現役JKモデル・ゆぴぴこと、平野夢来(ひらの・ゆら)が週刊プレイボーイ』公式YouTubeチャンネルの動画「バカレシピ! 作ってみた!!」の最新回に出演した。

「バカレシピ」とは、『週刊プレイボーイ』で連載中のコラム「B級フード研究家・野島慎一郎の激ウマ!!バカレシピ研究所」で紹介された、新感覚のおバカ料理のこと。動画では、旬の女優やタレントが、B級フードを材料にして考え出された異色のメニューに挑戦していく。 

今回、平野は、スナック菓子「わさビーフ」と「ピザポテト」をポテトサラダ風にアレンジした「わさビーフポテサラ ピザポテポテサラ」に挑戦し、料理上手な一面を披露!?

そして、配信中のデジタル写真集『ゆぴぴは16歳。』についても話を聞いた。

――今回『わさビーフポテサラ ピザポテポテサラ』を作っていただきましたが、初挑戦のバカレシピはどうでしたか?

平野 思っていた以上に簡単で、思っていた以上においしかったです!

――"誰でも簡単においしく作れる"のがバカレシピの特徴なんです。とくに平野さんは『わさビーフポテサラ』を気に入っていましたよね。

平野 もともとわさびが好きなんですよ。わさびって、ポテトサラダに合わせてもおいしいんだって新発見でした。あと私はおうどんも好きなんですけど、『わさビーフポテサラ』おうどんとも合うだろうな〜って。チップスのサクサク感を強く残せばかき揚げっぽくなりそうだし。

――確かに。その発想力もさることながら調理の手際も良くてびっくりしましたよ!

平野 レシピ通りに作っただけなのに、スタッフの方がずっと褒めてくれることに私はびっくりしています(笑)。ありがとうございます!

――日頃から料理をされているのが伝わりました。

平野 料理と言ってもハンバーグとかオムライスとか簡単なものですけどね。

――完全な偏見ですが、ギャルモデルの高校生に「料理」のイメージはあまり沸かなくて。

平野 私のファンの方もきっとそうだと思います。料理するってアピールしたことがなかったので。実は隠したかった部分なんです(笑)。

――どうしてですか?

平野 「出来る」って言うとハードルが上がってしまいそうで怖くて。上手に作れたときは写真を撮ることもあるんですけど、絶対SNSには載せないし、お母さんにしか送っていませんでした。

――とっておきの特技を週プレYouTubeで初披露してくれてありがとうございます。

平野 どんな反応がくるのかドキドキです。びっくりするのかな?

――グラビアも週プレが初披露でしたよね。ファンの方の反応はどうでしたか?

平野 いろんな方から「かわいい」って感想をもらいましたし、フォロワーも500人くらい一気に増えたので良かったんじゃないのかなと思っています(笑)。

――ファッションモデルも「撮られる仕事」ですが、グラビアとの違いはありましたか?

平野 全然違いました。まず服を着ていないので、ポージングに困りました。モデルは服を魅せることが大事なので、服の特徴を探して動くんですよ。ロングスカートならふわっとさせようかなとか。でもグラビアは自分を魅せなきゃいけない。あと一人での撮影も珍しくて、みんなが私だけを見ている状況が恥ずかしかったです。

――そんな初グラビアは、デジタル写真集『ゆぴぴは16歳。』としても配信中です。

平野 どの写真も全部かわいいし、いろんな種類の水着を着ました。見応えがあります!

――お気に入りの写真を教えてください。

平野 気に入っているのが、肩ひものない青い水着。フリルってかわいいイメージですけど、ちょっと落ち着いた青色なのでかわいすぎず、ちょうど良いんです。

――水着が、お気に入りだったんですね(笑)。

平野 あっ(笑)。私自身のお気に入りは、お風呂のカットですね。色白なところが自分の武器だと思っているので、そこが活きているなって思うし、表情とか雰囲気が"エロ大人っぽいかわいい"んですよ!! これはもう言葉では伝えられないので、見てもらうしかないですね。

――ではまたグラビアに挑戦するとしたらどんなコンセプトがいいですか?

平野 冬がいいです。モコモコした服と水着みたいな。暑がりなので雪の中での撮影でも余裕ですよ! あとは初グラビアは16歳で撮影してもらったので、1年に1回、成長記録としてグラビアを残したいですね。希望は20歳くらいまで......どうでしょうか?(笑)。

●平野夢来(ひらの・ゆら) 
2005年2月3日生まれ 静岡県出身 身長154cm 血液型=B型 
○オスカープロモーション所属。ティーン誌『Popteen』(角川春樹事務所)のモデルオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルになる。昨年に『Popteen』を卒業し、バラエティ番組に多数出演。
公式Twitter&公式Instagram【@yupipi0203】

取材・文/金髪りさ