地元・福井県から高校卒業後に上京し、スーパーマーケットに就職。レジ打ちをしていた岡本杷奈(おかもと・はな)が、グラドルに華やかに転身したのだ。エプロンの下に、こんなグラマラスボディを隠していたなんて! 6月6日(月)発売『週刊プレイボーイ25号』のグラビアで、その姿を披露!

* * *

■生鮮食品の男のコに恋

――グラドルとして活躍中の杷奈ちゃん。デビュー前はスーパーマーケットでレジ打ちの正社員をやっていたとか。

岡本 そうなんですよ。高校卒業後、地元福井から友達と一緒に上京しようって約束していたんです。小さい頃、モーニング娘。さんの大ファンで、私も芸能界に挑戦しようと思って。

とりあえず就職して、オーディションを受けたり、芸能事務所を探そうと考えたんですよね。で、友達が見つけてきてくれた求人が、関東で展開しているスーパーマーケットだったんです。

――すぐに応募したの?

岡本 そうですね。高校時代もレジ打ちのアルバイトをしていたし、これならいけるなと。しかも、寮付きだったんですよ。家賃がなんと月に5000円! 

――それは安い。どれくらいスーパーで働いていたの?

岡本 去年の5月までだから、5年くらいですね。レジ打ちは楽しかったですよ。そうそう、グループ内で開催されるレジ打ちの大会にも出ました!

――そんな大会があるんだ。

岡本 各店舗から何人か選出されるんですが、私もエントリーさせてもらって。声をかけられたときは期待されている感じがして、うれしかったなぁ。ただ、2ヵ月くらいトレーニングをするんですが、それがけっこう厳しくて。

――どんなことをするの?

岡本 きれいでスムーズな動作ができるかとか、ピッてバーコードで読み取った後に商品をキレイに並べられるかとか、あとはカゴの渡し方だったり、声のトーンだったり。あまりの過酷さに泣いているコもいましたよ。

――結果はどうだった?

岡本 残念ながら決勝大会には出られませんでした。

――ちなみにレジを打っていて楽しい商品は?

岡本 500ミリリットルのペットボトル! 持ちやすいし、カゴに並べやすいので。たくさん来るとテンション上がりましたね。あと、トイレットペーパーも好きでした。バーコードで読み取るときに、ほんのりいい香りがするんですよ(笑)。

――反対にイヤだった商品は?

岡本 野菜ですね。バーコードがぐちゃぐちゃになっている率が高くて、バーコードの数字を打ち込まないといけないんですよ。忙しいときは、それが面倒でした。

――基本的にレジ打ちばかり?

岡本 そうですね。最終的にはレジ打ち主任になりました(笑)。会議に出たり、パートさんのシフトを組んだり、そんなこともやっていましたねぇ。

――スーパー内恋愛はあった?

岡本 私、生鮮食品コーナーの男のコに恋をしていたんです。勇気を振り絞って告白したんですが......思いは届かず、フラれちゃいましたね。

――あらら。その後、どうやって芸能界に入った?

岡本 原宿の竹下通りで、今の事務所にスカウトされたんです。面接もあって、身長174cmあるのでモデル志望って伝えたんですよ。

ただ、特技がレジ打ちしかない。もっとアピールしようと思って、「自分、Gカップあります」って(笑)。そうしたら、イメージDVDの仕事がすぐに決まったんですよ! まさか私がグラビアの仕事をやるだなんて思ってもいませんでした。

――おお、急展開ですね。

岡本 その頃、まだスーパーで働いていたので、休みを取ってロケに行きました。私がシフトを組んでいたので、理由は言わずに(笑)。

その後、会社に「芸能活動をするので辞めます」って言ったら、引き留めてくれたんです。「食べていけるかわからない世界だから」って。スーパーには、本当にお世話になりましたね。

――会社の人はグラビアを見てくれているのかな?

岡本 どうでしょう? グラビア好きの上司がいたので、今回の週プレさんでバレるかもしれないです(笑)。

(スタイリング/菊地文子 ヘア&メイク/萩村千紗子) 

●岡本杷奈(おかもと・はな) 
1997年12月16日生まれ 福井県出身 
身長174cm B87 W62 H94 
○日本人離れした高身長&グラマラスボディで注目されるグラドル。高校卒業後にスーパーマーケットの正社員として勤務していた経歴を持つ。最新DVD『艶花(あでやか)』が発売中! 
公式Twitter【@hana____1216】 
公式Instagram【@hana_____1216】

岡本杷奈デジタル写真集『身近な彼女のヒミツ♡』 撮影/LUCKMAN 価格/1100円(税込)
岡本杷奈デジタル写真集『身近な彼女のヒミツ♡』 撮影/LUCKMAN 価格/1100円(税込)

取材・文/高篠友一 撮影/LUCKMAN