『週刊プレイボーイ』に水着グラビアで登場した福江ななか
『週刊プレイボーイ』に水着グラビアで登場した福江ななか

B90 W59 H85という、レースクイーン界No1の美ボディを持ち、オーディションを総合トップで通過後、RIZINガール2022としても活動する福江ななかが、11月14日(月)発売『週刊プレイボーイ48号』のグラビアに登場。注目のスーパーGCカップが雑誌初グラビアでそのベールを脱ぐ!

* * *

■スタイルには自信があります!

――雑誌でのグラビアは初めてだそうですけど、実に大胆というか、脱ぎっぷりがいいですね。

福江 うふふふ。あまり気にならないんです。撮影中、スタッフさんからは「もっと隠して」って言われました(笑)。皆さん、すごく気遣ってくれるし、写真も衣装もメイクも全部すてきだし、今回は夢のようでしたね。

――それにしてもB90 W59 H85とは素晴らしいプロポーション。しかもバストはGカップ! 福江さんはレースクイーンとして活動中ですが、レースクイーンといえばスレンダーな方が多いイメージ。圧倒されました!

福江 ずっとジムのパーソナルトレーナーの仕事もしていて、自分でも毎日トレーニングで追い込んでいたんです。なのでスタイルには自信があります(きっぱり)。もっとも腹筋とお尻はまだまだ鍛え足りないですけどね。

――そもそもなぜレースクイーンをやることに?

福江 以前、アパレルの会社でデザイナーをやっていたんですけど、辞めるとき、次の仕事が決まるまで事務所に入り、コンパニオンの仕事でつなごうと思っていたんです。そうしたら声をかけていただきました。

あと藤木由貴さんに憧れていたのもあります。OL時代、撮影会に出ていたんですけど、あるとき藤木さんとご一緒する機会があったんです。そこであまりのかわいらしさにファンになってしまって。それにしても今年で4年になりますけど、ここまで続くとは思ってなかったです。

――昨年からは、RIZINのラウンドガールとしても活動中ですね。

福江 家の庭にサンドバッグがつるしてあったくらい(笑)格闘技好きの父に勧められました。投票形式のオーディションに応募したんですけど、昨年はなんとか通り、今年はなんとトップで通過! 無事に2年目を迎えることができました。

ファンの方の応援はもちろんですけど、これまで同じ投票形式の日本レースクイーン大賞に挑戦した経験も生きたと思います。

――ラウンドガールは至近距離で試合を見ますよね。壮絶なシーンもありますが、怖くないですか?

福江 最初はビクビクしてましたけど、今はむしろワクワクします。それと同時に最近は「漢(おとこ)」って感じの男性がいいなと思うようにもなりました(笑)。

――ワイルド志向になったと。そういえば福江さんは幼少期、コンビニもない山奥で暮らしていたそうですね。たくましいものに惹(ひ)かれるのもわかる気が。

福江 『もののけ姫』に出てきそうな場所で毎日イノシシやシカの肉を食べ、蜂の子をおやつ代わりにしていましたから(笑)。あと小学校は山道の中、1時間半かけて通っていたし。

学校のプールは水道水じゃなく、湧き水を使うんです。冷たすぎて、泳ぐのが大変でしたよ。高校の頃、市街地に引っ越したんですけど、信号の見方がわからなくて最初、困りました。

――もしやその見事なスタイルは、幼少期に、大自然の中での生活で育まれたものなのかも。

福江 確かに! 東京暮らしが長くなった今も風邪ひとつひかないほど免疫力が高いというか、ずっと健康ですし。

――福江さんって一見、都会的でクールですけど、実際は逆ですね。

福江 近寄り難いとかよく言われます。でものんびりしているし、実はかなりの甘えん坊だったりするし(笑)。気軽に「福ちゃん」って呼んでほしいです(笑)。

――最後に今後の目標は?

福江 モデルなど芸能活動を続けたいですけど、将来的には起業したいと思っています。もともとアパレルデザインをやっていて、今もイラストは描くので、トレーニングウエアやゴルフウエアなど、オリジナルブランドをつくるなどしたいです。

それこそうまくいった暁には、自分が広告塔となって、今以上に、健康的な姿をたくさんお見せしたいと思っています。

(スタイリング/設楽和代 ヘア&メイク/エノモトマサノリ) 

●福江ななか 
1996年5月26日生まれ 熊本県出身 
身長163㎝  B90 W59 H85 
特技=絵を描く、ネイルデザイン 
○「carenex IMPUL でんき サポーターズ」のレースクイーンとして活動中。また「RIZINガール2022」としても活躍。
公式Twitter【@ec_nanaka】 
公式Instagram【@nanaka_fukue】 
詳細は公式ホームページをチェック! 

福江ななかデジタル写真集『ナンバーワン』 撮影/熊谷 貫 価格/1100円(税込)
福江ななかデジタル写真集『ナンバーワン』 撮影/熊谷 貫 価格/1100円(税込)

取材・文/大野智己 撮影/熊谷 貫