女優を目指して邁進中! 5月16日(月)発売『週刊プレイボーイ22号』で、19歳の現役女子大生・古川 杏(ふるかわ・あん)が記念すべき初水着グラビア。何気ない日常は、彼女がいるから幸せに変わる。ずっと見守りたい、そのあどけない笑顔。

* * *

■夢を叶えるため一家全員で上京

――今回が初めての水着グラビア撮影でした。感想を教えてください。

古川 まず泳がないのに水着になるって不思議だな〜って思いました(笑)。ポージングもわからないし、不安もあったんですけど、撮影が始まると新しい発見が多くて楽しい時間でした。

――新しい発見というと?

古川 もともとモデルのお仕事をやっていたのですが、グラビアとは全然違うなぁ、と。グラビアの撮影では自分をアピールしなきゃいけないですし、いろんな角度から撮られるので「こんなふうに写るんだ」っておもしろかったです。

――でも突然のグラビアオファーって戸惑いませんでした?

古川 そんなことないですよ。「やりたいです!」ってマネージャーさんに即答したくらいですから。同世代の女優さんたちのグラビアを週プレさんで見ていたので、ひそかに興味があったんです。

――そもそも芸能のお仕事を始めるきっかけはなんだったの? 

古川 中学生のときにショッピングモールでスカウトされて『JSガール』という小中学生向けのファッション雑誌でモデルデビューしたのがきっかけですね。

――当時は大阪に住んでいたんですよね?

古川 はい。岸和田だんじり祭が大好きな子供でした。

――おっとりした古川さんの雰囲気からは想像できないです。

古川 よく言われます(笑)。太鼓が特技なのですが、それもだんじり祭のために習得したんです。はちまきを巻いて、3歳から習っていました。

――かなり本格的!

古川 私だけじゃなくて町全体がそんな感じなんです。9月頃にお祭りがあるので、夏になるとみんなソワソワし始めるんですよ(笑)。クリスマスとかお正月と並ぶくらい一大イベントでしたね。上京してからはその習慣がなくなってしまったので、たまに恋しくなります。

――意外です。どちらかというとインドアが好きそうなイメージでした。

古川 運動神経が良いわけではないのですが、体を動かすことは好きなんです。休みの日もトランポリンを跳びに行ったりとか。

――トランポリン!? あまり聞いたことのないレアケースな休日の過ごし方ですよ(笑)。

古川 そうですか? 家族とよく行きますよ。

――わざわざ大阪からトランポリンしに来てくれるんですか!?

古川 あっ、家族は東京で一緒に暮らしています(笑)。私が高校生になるときに全員で引っ越してきたんですよ。

――もしかして古川さんのためにですか?

古川 そうなんです。それぞれのタイミングが合ったこともあるのですが、芸能活動がしやすいように考えてくれて。家族みんなで私の夢を応援してくれているんです。

――優しいご家族ですね。

古川 今回のグラビアが決まったときも「新たな一歩だね」って喜んでくれました。本当に家族には感謝しています。

――話は変わるのですが、泣くお芝居が得意と聞きました。

古川 はい。中学生の頃から泣き虫な役をいただくことが多いのですが、舞台でも泣けなかった経験がないんです!

――ごまかしが利かない舞台でも泣けるってすごい! では、今後女優として挑戦してみたい役はありますか?

古川 たくさんありますが、制服が似合ううちに学園モノをやってみたいです。

――もうすぐ20歳ですしね。

古川 そうなんですよ。今しかできないことに挑戦していきたいです!

――このグラビアを皮切りにいろんな姿を見られることを期待しています!

古川 期待に応えられるように、一生懸命頑張ります!

(スタイリング/田中あゆ美 ヘア&メイク/山下景子) 

●古川 杏(ふるかわ・あん) 
2002年12月1日生まれ 大阪府出身 
身長167.5cm 血液型=A型 特技=和太鼓、水泳 
◯雑誌『JSガール』でモデルデビュー。現在は舞台やCMなどで女優として活動中。
公式Twitter&Instagram【@ann_furukawa】

取材・文/金髪りさ 撮影/Takeo Dec.