今春、成城大学を卒業した志田音々(しだ・ねね)が、6月20日(月)発売『週刊プレイボーイ27号』のグラビアに登場。

晴れて社会人としての一歩を踏み出した彼女を、ちょっとアダルトに。妖艶に。挑発的に。いつも爽やかでかわいらしい"ねねまる"の笑顔を「封印」して、新たな一面をお届けします。

* * *

■妹(志田こはく)は、私と正反対と言われる

――週プレでは昨夏以来、大学ご卒業後は初めての撮影でした。

志田 これまでは、表情もありのままの自分を出せればという意識だったんですけど、今回は「大人の魅力」を出せたらと思って臨みました。大人っぽい表情のつくり方も、ずっと練習していたので。

――練習されていたんですか?

志田 大学を卒業したので、新たな一面を出せればと思って、4月の別の撮影でもトライしてみたんです。でも、写真を見たら全然大人っぽい表情ができていなくて。

それで、自分の写真を見ていくなかで、「悲しい」って思ったときのことを考えるといい表情になるなとか、そういう気づきがあったので。それを意識しました。

――7月15日にはファースト写真集の発売も決定していますが、こちらも「大人の魅力」が詰まった一冊になっている?

志田 はい。今までやったことのない、ブラジャーを外して手で胸を隠したりだとか......あとは、夜の薄暗い光の中で撮ったシーンも多いので、新鮮な気持ちで見ていただけると思います。

――大学を卒業したのでとおっしゃいましたが、それ以外に何かご自身の中で変化はありましたか?

志田 気持ちの余裕が生まれたというのが一番です。4年生のときは本当に単位がぎりぎりで、毎週リポートに追われているような状況だったんです。

――1月に編集部にいらしたときは、集英社のWi-Fiを使って編集部から卒論を送っていましたね。

志田 卒論も提出して、無事卒業して、今は毎日本当に自分のやりたいことと向き合えている感じで、充実しています。おかげで肌もきれいになりました(笑)。

――新社会人の年になって、今後どうなっていきたい? やりたいことというのは、具体的には?

志田 私は、「有名になりたい」という目標があって。芸能活動を始めた頃は全然そうじゃなかったんですけど、ここ1、2年、日々いろいろな芸能のお仕事をさせていただくなかで、「楽しいな」という気持ちが強烈に芽生えてきて。

――特に「この仕事」ということではなく、さまざまな現場から少しずつ、という感じですか?

志田 はい。芸能の仕事って、なんでもできるじゃないですか。今の私でいえば、グラビアだけじゃなくて、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の仕事であったり、お芝居の仕事だったり。毎日違うことを楽しめるわくわく感があることが、すごく幸せだなぁと思って。

有名になれば、もっと楽しい瞬間に巡り合えるんじゃないかって、だから、有名になりたいんです。

――具体的には、どのくらい?

志田 例えば、母親の知り合いの方に「〇〇のコだよね!?」って、言っていただけるような。今だと、「めざましのコ」「グラビアやってるコ」というのはあるんですけど、そういうのをもっともっと増やしたいです。

――最後に、先日、妹さん(こはくさん。現在、テレビ朝日系『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に出演中)にお話を聞く機会がありまして、お姉さんが芸能活動をしているのが楽しそうで、自分も挑戦したいと思ったと。姉の立場から見て妹さんはどんな方ですか?

志田 よく言われるのは、私と正反対だと。私がおっとりだとすればてきぱきしてるし、あとツンデレです。

――ツンデレ......? 妹さんが芸能活動を始めるにあたって、先輩として何かアドバイスなどは?

志田 全然。6学年離れてるのに、妹のほうが年上っぽいって言われるんです。妹も、自分のほうがしっかりしてると思ってる(笑)。仲はいいけど姉として慕われている感じじゃないので、聞いてこないんです。

――でも妹さんは、グラビアをやるにあたって「お姉ちゃんのグラビアをたくさん見て、研究した」って教えてくれましたよ。

志田 ほら! ツンデレなんです。全然知らなかった(笑)。

(スタイリング/佐賀愛衣 ヘア&メイク/エノモトマサノリ) 

●志田音々(しだ・ねね) 
1998年7月15日生まれ 埼玉県出身 
身長167cm 血液型=AB型 
〇1st写真集(タイトル未定、講談社)が7月15日(金)に発売予定。発売記念イベントを7月16日(土)15:00〜、東京・秋葉原の書泉ブックタワーにて開催予定。『めざましテレビ』(フジテレビ系)にイマドキガールとしてレギュラー出演中。
公式Twitter【@nenemaru0715】 
公式Instagram【@shida_nene0715】

志田音々デジタル写真集『誘惑』 撮影/熊谷 貫 価格/1100円(税込)
志田音々デジタル写真集『誘惑』 撮影/熊谷 貫 価格/1100円(税込)

撮影/熊谷 貫