「NGT48らーめん部」の部長として新潟のラーメンを全国へ発信中の"あゆたろう"こと中村歩加(なかむら・あゆか)が10月18日(月)発売『週刊プレイボーイ44号』のグラビアに登場!

あざと可愛さでファン急増中の彼女を、誰にも邪魔されない小旅行に連れ出して――。

* * *

■地元の人と一緒に新潟を盛り上げる

――撮影はいかがでしたか?

中村 ソロで雑誌に出るのが初で夢かと思いました! 撮影前、グラビアに出たことある同じNGT48の本間日陽(ほんま・ひなた)にどういう感じか聞いたら「自分に合うものを考えてくれるから楽しみにしていいと思うよ」って。中井りかは「週プレは大人の演出が多い」と(笑)。お風呂での撮影は初めてで、ひと皮むけたような気がします。

――中村さんはどんなキャラだといわれますか?

中村 しっかりしてるとはいわれないですね。中井りかからはポンコツと......。あと知力が足りないって。確かに勉強はあんまり得意じゃないですけど(苦笑)。

――おバカキャラ?

中村 後輩もいるのでそこは隠していきたいです。

――後輩から相談されるタイプですか?

中村 よく聞かれるのは「あざとさってどうやって出したらいいんですか?」って。SNSにアップする写真とかあざといっていわれるんですよ。相談されても最初は「狙ってない! 知らん!」って答えてたんですけど、あまりに真剣に聞かれるので、「彼女感を見せることが大事。上目遣いになるようにアングルとか考えたかもー」って(笑)。

――あざとさを認めた(笑)。そして今はNGT48らーめん部の部長を務めています。

中村 昔からラーメンが好きで、ラーメン愛はどのメンバーよりあるし、今も週2回は食べています。新潟は新潟五大ラーメンもあるラーメン王国なので、私がSNSで発信することによって、それが広まればいいなって。

――今年かららーめん部のレギュラー番組が始まったり、活動の幅が広がってますよね。最近ハマってるお店はありますか?

中村 「夢を語れ」が好きです。二郎系なんですけど、ほかでは味わえない太い麺で食べ応えあって、インパクトがすごい! チャーシューは大きくてトロトロ、スープはシンプルだけど、どんなトッピングも合います。

私は卵にアブラマシ、スープも残さず食べます。あそこって完食するとお店の壁に夢を書けるんです。私は「目指せ(レギュラー番組の)ゴールデン進出!!!」って書きました。

――最近のNGT48はいかがですか?

中村 プロバスケの新潟アルビレックスBBさんを応援させてもらったり、最新シングル『Awesome』でにいがた総おどりという大きなお祭りとコラボさせてもらったり。グループみんなで新潟の良さを広めるチャンスをいただけて、いい風が吹いてるなって思います。地元の人と一緒にやってる感じが楽しいです。

――中村さんはここまでいろいろありましたもんね。

中村 波瀾万丈でしたね。1期生として加入したけど最初は研究生で、やっと昇格してもコンサートの選抜に選ばれなかったり、もどかしい時期がたくさんありました。今回のシングルで選抜に入って、カップリングで曲をもらえて、結果が出てきて頑張ってよかったなと。

もともとNGT48で"ファンの入り口"となるような人になりたかったんですけど、なかなかなれず。でも今はらーめん部や、私しかやってないゲーム配信とかやって、入り口になれてるかな?

――23歳になっての目標はありますか?

中村 22歳はいろんな経験があったので、それを超えるような。あとで振り返ったときに自慢できるポイントがたくさんあったらいいなと。今に満足せず、もっとNGT48を盛り上げるメンバーでありたいです。

デビューして6周年を迎えて、最近は2期生がシングルのセンターになったりしてるけど、1期生もまだまだ行けるぞと見せたい。私もまだ行けるぞって思わせたいですね。今はシングルのポジションが2列目の端ですけど、フロントメンバーを目指して、駆け上がっていきたいです!

(スタイリング/富田育子 ヘア&メイク/升田みづき[GiGGLE]) 

●中村歩加(なかむら・あゆか) 
1998年7月28日生まれ 新潟県出身 
身長161cm 血液型=AB型 nickname=あゆたろう 
○『嗚呼!NGT48らーめん部』(TeNYテレビ新潟)レギュラー。番組テーマソング『ラーメンワンダーランド』も収録のNGT48 6thシングル『Awesome』が好評発売中! 
公式Twitter【@ayutaro_ngt48】 
公式Instagram【@nakamuland_official】

取材・文/関根弘康 撮影/YOROKOBI