女優・西葉瑞希が『週刊プレイボーイ』の公式YouTubeチャンネルの『デジタル写真集、本人が語ってみた!』に登場した。

『本人が語ってみた!』は、人気女優やタレント、アイドルが、自身のデジタル写真集について撮影エピソードを織り交ぜながら解説するプログラム。西葉はデジタル写真集『一緒に笑おう』について語っている。

本インタビューでは、動画に収録しきれなかったグラビアのエピソードを聞いた。

  *  *  *

ーー週プレYouTubeチャンネルの「語ってみた」への出演、ありがとうございました!

西葉 楽しかったです。収録しながら撮影のことをいろいろ思い出しましたね。現場ってあっという間に終わるじゃないですか。だから、自分の中でちゃんと消化しきれないところもあって。今回の動画のおかげで次はどうしようかとか考えられたり、いい機会をいただきました。

ーー今回は肩の力の抜けた、じつにナチュラルなグラビアでした。

西葉 最初の打ち合わせの時に週プレの編集さんが「今回は変顔や変なポーズをお願いします」と言ってきたんです。「え?」って思ったんですけど、サンプルとして蒼井優さんの写真集など数冊を持ってきてくれて。

ーー蒼井優さん?

西葉 そう。中でも蒼井さんの作品の中にはおどけたような面白い表情のカットなんかもあって、すごく楽しい雰囲気の一冊だったんです。もともと私、蒼井優さんが女優さんの中で一番好きなんで、それを見て「よし、やってみよう」ってピンときたというか。

ーー週プレのインタビューでも言ってましたけど、それまでの西葉さんのグラビアって、キャピキャピした可愛らしいイメージのものが多かったですよね。蒼井さんの写真集に興味を持ったのもそうだけど、前からそうじゃないものをやってみたかったとか。

西葉 そうそう。やっぱり前にアイドルグループのリーダー&センターをやっていましたからね。でも実を言えば当たり前ですけど、キャピキャピ以外の自分もいるわけで。いやむしろ、キャピキャピっていうのはいまの私とはちょっと違うかな。もっとサバサバしているし。だからそういう自分を見せたいとは思っていました。それも今回やってみたいと思った理由のひとつですね。

ーー現に昔からのファンからは、「昔と変わったね」とか言われます?

西葉 すでにたくさん言われてますね。髪に色を着けただけで「黒髪じゃなくなった!」って驚かれたりして(笑)。でも私だって年齢を重ねて成長していますから。そういう変わった部分を含めて応援していただけたらなって思うんですけどね。

ーー今回の出来上がりの満足度は?

西葉 満点です。もちろん最初、不安はあったんですけどね。驚くくらい変な顔してるんじゃないかとか(笑)。でも、それも含めて楽しかったです。新しい自分を引き出していただきました。

ーー今回のグラビアに「国民の幼ななじみ」ってキャッチフレーズがついていましたね。

西葉 それ、すごいお気に入りです。週プレが出た後、仕事関連の方に言って回ったし(笑)。「幼ななじみ」って、たまにあったとき「あれ? なんか大人になってるよね!?」ってドキッとするじゃないですか。私もいろんな方々から顔を見てもらう度、そういうトキメキを感じてもらえるような存在でいられたらいいなって思います。

ーーそういえば「語ってみた」と同時に出演していただいた週プレチャンネルの動画「1min自己紹介チャレンジ」では、「特技=おじさんと仲良くなること」と言っていましたね。

西葉 そうなんですよ。小さい頃からお正月とか親戚とか集まることがあるじゃないですか。で、子供は子供同士、大人は大人同士で固まるものですけど、私は大人の中でひとり混じって会話を聞いていたらしくて。その経験がつながっているのかなって思います。

ーー大人たちが何の話をしていたかちゃんとわかりました?

西葉 いや、会話の内容より「おじいさんの言ったことに、みんな気を使って頷いているんだな」とか、「きっとおばさんはこの人のことが苦手なんだな」とか、そういうのを察して面白がっていました。

ーーませてますね(笑)。

西葉 あははは。なんにせよ雰囲気が好きだったんですよね。いまもお仕事の時は年上の方ばかりだけど、すごく楽しいです。年上の方って案外、年が下の方に話づらいって方が多いみたいで。なので、私のほうから話しかけにいきます。

ーー可愛がってもらっている光景が思い浮かびます。ぶっちゃけ、同世代のほうが一緒にいて楽しくないですか?

西葉 それはそれで楽しいけど......やっぱどちらかというと年上の人といるほうが楽しいかな〜。すごく安心しますよね。

ーー西葉さんって見た目があどけないイメージですけど、お話をしているとあえて自分から話しかけにいくみたいな気遣いができたりとか、しっかりされています。結構、大人っていうかギャップがありますね。

西葉 あー、ギャップあるってめっちゃ言われます。特に私、家でひとりでお酒を飲んだりするんですけど、その話をすると「え? 意外!」って。まぁコンビニとかでいまだに年齢確認されるくらい、お子様な見た目をしているので、そう思われても仕方ないですけどね(笑)。

ーー結構「言われすぎて嫌だな」なんて思います?

西葉 そんなことないですよ。いつかはどうしたって大人にしか見えなくなる日がくるので。いまはいまで幼く見られるのを楽しんでいます。

ーー最後にひとつ。週プレのインタビューで、「ラーメンすすってるグラビアを撮りたい」ってありましたけど、あれ本気ですか?

西葉 もちろん! 飾り気ゼロの私をグラビアに収めてみたいなって。前々から思っていたんですけど、今回の「一緒に笑おう」で拍車がかかったというか。スウェット着てラーメン屋さんに食べにいくようなシチュエーションがいいなとか、より具体的にイメージしています。

ーーファンの方は驚くんじゃないですか?

西葉 いやいや。自分がそういうカッコつけじゃないキャラだってことをファンの方もどんどんわかってきてくれているので、なんだかんだで面白がってくれる気もしますね。その時は「一緒に笑おう」に続き、「一緒に食べよう」なんてタイトルでどうですかね(笑)。みんなと一緒に楽しい気分をシェアできればと思います。

●西葉瑞希(さいば・みずき) 
1999年4月27日生まれ 愛知県出身 
身長163cm B88 W59 H86 
○『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日)に柿原瑞希役で出演し、話題を集めた。現在はテレビ、舞台を中心に活動中。
公式Twitter【@MizukiSaiba_318】 
公式Instagram【@mizuki_saiba】

デジタル写真集『一緒に笑おう』撮影/小塚毅之 価格/1100円(税込)
デジタル写真集『一緒に笑おう』撮影/小塚毅之 価格/1100円(税込)

取材・文/大野智己、撮影/金髪りさ