集『ときめきヒロイン』 撮影/細居幸次郎 定価/2530円(税込) 「初恋」をテーマに、グラビア好きの頓知気さんならではのこだわりが随所に詰まったファースト写真集。ノスタルジックな雰囲気と自由奔放でかわいい頓知気さんの姿に、ときめきを感じずにはいられない!

頓知気 好きな色ではあるんですけど、1番は緑です(笑)。

編集 タイトルロゴのイメージが漫画『きまぐれオレンジロード』なんですよ。オレンジはそこからきています。

一同 あ〜!

頓知気 今、初めて知りました(笑)。タイトルロゴのデザインも80年代っぽいものにしたかったので、自分でイメージに合うフォントを探して「これはどうですか?」って提案して、相談を重ねていったんです。

金髪 そこまでこだわっていたとは! 80年代と言えば丸文字ですもんね。

頓知気 それに最近の写真集のタイトルって、目立たないように小さくデザインされているものが多いじゃないですか? 時代と逆走することになるから買い手を選ぶかもしれないかなって悩んだんですけど、80年代の雰囲気を貫きたかったので、タイトルロゴは大きく載せてもらったんです。

とり 『ときめきヒロイン』ってタイトルはご自身で考えたんですか?

頓知気 15個くらい候補をいただいて。その中に「ときめき」と「ヒロイン」が別々に使われているのを見て、2つを"ガッチャンコ"したらいいんじゃないか!と閃(ひらめ)いて。「『ときめきヒロイン』はどうですか?」って送ったら決まりました(笑)。

『ときめきヒロイン』より 撮影/細居幸次郎
『ときめきヒロイン』より 撮影/細居幸次郎

とり なんで「ときめき」「ヒロイン」に惹かれたんですか?

頓知気 私の中で追い求めているのが「ときめき」を与えてくれる「ヒロイン」なんですよ。「ときめき」も「ヒロイン」も言葉の雰囲気が80年代のにおいがするし、これほどピッタリなのは無いかなと思って。

金髪 頓知気さんが思う「ときめきヒロイン」を具体的に言うと?

頓知気 例えば、漫画『ウィングマン』(作:桂 正和/『週刊少年ジャンプ』1983〜1985年連載)に出てくるヒロインとか。目が合っただけで"ラッキー"って思えるような、手が届かない存在のヒロインに憧れますね。

金髪 そのヒロイン像をイメージしながら写真集を見ると距離感が変わってきますね。確かに見ている我々はモブキャラのようだ(笑)。

とり いろんな年代のグラビアをオマージュしている写真集ですが、オマージュと素の割合はどれくらいなんでしょうか?

頓知気 半分以上は素ですね。オマージュと言っても衣装や雰囲気を意識しているだけで、ほとんどは頓知気さきなとして映っています。

とり いろんな年代を取り入れているのが挑戦的ですよね。

頓知気 あれもこれも、好きなものをとことん詰め込みました(笑)。

とり 以前から、撮影を担当されたカメラマンの細居幸次郎さんのファンだったんですよね?

頓知気 はい。細居さんの撮る写真が本当に好きで。がっつり撮影してもらうのは初めてだったんですが、どうして私が細居さんの写真に惹かれるのが分かりました。

細居さんって追いかけながら撮るんです。あれして、これして、みたいな指示はなく、こちらを待ってくれる。喋りながら、じわじわと引き出してくれる。その関係性が私の中のヒロインが存在する世界観に近くて好きなんだなと腑に落ちて。

とり 熱が凄いですね(笑)。私も細居さんの写真が好きなので気持ち分かります。ちなみにグラビアの写真集っていつも恋人目線で見ていますか?

頓知気 決めていません。見終わったときにどう思うか、です。恋人目線だと感じた写真集だと、オマージュさせてもらった佐々木希さんの写真集『かくしごと』とか。一緒に旅行したような気持ちになるし、佐々木さんは"俺の嫁"みたいな気持ちに本当になるんですよね。

金髪 頓知気さんのファンも写真集を見たらそういう気持ちになるんでしょうか。感想が気になる。ということでいろいろとお話を伺ってきましたが、そろそろ終わりのようです......!

頓知気  あっという間ですね。普段、こんな風にグラビアを語れる機会がないので、すごく楽しかったです。また女子グラに呼んでください!

■頓知気さきな(Sakina TONCHIKI)
2000年3月6日生まれ 大阪府出身
○『青春高校3年C組』から誕生したアイドル部ではセンターを務めた。実姉・戦慄かなのとのアイドルユニット「femme fatale(ファムファタール)」としても活動。写真集公式Twitter【@tonchiki_first】 公式Twitter【@tonchiki_doll】 公式Instagram【@arigato_v】

取材・文/金髪りさ