AKB48に加入して8年、58thシングル『根も葉もRumor』でついに初選抜&初フロント! 48グループが誇るナンバーワンダンサーの横山結衣(よこやま・ゆい)が、10月4日(月)発売『週刊プレイボーイ42号』で初水着グラビアで新たな魅力を開花させる!

* * *

■私は芸能人になるってずっと言ってました

――デビュー8年目にして週プレで初のソログラビアでしたが、撮影はどうでしたか?

横山 私はすごい洋服が好きなので、いろんな衣装を着させてもらってうれしかったです。水着の撮影はまだ慣れてないですけど、だんだん見せたい自分を見せられるようになってきたかなって。

――いきなり「わー」と叫んだり、撮影中はすごいにぎやかだったけど(笑)。

横山 グラビアの撮影って自由じゃないですか。いろいろと動いているうちにテンションが上がって声が出ちゃうんですよね。

――横山さんはどういう経緯でアイドルになったの?

横山 幼稚園の頃から「私は芸能人になります!」とずっと言ってました。でも地元が青森でオーディションを受ける機会がなくて......。

中1のときにAKB48が全国各地でメンバーを集めてチーム8というものをつくるってCMがテレビで流れたんです。私が芸能人になりたいことを知っている友達から「"ヨコ"受けなよ!」って。私より歌がうまいコはいっぱいいたし、質疑応答もダメダメで、落ちたなと思ったんですけど、なぜか受かりましたね。

――ちなみに地元ってけっこうな田舎ですか?

横山 最寄りのコンビニは2km先ですね。子供の頃は5km先にしかなかったので、ギリ歩いていけるようになりました(笑)。でもインドアだったし、出かけるときは親の車なので、不便さはあまり感じなかったです。

――そんな場所に住んでいた横山さんが東京に来てびっくりしたことはある?

横山 やっぱり電車ですね。行き先や本数の多さに驚きました。あと渋谷、池袋、新宿の駅は恐ろしい! 出口がいっぱいありすぎて困ります。あれは迷路です。ひとりで歩いちゃいけないところだと思ってます。最初はしばらく親に付き添ってもらってました。地図を見ればわかるって言われるけど、あれは無理。

――確かに大きな駅はいつも使ってないと迷いますね。メンバー同士で遊ぶときとか待ち合わせは大丈夫でした?

横山 地方から来たメンバーは同じホテルに泊まっていたので、待ち合わせは問題ないんですけど、みんな東京に慣れてないから、この店に行こうって前日にちゃんと調べても、迷子になって、なかなかたどり着けなかったですね。

――東京は人が多いし、ごちゃごちゃして、難易度が高い街ですよね。横山さん、苦手なものってありますか?

横山 カエルです。カエルと仕事しなきゃいけないぐらいならAKB48を辞めます(笑)。番組の罰ゲームにカエルが"いらっしゃった"ことがあるんです。触る役じゃなかったんですけど、スタジオから逃げ出して大号泣。その回は私、映ってないです。

――田舎育ちならカエルをたくさん見かけない?

横山 出会わないように生きてきました。自分からいそうなところには絶対に近づかない(笑)。

――じゃあ横山さんが得意なことってなんですか?

横山 やっぱりダンスです。小3で始めて、中1でAKB48に入るまでやっていて、東北で一番大きな大会に出たこともあります。ダンスはずっと努力してきたし、今でも一番でありたいなって思います。だからAKB48で一番のダンスナンバーといわれる今回の『根も葉もRumor』で初めて選抜に入ったのがうれしいですし、周りから求められている以上のものを返せるように頑張ります。

――ポジションが1列目でセンターの岡田奈々さんの隣。大抜擢ですよ。

横山 私がいることでAKB48が良く見えるとか、引き締まるとか、違いがはっきりわかるぐらいやりたいなって思います。

――ブチかまして、新しいAKB48の姿を見せてください!

(スタイリング/八杉直美 ヘア&メイク/円谷歩美)

●横山結衣(よこやま・ゆい) 
2001年2月22日生まれ 青森県出身 
身長160cm 血液型=O型 nickname=ヨコちゃん 
AKB48 Team 8青森県代表/Team K兼任 
○舞台『ジョンマイラブ ─ジョン万次郎と鉄の7年─』(愛媛・坊っちゃん劇場)に鉄役(トリプルキャスト)で出演! AKB48 58thシングル『根も葉もRumor』が絶賛発売中! 
公式Twitter【@_yokoyuichan_】 
公式Instagram【@yoko_yui_team8】

取材・文/関根弘康 撮影/YOROKOBI