2012年公開の映画『ウルトラマンサーガ』に整備士のノンコ役として出演していた増田有華(ますだ・ゆか)が、8月8日(月)発売『週刊プレイボーイ34・35合併号』で5年ぶりのソログラビア挑戦。AKB48卒業後、数多の経験をした今が一番、美しい――。

* * *

■ほとんど寝られずに映画の撮影現場へ

――およそ4年半ぶりのグラビア撮影でしたが。

増田 お話を聞いたのが3週間前で、そのときはコロナが落ち着いた状況だったので、飲み歩いていて、人生マックス体重だったんです(笑)。これはヤバいとジムへ通う回数を増やし、ピラティスに入会して、キックボクシングも始めて、5kg減らしました。

でもただ痩せるだけじゃなくて、今までの自分にないようなプロポーションにしたいなと。出てるところは出して、くびれをつくって。今までの経験を生かしながらボディメイクをしました。

――ばっちり仕上がってました! あとお尻がキレイって、撮影スタッフから言われてましたね。

増田 お尻は大きくてずっとコンプレックスだったんです。でもホメられたことで、初めてチャームポイントにしていいんだって。

それと今回やって思ったのは、グラビアの撮影ってお芝居に似てるなと。このシチュエーションはこういう表情しようとか、考えながらやるのがすごい楽しくて。カメラマンさんもそれを受け入れてくださって、また撮影したいなと思いました。

ただここだけの話、普段あまりしない動きをして、首とおなかが同時につりました(笑)。

――話は変わりますが、『ウルトラマンサーガ』(2012年3月公開)の撮影は覚えてます?

増田 あの頃はAKB48の活動がすごく忙しかった時期で、よく覚えてるのが、前日の朝からDiVAって派生ユニットのMV撮影をして、合間に十数社の取材を受けて終わったのが翌朝。

映画の現場までの移動で気を失うように寝て、メイク中もウトウトしてたら、「現場で寝るなんてありえない!」って、偉いメイクさんにガチで怒られて。

――それ、スケジュールがハードすぎますよ!

増田 当時は女優になりたいって気持ちもなかったし、セリフも棒読みで、今作品を見たらすごく恥ずかしい(苦笑)。でも1回だけ監督さんからホメられたシーンがあって。

泣く場面だったんですけど、どんな感情で悲しいのか考えながらやったら、「演技やったほうがいいよ!」って言われたんです。初めて演技が面白いと思って、それが今の仕事につながっているのかもしれないです。

――お酒を飲んで太ったと言ってたけど、どれぐらい飲む?

増田 長いときは夕方から翌朝まで12時間とか。お店も5、6軒回って、最終的にお弁当を買って寝る前に食べる(苦笑)。あと、覚えてないんですけど、明け方にひとりで動画を撮ってるみたいで。めっちゃグチったり、泣いたり笑ったり。それを起きてから見て、何やってるんだろうと(笑)。

――スゴいですね。そういえばAKB48時代のメンバーが結婚したりしてますが、増田さんはどうなんですか?

増田 これ悩みなんですけど、彼氏が本当にできないんですよ! いい感じの人がいても、しばらく一緒にいると「ごめん、ちょっとついていけない」とか、「俺、このままいったらすり潰(つぶ)されちゃう」って。

――どうなってるんですか(笑)。もう増田さんのことをなんでもわかってるファンの人がいいんじゃ?

増田 今の私を「いろいろ大人になったね〜」ってホメてくれるし、アリかもしれないです(笑)。

――この先、したいことは?

増田 今は芝居の仕事が本当に楽しいので続けたいです。先日も朗読ミュージカルをやったんですけど、ただ読むだけじゃなくて、意図をうまく伝えようとしながら読むのがすごく面白い。そのためにはいろんな感情が材料になるなと。

以前はいやな体験とかすると、心を閉ざしてたけど、そういうのも演技をする上での糧になる。もうなんでも肯定できるんですよ。それこそアイドル時代のむちゃくちゃな経験も財産だったんだなって、卒業して10年たって、ようやく思えるようになりました。

(スタイリング/田中あゆ美 ヘア&メイク/田村直子[GiGGLE]) 

●増田有華(ますだ・ゆか) 
1991年8月3日生まれ 大阪府出身 
身長164cm 血液型=B型 
○2006年にAKB48の2期生オーディションに合格し、抜群の歌唱力で活躍。2012年にグループを卒業、昨年配信されたNetflixオリジナルドラマ『全裸監督 シーズン2』の体当たりな演技が話題に。
公式Twitter【@yuka_masuda】
公式Instagram【@masuyuka_official】

増田有華デジタル写真集『夢、醒めないで』 撮影/佐藤裕之 価格/1100円(税込)
増田有華デジタル写真集『夢、醒めないで』 撮影/佐藤裕之 価格/1100円(税込)

取材・文/関根弘康 撮影/佐藤裕之