30代、40代、50代......。少しずつたるみ、衰えていく体に戦々恐々とする日々。そんな後ろ向きな毎日を打破するべく、日本一美しく、ちょっぴりSな現役薬剤師・福井セリナが、あなたの体のお悩みを解決します! 第48回のテーマは「薬剤師さんって何を考えてるの?」です。

【今週のお悩み】調剤薬局やドラッグストアで薬剤師さんに会うことは割とあるけど、みなさん真面目で患者さんに優しくて、スゴいなぁと思って見てます。でも、薬剤師さんたちが「実は心の中で思ってること」があるんじゃないかって気がしています。福井さん、何かありますか?(37歳・会社員)

* * *

現役薬剤師・福井セリナ
現役薬剤師・福井セリナ

いいところに目をつけてくれました!(笑)。私は都内の調剤薬局で働いていますが、日々思っているけどなかなか患者さんに伝える機会がないなぁ〜と思っていることがいろいろとあります。

それはズバリ、この4つ!

1.ちょっとした風邪は自力で治した方がコスパが良い!
2.処方せんを渡したら、お出かけしても大丈夫!
3.お薬手帳を持ってると、実はちょっと安くなる!
4.併用薬分からないと、かなり困る......

「どういうこと!?」と思う項目もあるかもしれませんね。それではひとつひとつ解説していきます。

薬剤師のホンネを話す福井
薬剤師のホンネを話す福井

1.ちょっとした風邪は自力で治したほうがコスパが良い!

持病があったりする人は別ですが、ひき初めのような軽い風邪であれば、病院へ行くのはもったいない! と私は思います。

「保険がきくんだから病院のほうがお得」と思うかもしれません。確かにお薬の金額だけで言えば保険適用されたほうが安く手に入りますが、初診料や再診科、行くまでの交通費などを考えるとどうでしょう。さらに体がツラいなかで待ち時間を耐えたり、風邪で免疫が落ちているので他の患者さんの感染症をもらってしまう危険性もあります。

また、「熱が出たら解熱剤」と思いがちですが、熱が上がっているのは体が熱を上げて風邪菌をやっつけようと戦ってくれている証拠! 解熱剤でむやみに熱を下げてしまっては、風邪が長引く原因にもなります。

私自身の病院受診の目安は「平熱より1度以上高い熱が2日以上続いたら」と決めています。それ以外は体をよくあたためて、たくさんのビタミンを摂取! 市販の葛根湯もおすすめです。参考にしてみてね♡

2.処方せんを渡したら、お出かけしても大丈夫!

薬局の待ち時間って長いですよね。待ち時間が長く「遅すぎる!」と怒り出す方もたまにいらっしゃいます......。でも、実はその場で待たなくてもいいんです。

薬剤師に声をかけてもらえれば、数時間お出かけをして営業時間内に戻ってきてもらってもいいですし、なんなら急ぎのお薬じゃなければ数日後に取りに来てもらってもOKですよ♡

現役薬剤師・福井のオフの姿
現役薬剤師・福井のオフの姿

3.お薬手帳を持ってると、実はちょっと安くなる!

処方せんを持って薬局に行くと必ず「お薬手帳はお持ちですか?」と聞かれますよね。お薬手帳は処方されたお薬を記録する手帳ですが、面倒で作っていなかったり、いつも家に忘れてしまっている人も多いように思います。

あまり知られていない気がするのですが、お薬手帳を持参すると医療費が少し安くなるんです。薬局で薬を調剤してもらうと「薬剤服用歴管理指導料」がかかります。それがお薬手帳を持って来ると数十円安くなるんです。

「持ち歩くのはちょっと面倒......」という人には、アプリがおすすめですよ! 検索するといろいろなアプリが見つかるので、ぜひ試してみてくださいね。

4.併用薬分からないと、かなり困る......

薬剤師は、患者さんが同じお薬をもらっていないか、また副作用のリスクを高める飲み合わせがないかなど確認してお薬を出しています。

お薬手帳を見せてもらえればいいのですが、お薬手帳が無く、本人も今飲んでいる他のお薬の種類がわからない......となると、かなり困ってしまうのです。

お薬の名前がわからなくても「お薬の色」や「何の目的で飲んでいるお薬か」(血圧を下げるため等)がわかると、とても助かります! お薬のパッケージを持参してもらえると確実ですね。

<今週の教訓>薬剤師のホンネ4つを心の片隅に置いてお得に賢く活用してね♡

薬局のうまい使い方を覚えましょう
薬局のうまい使い方を覚えましょう

取材・文/鴨居理子 撮影/市村円香