独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、砂肝ときのこのアヒージョ風をどん兵衛にぶっかけた「アヒージョぶっかけどん兵衛」!

* * *

【今回の食材】
・日清のどん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん ・砂肝ときのこのアヒージョ風(ローソンセレクト)

野島 最近ローソンのPB(プライベートブランド)商品のデザインが一新されてさ。写真と文字が小さくて商品の見分けがつかないって話題なんですよ。なかなかオシャレなのに。

助手 あー、なんか文句言ってる人多いッスよね。

野島 結局大切なのは味ですから。この前ローソンで冷凍のチーズタッカルビを買おうと思ったら間違えて砂肝ときのこのアヒージョ風ってやつを買っちゃったんだけど、これがもう衝撃的なウマさだった!

助手 アンタも買い間違いしてるじゃねーか!

野島 まあまあ。とにかくこのアヒージョは砂肝がコリコリっといい食感だし、オイルソースはニンニクがガツンと効いててお酒がグビグビ進んじゃう。

助手 ウマそう! パンをどっぷり浸して食いたいッスね!

野島 そして私は気づいてしまった。これをどん兵衛にぶっかけたら絶対にウマくなると。

助手 出た! 野島さんの「ウマいものはとりあえずどん兵衛にぶっかけたい病」が発病したぞ! 味が全然想像つかない!

(1)レンチン! 「砂肝ときのこのアヒージョ風」をレンチン。と、文字数があり余るほど簡単。とりあえずネットをザワつかせるローソンPB商品の新デザインを眺めてニヤニヤしましょう
(1)レンチン! 「砂肝ときのこのアヒージョ風」をレンチン。と、文字数があり余るほど簡単。とりあえずネットをザワつかせるローソンPB商品の新デザインを眺めてニヤニヤしましょう

(2)注ぐ! 「砂肝ときのこのアヒージョ風」を温めている間に、どん兵衛を開封して熱湯を注ぐ。どん兵衛が出来上がったときにはアヒージョも温まっているように準備しよう
(2)注ぐ! 「砂肝ときのこのアヒージョ風」を温めている間に、どん兵衛を開封して熱湯を注ぐ。どん兵衛が出来上がったときにはアヒージョも温まっているように準備しよう

野島 手順はぶっかけるだけなので省略しますが、きつねうどんのどん兵衛ではなく、かき揚げ天ぷらうどんを使うのがポイントとなります。

助手 ヒエ〜ッ、どん兵衛の上にアヒージョがドロッと......。

(3)ぶっかけ! どん兵衛が出来上がったら温めたアヒージョをすべてどん兵衛の上から豪快にぶっかけ、かき揚げをのせたら完成。少しずつ混ぜながら、味の変化を楽しみつつ食べると激ウマ!
(3)ぶっかけ! どん兵衛が出来上がったら温めたアヒージョをすべてどん兵衛の上から豪快にぶっかけ、かき揚げをのせたら完成。少しずつ混ぜながら、味の変化を楽しみつつ食べると激ウマ!

(4)完成!「アヒージョぶっかけどん兵衛」
(4)完成!「アヒージョぶっかけどん兵衛」

野島 さあ豪快に食べてみて!

助手 あれっ......めっちゃウマいんだけど、ニンニクガッツリでアブラこってりな感じ、どこかで食べたことがあるぞ......?

野島 どん兵衛にニンニクとアブラを足すというのは、どん兵衛をラーメン二郎風にする私の代表作「どん二郎」と一緒なんです。合わないわけがない!

助手 なるほど! 冷凍食品をぶっかけるだけでどん二郎テイストを味わえるのか!

野島 でも決定的に違うのはこのアブラがオリーブオイルだということ。なのでとらえようによっては生パスタを使ったペペロンチーノ風にも感じられるのですよ。赤唐辛子もゴロゴロ入ってて、このピリ辛が実に合う!

助手 確かにどん兵衛の麺がフィットチーネの生パスタみたいに思えてきた! 天ぷらが溶けてスープがさらにこってり化していくのもたまらないッス!

(5)ニンニク! お好みでチューブニンニクを追加すると一気に味がとがり、パンチの効いた味になる。口臭なんて気にするな! ニンニクマシマシのどん兵衛を食べて暑い夏を乗り切ろう
(5)ニンニク! お好みでチューブニンニクを追加すると一気に味がとがり、パンチの効いた味になる。口臭なんて気にするな! ニンニクマシマシのどん兵衛を食べて暑い夏を乗り切ろう

野島 チューブニンニクを追加しても味がとがって激ウマですよ。それにしても買い間違えをしなければこのアヒージョに出会うこともなかったはず。ローソンはいろいろな新商品を食べてもらうために、意図的に買い間違いを起こしやすいデザインにしているのかもですね。

助手 そんなわけねーだろ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎