『タイムスリップ くりえみ史上、最高に乱れる。』(撮影/小塚毅之)より
『タイムスリップ くりえみ史上、最高に乱れる。』(撮影/小塚毅之)より

『週刊プレイボーイ』が運営するグラビアコンテンツサービス『週プレ グラジャパ!』のサブスクリプションメニュー『週プレ プラス!』。その中の「+コラム」で、『グラビア美女画報〜女子のためのグラビア講座』を配信中!

グラビアライター・とりと『グラジャパ!』スタッフ・金髪りさによるグラビア好き女子ふたりが、気になるグラビア美女やデジタル写真集を"女子目線"で語る連載だ。

第21回は、くりえみについて。「グラビア好き女子を魅了するエロのエンターテイナー、くりえみの妖艶世界」。コラムの一部を抜粋して紹介!

* * *

とり 先日リリースされたくりえみさんのデジタル写真集『タイムスリップ くりえみ史上、最高に乱れる。』がすごくよかったので、語らせてください!

金髪 タイトル通り、安永4年の遊郭と昭和45年のラブホテルが舞台となったタイムスリップもののグラビアですね(笑)。とりさん的には、どういうところがよかったんですか?

とり 艶々の黒髪に、ふんわりとした白い肌、凛々しい眉......。くりえみさんって、どこか古風な、日本人らしいかわいらしさがある方じゃないですか。それが今回のような花魁や昭和の世界観にピタリとハマっていると感じて。それに、単純にレトロなシチュエーションにタイムスリップするっていうコンセプトも面白くて、めちゃくちゃ現実逃避を楽しませてもらいました(笑)。

金髪 確かに。花魁姿のくりえみさん、めちゃくちゃかわいかったなぁ。

とり ですよねぇ。でも意外と、タイムスリップものというか、花魁をモチーフにしたグラビアって今までなかったですよね。映画だと花魁役で濡れ場を演じたってよく話題になるし、わりと定番だと思っていたんですけど、なんでグラビアではあまりやらないんですかね?

金髪 うーん。どちらかというと、花魁って女性らしい発想なんじゃないかな? お色気を描くのに適したモチーフではあるものの、男性読者からすれば、遊郭なんてあまり親しみがないし、だったら浴衣の方がシチュエーションを想像しやすいじゃないですか。

それに対して、花魁姿に憧れる女性って結構多い気がしていて。私も一度、京都で花魁姿の写真を撮ってもらったことがあるし、くりえみさんの担当編集も女性の方だし、この華やかさに魅力を感じるのは女性ならではの感性だと思うなぁ。

とり なるほど。男性的には、もっと身近な雰囲気の方が楽しみやすいってことですね。

金髪 そうだと思います。

とり もうひとつ語りたいことがあって。最初に「くりえみさんの古風なかわいらしさが遊郭と昭和の世界観に合っている」って話をしましたけど、それは外見だけのことではなくて、内面的にも適役だと思ったんですよね。

というのも、花魁って、言ってしまえば男性に尽くす職業じゃないですか。時代的にもお侍さんの立場が圧倒的で、家のなかでの女性の立場も低かったと言われています。

そんな時代に、男性に尽くすことを生業としながらも、華々しく見繕いをしていた花魁は、女性としてのプライドを強く持って生きていた人たちだってイメージがあるんですよね。って、時代ものの映画の見過ぎですかね(笑)。

金髪 うんうん。私もそんなイメージがありますよ。花魁のなかにも序列があっただろうし、そのなかでトップになるには、きっと相当な自分磨きをして、自分をよく魅せるための努力をする必要があったと思うから。プライドがないとやっていけない厳しい世界ですよね。

とり そうですよね。で、"華やかな外見と、女性としてのプライドを持った内面"という部分で見てみると、"SNSのフェチ天使"として自発的に、積極的にグラビア活動を行っているくりえみさんも、まさしくその両面を持った人だと思うんですよね。

自身のYouTubeチャンネルでセクシーなサムネイルをあげてBANされても、自分らしい表現を曲げないところや、SNSでの発信なんかを見ていると、常に自分の活動について考えながら、誇りを持って取り組まれているのが伝わってきて。それが、江戸時代を生きた花魁の強さと重なる気がしたんです。

金髪 現代に当時の花魁の人が生きていたら、くりえみさんみたいに自己表現をして生きていたかもしれないね。

『タイムスリップ くりえみ史上、最高に乱れる。』(撮影/小塚毅之)より
『タイムスリップ くりえみ史上、最高に乱れる。』(撮影/小塚毅之)より

とり 特にグッときたのがこのカット。接客を終えたあと、キセルをふかしながら自分自身に浸っている花魁の裏の顔って感じのアンニュイさがたまらないですよね。花魁にしろ、グラビアアイドルにしろ、表向きの印象が華々しいほど裏側の倦怠感も凄まじいはずで。そんなアンニュイさから精神的な強さが感じられるところが、最高に生々しくて、色っぽくて......。

金髪 ほかの人がやったら過激に写りすぎてしまう生々しさも、ビジュアルがフィギュアっぽくて、つるんとした印象のあるくりえみさんだと、いやらしすぎない感じで見られるのがいいですよね。「生々しすぎるのはちょっと......」って思う女性でも安心して楽しめるのが、くりえみさんが持っているエロさだと思うな。

過激さもキャッチーに見えるようデフォルメしてくれる存在というか。そう思うと、くりえみさんって、"エロのエンターテイナー"ですよね(笑)。

とり あと、これはちょっと余談なんですけど、私、『週プレ グラジャパ!』でリリースされたデジタル写真集にレコメンドを寄稿していて、このくりえみさんの作品に対して「時空を越えても色気は色気」って書いたんですよね(笑)。

金髪 面白いですね(笑)。

とり 今回、改めて写真集を見返してみて、我ながらその通りだなぁとしみじみ感じて。江戸時代にグラビアの文化はなかっただろうけど、遊郭はあったし、グラビアの代わりと言っちゃあ何ですが、春画もありました。

先ほど、くりえみさんのことを"エロのエンターテイナー"と称されていましたが、エロというものが人間の三大欲求として大昔からあると思うと、そこに不変の人類学みたいなものも感じられる気がして。

"エロのエンターテイナー"の偉大さを感じたというか......。私が歴史や文化を辿るのが好きだからかもしれないですけど、そんな風に楽しめるデジタル写真集でもありました(笑)。

金髪 言ってることは分かるけど、ちょっとぶっ飛びすぎじゃない(笑)!?

『グラビア美女画報〜女子のためのグラビア講座』第21回「グラビア好き女子を魅了するエロのエンターテイナー、くりえみの妖艶世界」より抜粋(記事の全文は『週プレ プラス!』にて、会員限定でお読みいただけます)

★『グラビア美女画報〜女子のためのグラビア講座』
【週プレ プラス!】+コラムにて毎週土曜配信(会員限定)
【https://www.grajapa.shueisha.co.jp/plus】
*『週プレ プラス!』(30日間、税込1500円/初回&クレジットカード決済限定 30日間無料)は『グラジャパ!』で加入できるグラビアに特化したサブスクリプションメニューです。

構成/とり