独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、パンを使わないグルテンフリーのサンドイッチ「ステーキ肉のBLTサンド」!

* * *

【今回の食材】
・牛ステーキ用肉 1枚 ・ベーコン 2枚 ・トマト 1/2個 ・スライスチーズ 1枚 ・レタス 適量 ・ステーキソース 適量 ・西洋ワサビ お好み

野島 最近私は健康志向が強いんです。今回はグルテンフリーのバカレシピに挑戦しようかと。

助手 いまさら健康志向になっても手遅れ感ハンパないッスけどね。で、何を作るんスか?

野島 BLTサンドを作ります。

助手 パンを使わずにサンドイッチを作るとか意味不明すぎ!

野島 サンドイッチはパンで挟まないといけないという法律はないですから。そのへんのスーパーで激安ステーキ肉を買ってきたので、こちらでBLTサンドの具材を挟みますよ。

助手 肉で肉を挟むとかバカすぎる! っていうか、安い肉なんか筋が多くて、とてもパンのようには噛(か)めないんじゃ?

野島 普通に焼いたらそうかもしれません。そこで使うのがテンダーライザーと呼ばれる筋切り器。これでガシャンガシャンと肉の筋を切れば、安い肉でもかなり柔らかい食感になるんですよ。安いものだと1000円くらいで買えるし、マジオススメ。

助手 へー、いいこと聞いた!

(1)切る! テンダーライザーを使ってステーキ肉全体の筋を切りながら薄く引きのばしたら半分にカットする。テンダーライザーがない場合は包丁やフォークなどでもある程度は代用可能だ
(1)切る! テンダーライザーを使ってステーキ肉全体の筋を切りながら薄く引きのばしたら半分にカットする。テンダーライザーがない場合は包丁やフォークなどでもある程度は代用可能だ

野島 それじゃやりますか。ソイヤッー!! ガッシャンガッシャンガッシャンガッシャン!!

助手 ちょっ! さすがに激しく叩たたきすぎでは!? 肉がペラペラに伸びちゃってるじゃん!

(2)焼く! (1)の両面に塩と黒こしょうを軽く振り、熱したフライパンに油を引いてベーコンと一緒に焼く。両面が焼けたら火を止め食器などに移す。焼き加減はお好みで調整しよう
(2)焼く! (1)の両面に塩と黒こしょうを軽く振り、熱したフライパンに油を引いてベーコンと一緒に焼く。両面が焼けたら火を止め食器などに移す。焼き加減はお好みで調整しよう

(3)サンド! 焼き上げた肉にステーキソースと西洋ワサビを塗り、肉でベーコン、レタス、トマト、チーズを挟んだら完成。具材はもちろんアレンジ可。オニオン、ニンニクなども合う!
(3)サンド! 焼き上げた肉にステーキソースと西洋ワサビを塗り、肉でベーコン、レタス、トマト、チーズを挟んだら完成。具材はもちろんアレンジ可。オニオン、ニンニクなども合う!

(4)完成!「ステーキ肉のBLTサンド」
(4)完成!「ステーキ肉のBLTサンド」

野島 このくらいやらないとパンのような柔らかさなんて再現不可能ですから。あとは肉を2枚に切り、ベーコンと一緒に焼きますよ。仕上げにステーキソースと西洋ワサビを塗って具材を挟んだら完成です。できたてのうちに手に取って食べてみて。

助手 熱っ!! 焼きたてのステーキを手で持ったらやけどするだろ! 手も油でベタベタになるし、なんとかしろ!

(5)包む! フォークとナイフを使って食べても問題はないが、せっかくなので豪快にかぶりつきたい。クッキングシートを包み紙にすると肉汁や野菜の水分が垂れてこないのでオススメだ
(5)包む! フォークとナイフを使って食べても問題はないが、せっかくなので豪快にかぶりつきたい。クッキングシートを包み紙にすると肉汁や野菜の水分が垂れてこないのでオススメだ

野島 じゃあ包み紙を用意しますか。環境に配慮して紙は極力使いたくなかったんだけど。

助手 なんで急にそんな意識高くなってんだよ! っていうかこれ、ウメェッー!! 普通にBLTサンドとして成立してるし食べやすさも問題なし。そしてステーキ肉とBLTの具材の相性、良すぎかよ!

野島 結局ビーフステーキもビーフハンバーグも同じ牛肉ですから、ハンバーガーに合う食材はステーキにも合うんです。

助手 肉欲をガッツリ満たせて激ウマだし、それでいてちゃんとヘルシーだし、最高としか言いようがない......イテテテッ! 興奮して大声出したら全身がピキッとつってしまったッス。

野島 ちょっと助手くん、体が硬すぎなんじゃない? ガッシャンガッシャンと筋切り器でほぐしてあげましょうか!

助手 ふざけんな! 出血多量で死ぬわ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎