独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、激ウマ冷凍つけめん「とみ田つけめん」をさらにバカウマにアレンジした「ビーフシチューぶっかけとみ田つけめん」!

* * *

【今回の食材】
・中華蕎麦 とみ田つけめん(セブンプレミアム ゴールド)1個 ・金のビーフシチュー(セブンプレミアム)1個 ・とろけるチーズ 適量

野島 今回はセブンプレミアムの激ウマ冷凍つけめん「とみ田つけめん」をさらにバカウマにするアレンジに挑戦しますよ。

助手 正気か!? あれはそのまま食べても激ウマだし、価格も500円近くするから失敗したらダメージがデカすぎるッスよ!

(1)レンチン! セブンプレミアムの「とみ田つけめん」と「金のビーフシチュー」をそれぞれ電子レンジで温める。加熱時間はマニュアルどおりでOK。やけどしないように気をつけよう
(1)レンチン! セブンプレミアムの「とみ田つけめん」と「金のビーフシチュー」をそれぞれ電子レンジで温める。加熱時間はマニュアルどおりでOK。やけどしないように気をつけよう

野島 とりあえず作るので見ていてよ。食材として使うのは同じくセブンプレミアムの「金のビーフシチュー」。これとつけめんをそれぞれレンチンします。

助手 金のビーフシチューも400円近くしますからね。この時点でラーメン屋のつけめん級にコストがかかってるッス!

(2)チーズ! つけめんのスープを食器に移し、麺は流水で冷やさず「あつ盛り」で盛りつけ。とろけるチーズをかけて混ぜ、麺にたっぷりと絡ませる。溶けにくい場合は再度レンチンしよう
(2)チーズ! つけめんのスープを食器に移し、麺は流水で冷やさず「あつ盛り」で盛りつけ。とろけるチーズをかけて混ぜ、麺にたっぷりと絡ませる。溶けにくい場合は再度レンチンしよう

野島 麺は本来レンチン後に流水で冷やしますが、今回はあつ盛りにします。麺が熱いうちにチーズをかけ、熱で溶かして麺に絡めます。この時点でつけ汁につけて「チーズつけめん」として食べても激ウマですよ。

助手 それは間違いないやつ!

(3)ぶっかけ! (2)にレンチンした金のビーフシチューをぶっかけたら完成。ただし、(2)の状態でつけ汁に浸して食べても抜群にウマい。(3)は味変として、ある程度食べ進めてからかけるのもよい
(3)ぶっかけ! (2)にレンチンした金のビーフシチューをぶっかけたら完成。ただし、(2)の状態でつけ汁に浸して食べても抜群にウマい。(3)は味変として、ある程度食べ進めてからかけるのもよい

野島 でも人生はもっと楽しまないと! ここにビーフシチューもぶっかけましょう。ビチャッ! ブリッ、ブリッー!!

助手 うわっ、豪快に全部ぶっかけやがった。っていうか、茶色いものをぶっかけるときに汚い効果音を出すの、やめろ!

(4)完成!「ビーフシチューぶっかけとみ田つけめん」
(4)完成!「ビーフシチューぶっかけとみ田つけめん」

野島 これで完成です。このままジャージャー麺のように食べたくなると思いますが、シチューを絡めた麺をつけ汁にたっぷり浸して食べてみてください。

助手 ズズゥッー。おおっ、なんだこれ!? とみ田つけめんの味のベースは変わらないのに、うま味とコクが段違い!! とろけたチーズも濃厚さをさらに加速させてるし、感動的なウマさ! これは実店舗でもなかなか食えない味ッス!!

(5)つける! 麺にチーズとビーフシチューをたっぷり絡ませ、そのままつけ汁に浸して食べよう。うま味とコク、そして柔らか牛肉でブーストされた超進化系つけめんを存分に堪能せよ!
(5)つける! 麺にチーズとビーフシチューをたっぷり絡ませ、そのままつけ汁に浸して食べよう。うま味とコク、そして柔らか牛肉でブーストされた超進化系つけめんを存分に堪能せよ!

野島 金のビーフシチューって凝縮された牛肉と野菜のうま味なので、実はアレンジ適性が高い。何にぶっかけても元の味を壊さずうま味とコクをブーストできる、味の素を超えた調味料と言っても過言ではないのです!

助手 しかも牛肉の塊もゴロゴロ入っているのがたまらんッス! 二郎の豚増しを食べているかのような満足度ッス!

野島 ベースが濃厚な魚介豚骨なので、そこに牛肉が飛び込むと脳が豚肉だと錯覚しちゃうんですよね。なんの肉かなんて些細(ささい)な問題ですよ。とにかく柔らかくて肉厚なら激ウマと(笑)。

助手 アンタ、これバカっていうよりも天才レシピだぞ!

野島 これはビジネスチャンスの気配! 金のビーフシチューを大量に仕入れて、人気つけめん店の前で2倍くらいの価格で売れば大儲けできるのでは?

助手 許されるわけねーだろ! やっぱり紛れもないバカだわ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎