『仮面ライダーW』のヒロイン・鳴海亜樹子役で注目された山本ひかるを、9月13日(月)発売『週刊プレイボーイ39・40合併号』で11年ぶりに撮り下ろし。

シリーズきっての"ウザカワ"ヒロインが魅せる、大人でキュートなソログラビア!

* * *

■生身で戦闘シーンに巻き込まれていました

――週プレの撮り下ろしは2010年以来の11年ぶり! 水着グラビアも久々だそうですね。

山本 11年ですか! 自分が10年以上芸能の活動を続けていることもうれしいですし、また呼んでいただけたこともありがたいです。読者の皆さんにも再会できたような感動がありますね。

――撮影はどうでしたか?

山本 衣装が全部かわいかったです。前回はフレッシュな感じの水着だったんですけど、私も大人になったのでとんでもなくセクシーな水着になるんじゃないかと(笑)。そうはならず、今の自分の雰囲気に合った衣装を用意していただけてよかったです!

――キュートさはあの頃のまま。『仮面ライダーW』の放送から11年、明るくて活発すぎるヒロイン・鳴海亜樹子役は印象的でした。

山本 亜樹子は、今でも大好きな役ですね。監督から「台本の中でなら好きなようにやってください」と言われていたので、自由に演じられて楽しかったです。

――"ウザかわいい"ツッコミ担当というか、やはり亜樹子のイメージを持たれることが多いですか?

山本 多いです! でも私自身はどちらかというとボケなので、初めてお会いする方からは「意外とおとなしいんですね」って言われます。そのときの思いや感情をストレートに出せる、亜樹子のそういう部分には憧れもありました。私は思いをすぐ言葉にできず、家に帰ってから長文のLINEを送るみたいなタイプなので(笑)。

――真逆ですね。スリッパでツッコミを入れる関西弁キャラでもあり、ドーパント(怪人)まで叩くコミカルなシーンも満載で。

山本 命知らずですよね(笑)。ヒロインはどんなときも常に明るく、ヒーローたちを見守る役。最近は変身するヒロインもいますけど、私は生身で戦闘シーンに巻き込まれていたので戦闘中も現場にいるんですよ。仮面ライダーWのふたりは変身したら撮影が終わって帰るんですけど、私は一日中ずっと撮影してました。

――出ずっぱりじゃないですか! 思い出のシーンは?

山本 第1話で探偵のシーンがあったんですけど、撮影は超スペシャル天気がいい日だったんです。車の陰に隠れてしゃがみながら移動するのもすごい運動量だったので、こんなことを毎回やっていくのかって衝撃的でした(笑)。

――今でも『仮面ライダーW』の亜樹子って言われます?

山本 ありがたいことに、今でもめちゃくちゃ言われます! SNSでも言われますし、ライブ配信でも「亜樹子が好きです」ってコメントをくれるので。亜樹子グッズのスリッパを手に持って、サッと見せるようにしてます(笑)。

――鉄板ですね! 現在は女優だけでなくプロ雀士としても活躍中ですが、麻雀(マージャン)はいつ頃から?

山本 18歳くらいですかね。友達がみんなでオンライン麻雀をしていて、私も話に入りたくて始めたのがきっかけです。麻雀が好きすぎてプロになったんですけど、好きなことを仕事にもできたらいいなとも考えていて。

――年にプロ競技麻雀団体「RMU」に入会し、女流リーグでの優勝実績も。麻雀の面白さってなんだと思います?

山本 やっぱり運も大きいので相手が初心者でも負けることはありますし、自分が思った牌(パイ)を引けないと悔しいですし、そんな思いどおりにいかないところが面白いんです! それに、頭を使うのって楽しいんですよね。

――今後の目標というか、欲しいタイトルはありますか?

山本 まずは、RMUの女流プロリーグ「ティアラ」で優勝して、タイトルをたくさん狙っていきたいと思っています。「麻雀をする女優といえば、山本ひかる」と言ってもらえるようになりたい。女優のお仕事も麻雀も大好きなので、死ぬまで続けるつもりで頑張りたいですね。グラビアも今回に限らず、また出たいです!

(スタイリング/八杉直美 ヘア&メイク/田村直子[GiGGLE]) 

●山本ひかる 
1991年2月28日生まれ 大阪府出身 身長160cm 
○2009年に放送された『仮面ライダーW』にヒロイン・鳴海亜樹子役で出演。『科捜研の女』(テレビ朝日系)シリーズにレギュラー出演し、公開中の映画『科捜研の女−劇場版−』にも出演。2018年にはプロ競技麻雀団体「RMU」に入会し、プロ雀士としても活躍中! Pocochaで毎日配信中!
公式Twitter【@yhikaru0228】 
公式Instagram【@hikaru0228yamamoto】

取材・文/釣本知子 撮影/YOROKOBI