独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、メガヒット商品のバターアイスを最強のスイーツへと進化させた「かじるバターアイスのフライ」!

* * *

【今回の食材】
・かじるバターアイス 2本 ・ホットケーキミックス 1人前分 ・卵 1個 ・牛乳 100ミリリットル ※2人前の分量です。

野島 おーい、今年のメガヒットアイス「かじるバターアイス」を買ってきたぞー。

助手 出た! 一時生産終了するほど売れまくってたやつだ!

野島 これは本当にバターのいいとこ取りで超激ウマなんです。濃厚でコクも塩気もあって、味自体は完全にバター。しかも本物のバターよりヘルシーだし、これさえあればもう冷凍バターを舐める必要がない!

助手 バターを直舐めとか、アンタ、早死にするぞ!

(1)混ぜる! ホットケーキミックスに牛乳と卵を加えて混ぜる。サラサラの状態よりはドロドロのほうが次の手順をやりやすくなるので、牛乳や粉の量を程よく増減して調整するといい
(1)混ぜる! ホットケーキミックスに牛乳と卵を加えて混ぜる。サラサラの状態よりはドロドロのほうが次の手順をやりやすくなるので、牛乳や粉の量を程よく増減して調整するといい

野島 今回はこのバターアイスを最強のスイーツへと進化させますよ。まず用意するのはホットケーキミックス。これに卵と牛乳をよく混ぜておきます。

助手 ホットケーキを焼いてバターアイスをのせるんスか? 絶対バカウマなやつじゃん! でも割と普通のレシピでは?

(2)つける! (1)を作ったボウルにかじるバターアイスを浸し、どっぷりと(1)を絡みつける。アイスの表面が見えなくなるまでつけること。難しい場合はスプーンなどで(1)を塗って仕上げよう
(2)つける! (1)を作ったボウルにかじるバターアイスを浸し、どっぷりと(1)を絡みつける。アイスの表面が見えなくなるまでつけること。難しい場合はスプーンなどで(1)を塗って仕上げよう

(3)揚げる! 油を180℃程度に熱した鍋に(2)を手早く入れ、両面がきつね色になるまで揚げる。アイスが溶け出てくると油がはねて危険なので、なるべく高温で手早く揚げるのがポイントだ
(3)揚げる! 油を180℃程度に熱した鍋に(2)を手早く入れ、両面がきつね色になるまで揚げる。アイスが溶け出てくると油がはねて危険なので、なるべく高温で手早く揚げるのがポイントだ

野島 もっと夢とロマンにあふれたスイーツになりますよ。で、鍋に熱した油も用意したんですが、バターアイスに手早くホットケーキミックスを浸し、どっぷりと絡めたらそのまま油の中に入れます。オラッー!! 

助手 アチチチッ!! おい、野島! アイスを油の中に突っ込んだら油がはねて大変なことになるに決まって......あれっ!? そんなに大惨事になってないぞ? そしてバターアイスがカラリと揚がってウマそうなきつね色に染まり始めてるッス! これはどんなトリックッスか!?

(4)完成!「かじるバターアイスのフライ」
(4)完成!「かじるバターアイスのフライ」

(5)急ぐ! (3)の手順が終わったら油から取り出し、大急ぎで食べてしまおう。アイスは当然すぐに溶けてしまう。ウルトラマンになったつもりで、3分を目標に一気に平らげよう!
(5)急ぐ! (3)の手順が終わったら油から取り出し、大急ぎで食べてしまおう。アイスは当然すぐに溶けてしまう。ウルトラマンになったつもりで、3分を目標に一気に平らげよう!

野島 ホットケーキミックスが揚がることでバリアの役割になり、バターアイスが溶けて大惨事になるのを防いでくれるんですよ。もちろん揚がった衣の中でアイスはトロトロに溶けるんですが、それがもう最高にウマい!! ささ、今から取り出すから大急ぎで食べてみて!

助手 ブハァァッー!! 衣はカリカリで、噛むと中からバターアイス汁が大量に飛び出してきたッス! もちろん味はウマいし、キンキンに冷たいのもイイ! これ、バカっぽいけど味は天才的ッス!

野島 アメリカにはバターフライなんていう究極のバカレシピがあるんですが、それをバターアイスで作ったら調理もしやすくなって最高でした。

助手 ホットケーキミックスにバターアイスの染み込んだ部分が、大トロ状態でいい仕事をしてるッス!

野島 今回はサラダ油で揚げましたが、贅沢(ぜいたく)に大量の溶かしバターで揚げると濃厚さが限界突破しますよ。調理し終わった後のバターをペロペロ舐めてもウマいし、一石二鳥!

助手 だからバターを舐めすぎるなって言ってるだろ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎