『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日)のヒロイン・須藤芽依役を務め、注目を浴びた21歳の川津明日香ちゃんが10月11日(月)発売の「週刊プレイボーイ43号」で表紙&巻頭グラビアに登場。

そんな彼女に、1年をかけて撮影したという待望のファースト写真集『明日から。』(10月20日(水)発売)について話を聞いた。

■体形や表情が変わる写真集

――ファースト写真集がいよいよ発売ですね!

川津 中2でモデルデビューしてから、ずっと写真集を出したいと思っていたので、すごくうれしいです!

――テーマは季節。

川津 冬に北海道で雪のシーンを撮影しました。帰りは大雪で、バスで旭川から新千歳空港に向かったんですが、途中で通行止めがあったりして7時間近くかかって。ギリギリ最終便に間に合ったのですが、帰れないかと思いました(笑)。春は満開の桜の下で撮影。丘の上に立つ一本桜で、本当にきれいだったなぁ。偶然見つけた湖のボート場でも撮影して、普段のグラビアではなかなかできない体験をさせてもらいました。

――夏のシーンは南の島。

川津 海に入って撮影したんですが、そのとき大きな波にのまれて......(笑)。鼻の中に塩水が入って痛いし、メイクは落ちちゃうし、本当に大変でした。写真集にはそのときの写真も収められています。

――好きな衣装は?

川津 夕景のビーチで撮影した赤いドレス。どうしても着たくて、事前の打ち合わせでお願いしていたんです。『仮面ライダーセイバー』で演じた須藤芽依ちゃんの衣装も赤でしたし、好きな女優さんの写真集にも同じ雰囲気のカットがあって憧れていたんですよ。

――見どころは?

川津 20歳から21歳にかけて撮ってもらっていて、体形や表情が徐々に変わっていっているんですよ。成長する私を見てください!

■川津明日香(Asuka KAWAZU)
2000年2月12日生まれ 東京都出身 身長163㎝ 特技=クラシックバレエ、習字
○「ミスセブンティーン2014」グランプリ。2018年3月末に『Seventeen』専属モデルを卒業。『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日)のヒロイン・須藤芽依を演じきり、女優としての才能を開花させた。
公式Twitter【@Asuka_Kawazu_】
公式Instagram【@asuka_kawazu】

取材・文/高篠友一 撮影/桑島智輝