独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、ビッグカツを利用して、冷蔵庫で余りがちなチューブ調味料をおいしく消費できる「ビッグカツで挟む! チューブカツサンド」!

* * *

【今回の食材】
・ビッグカツ ・ごはん ・チューブ調味料(お好みで)

野島 前回はハウス食品のチューブ調味料「焦がしにんにく」を使いましたが、最近はこのほかにも有能なチューブ調味料がたくさん出ているのですよ。

助手 青じそ、レモン、梅肉、ホースラディッシュ......おお、どれもウマそうッス! でも使いどころには困りそうッスね。

野島 そうそう。買ったはいいけど冷蔵庫で眠らせちゃってるご家庭は多そうですよね。そして眠らせているうちに賞味期限切れする悲しい結末が見える。

助手 それはもったいない!

(1)切る! ビッグカツを取り出し、包丁を使って半分から3分の1程度のサイズにカットする。大きさはお好みで変えても問題ないが、すべて同じサイズでそろえておくこと
(1)切る! ビッグカツを取り出し、包丁を使って半分から3分の1程度のサイズにカットする。大きさはお好みで変えても問題ないが、すべて同じサイズでそろえておくこと

野島 そこでいろいろ研究してみた結果、どんなチューブ調味料でもぶっちぎりでおいしく消費できるバカレシピを生み出すことができました。用意するのは大量のビッグカツ! これを一口大にカットして使います。

助手 細かくしたビッグカツに好きな調味料を塗って食べるとか、リッツパーティみたいでいいッスね。野郎どものジャンクなリッツパーティだ。

野島 スパークリングワインとかじゃなくて芋焼酎とか泡盛とかを用意してね。

助手 汚らしい絵面しか想像できないッス! そして調味料を塗るだけでレシピと呼んでいいのかというと疑問ッスよ。

(2)塗る! お好みのチューブ調味料を用意し、ビッグカツに適量塗り、薄くのばしておく。味の相性を考えながら2種類、3種類とたくさんの調味料を混ぜて塗ってもよい
(2)塗る! お好みのチューブ調味料を用意し、ビッグカツに適量塗り、薄くのばしておく。味の相性を考えながら2種類、3種類とたくさんの調味料を混ぜて塗ってもよい

(3)サンド! 調味料を塗ったビッグカツの上にご飯をのせ、もう1枚のビッグカツを使って挟む。それを2段、3段と重ねて厚みをつけてもよい。一度に頬張れる限界サイズに挑戦しよう
(3)サンド! 調味料を塗ったビッグカツの上にご飯をのせ、もう1枚のビッグカツを使って挟む。それを2段、3段と重ねて厚みをつけてもよい。一度に頬張れる限界サイズに挑戦しよう

野島 もちろんこれだけでは終わりません。ここからカツサンドにアレンジします。カツサンドといってもビッグカツをパンで挟むわけではありませんよ。白飯を用意し、調味料を塗ったビッグカツで挟んでいきます。

助手 ブハッ! これはバカだ! カツを挟むんじゃなくてカツで挟むんだ。ある意味夢のようなメニュー!

野島 普通のとんかつだと肉が厚いので難しいですが、ビッグカツなら薄いので余裕で作れます。欲望の赴くままに2段、3段と重ねたってOK!

助手 わっ、意外と見た目がかわいくなってきたぞ。2段重ねでもすし一貫と同じくらいの大きさで普通に食べやすそうッス。

(4)完成!「ビッグカツで挟む! チューブカツサンド」
(4)完成!「ビッグカツで挟む! チューブカツサンド」

野島 さあ、すしを食べるつもりで豪快に食べてみて!

助手 ウマッ! ご飯がクッションの役割になって、ビッグカツの食感の硬さをかき消してる! 普通に食べやすくて抜群にウマいし、一品料理として完成してるじゃん! いろんな調味料を追加でつけたくなって楽しいし、これは無限に食える!

(5)チューブ! あとはおいしく食べるだけだが、せっかくなので調味料をちょい足ししながら味の変化も楽しみたい。何を塗っても相性は抜群だが、最高の組み合わせを探してみよう
(5)チューブ! あとはおいしく食べるだけだが、せっかくなので調味料をちょい足ししながら味の変化も楽しみたい。何を塗っても相性は抜群だが、最高の組み合わせを探してみよう

野島 シンプルなのに奥深いんですよね。これはご家庭で賞味期限切れしたチューブ調味料を無料回収し、それを使ってカツサンドを作って売れば原価ゼロでボロ儲けできるのでは!?

助手 賞味期限が切れてたらアウトに決まってるだろ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎