昨今はプロ野球OBたちが続々とYouTubeチャンネルを立ち上げ、まさに百花繚乱の様相だ。ファン感涙の豪華対談に、選手も注目する"暴露チャンネル"、さらには体を張ったおバカ体当たり企画などを一挙紹介。

***

もはやテレビ、ラジオの解説だけで食べていける時代ではなくなったのか、プロ野球OBたちが続々とYouTubeに参入している。「雨後のたけのこ」ではないが、今やちょっとした有名OBであれば「やっていない人はいないのではないか?」というほどのカオス状態。

そんななか、このジャンルのチャンネル登録者数でトップを快走するのが里崎智也(元ロッテ)の『Satozaki Channel』(43.8万人)。歯に衣(きぬ)着せぬ解説と、「プロ野球選手のタバコ事情」「貯金額」「監督になれない人は嫌われているのか?」といったキワドイ企画も高い支持を受けている。もとよりお笑い芸人顔負けのトーク力で知られる里崎。当分、天下は続きそうだ。

『Satozaki Channel』里崎智也(元ロッテ)の歯に衣着せぬトークが人気で登録者数は40万人超え。「アシスタント(袴田彩会)に癒やされる」との声も多数だが、プロ野球OBのYouTubeで女性アシをレギュラー起用したのは、このチャンネルが最初とも
『Satozaki Channel』里崎智也(元ロッテ)の歯に衣着せぬトークが人気で登録者数は40万人超え。「アシスタント(袴田彩会)に癒やされる」との声も多数だが、プロ野球OBのYouTubeで女性アシをレギュラー起用したのは、このチャンネルが最初とも

チャンネル開設は昨年12月と後発ながら、王者・里崎の牙城に迫る勢いなのが"球界の番長"清原和博の『清ちゃんスポーツ』(39.8万人)。とんねるず・石橋貴明のYouTube進出を成功させたカリスマディレクター・マッコイ斉藤をスタッフに擁し、すでに10本以上のミリオン(100万回再生)を達成している。

罪を償った自身の再生をメインテーマに、少年にライト方向への打ち方を伝授したり、ボクシングの元世界チャンピオン・竹原慎二とガチでスパーリングを行なうなど、バラエティ仕込みのオリジナル企画がウケている。

『清ちゃんスポーツ』球界の番長・清原和博が昨年末にチャンネル開設。大マジメに技術論を語ったかと思えば、ボクシング元世界チャンピオンの竹原慎二とガチスパーリング、さらには「清原、ワンちゃんを飼う」企画でほっこりさせるなど硬軟自在
『清ちゃんスポーツ』球界の番長・清原和博が昨年末にチャンネル開設。大マジメに技術論を語ったかと思えば、ボクシング元世界チャンピオンの竹原慎二とガチスパーリング、さらには「清原、ワンちゃんを飼う」企画でほっこりさせるなど硬軟自在

プロ野球OBのYouTubeでテッパン企画になっているのが、大物ゲストを招いてのぶっちゃけトークだ。『上原浩治の雑談魂』は日米を股にかけて活躍した上原の人脈を生かし、高橋由伸、桑田真澄、藤川球児、澤村拓一(ひろかず)、川﨑宗則、井川慶(けい)といったひとクセある豪華ゲストが続々登場。上原の軽妙なトークで思わぬ本音が引き出される。

『上原浩治の雑談魂』豪華ゲストと上原の軽妙なトークが人気。なかでも必見は生年月日が同じ親友・高橋由伸(元巨人)のゲスト回。晩年は監督と選手の関係でもあり「監督として上原は本当に必要だったのか?」との禁断のぶっちゃけ話が展開される
『上原浩治の雑談魂』豪華ゲストと上原の軽妙なトークが人気。なかでも必見は生年月日が同じ親友・高橋由伸(元巨人)のゲスト回。晩年は監督と選手の関係でもあり「監督として上原は本当に必要だったのか?」との禁断のぶっちゃけ話が展開される

『片岡篤史チャンネル』は、名門・PL学園出身のつながりもあってか、片岡の2年先輩であるKKコンビ(桑田真澄、清原和博)がそれぞれゲスト出演。2019年に執行猶予中(当時)の清原和博をゲストに迎えた回は再生数300万回超えで話題になったほか、桑田真澄に「(巨人に)裏金をもらっていたんですか?」とぶっ込めるのはこの男しかいない。

『片岡篤史チャンネル』KKコンビ(桑田真澄、清原和博)がそれぞれゲスト出演するなど、名門・PL学園の絆を感じさせるチャンネル。昨年に片岡がコロナ罹患した際は、鼻にチューブをつながれた状態で病室から動画を投稿。大きな話題となった
『片岡篤史チャンネル』KKコンビ(桑田真澄、清原和博)がそれぞれゲスト出演するなど、名門・PL学園の絆を感じさせるチャンネル。昨年に片岡がコロナ罹患した際は、鼻にチューブをつながれた状態で病室から動画を投稿。大きな話題となった

一方、独自路線で異彩を放つ異色のチャンネルも。2015年に野球賭博で無期失格処分を受けて追放された笠原将生(しょうき/元巨人)は、球界の暴露系YouTuberとして君臨。『笠原チャンネル』では自身が12球団の球場から出禁を食らったエピソードや留置場生活、球界のコンパ、セックス事情にも言及。その過激さから、一部の現役選手からも注目を集めているとか。

『笠原チャンネル』野球賭博で球界を永久追放になった元巨人の笠原による「暴露系」チャンネル。マツダスタジアムに客としてプロ野球を見に行ったところ入場口であえなく止められるなど、自身の「出禁」の実態を語った回は哀愁が漂う
『笠原チャンネル』野球賭博で球界を永久追放になった元巨人の笠原による「暴露系」チャンネル。マツダスタジアムに客としてプロ野球を見に行ったところ入場口であえなく止められるなど、自身の「出禁」の実態を語った回は哀愁が漂う

現役時代から奇人として知られた上田剛史(元ヤクルト)、ダース・ローマシュ匡(たすく/元日本ハム)の関西高同期コンビのチャンネルもエッジが立っている。昨年、現役を引退したばかりの上田が「プロで大成しなかった理由」を赤裸々に自己分析すれば、ダースはAirPods Proを買うため、妻に「謎の宗教への入会金として3万円必要」と嘘をついて小遣いを交渉する企画などオリジナリティが光る。

『上田剛史』昨年、戦力外通告を受けて引退した上田が「プロで大成しなかった理由」を自虐的に自己分析するなど、全体的にほどよい天然ぶりが心地よい。同期のスター・坂本勇人(巨人)を突撃した回は100万回超の再生を2回も達成した
『上田剛史』昨年、戦力外通告を受けて引退した上田が「プロで大成しなかった理由」を自虐的に自己分析するなど、全体的にほどよい天然ぶりが心地よい。同期のスター・坂本勇人(巨人)を突撃した回は100万回超の再生を2回も達成した

『ダースローマシュ匡』Twitterでナンパしたニューハーフ美女とただラーメンを食べに行くだけの企画や、関係の深いダルビッシュ有(パドレス)と野球ゲームで対決する企画など、再生回数は低くとも個性が際立つ動画が多数
『ダースローマシュ匡』Twitterでナンパしたニューハーフ美女とただラーメンを食べに行くだけの企画や、関係の深いダルビッシュ有(パドレス)と野球ゲームで対決する企画など、再生回数は低くとも個性が際立つ動画が多数

巨人で活躍した助っ人、ウォーレン・クロマティの『クロマティチャンネル』には、元マリナーズのケン・グリフィーJr.や、元西武のデストラーデなど超豪華"外タレ"が登場。さらに世界の王貞治までもが「最初で最後」のYouTube出演を果たした神回は必見だ。

『クロマティチャンネル』現役時代の明るいキャラクターは今も健在で、英語に日本語を交えながら笑顔でトークを展開するクロウさんを見ているだけで幸せな気分に浸れる。そんなクロウさんのためならばと、世界の王貞治が登場する神回は必見だ
『クロマティチャンネル』現役時代の明るいキャラクターは今も健在で、英語に日本語を交えながら笑顔でトークを展開するクロウさんを見ているだけで幸せな気分に浸れる。そんなクロウさんのためならばと、世界の王貞治が登場する神回は必見だ

数あるプロ野球OBのチャネルの中でも、斬新さという点においては野村貴仁(元オリックスほか)の右に出る者はいない。清原和博が覚醒剤取締法違反で逮捕された際には、仙人のような風貌でメディアに登場して世間をザワつかせた野村だが、現在は農家に転身。チャンネルでは農作業の様子や地元仲間との飲み会、さらには撮影スタッフにブチ切れる様子まで公開。"見てはいけないものを見てしまった感"ありありだ。

今後もまだまだ続きそうなプロ野球OBたちのチャンネル開設。さらなるニュースターの誕生に期待したい。

『デーブ大久保チャンネル』巧みな話術で長嶋一茂(元巨人ほか)から「現役時代はフライが取れなかった」などの天然エピソードを引き出す一方、槙原寛己(元巨人)をゲストに迎えた回では、かつて自身が桑田真澄に嫌われていた衝撃の事実を暴露
『デーブ大久保チャンネル』巧みな話術で長嶋一茂(元巨人ほか)から「現役時代はフライが取れなかった」などの天然エピソードを引き出す一方、槙原寛己(元巨人)をゲストに迎えた回では、かつて自身が桑田真澄に嫌われていた衝撃の事実を暴露
『[ラミレス公式]ラミちゃんねる』昨年までDeNAの監督だったラミちゃんがYouTuberに。早速、かつての部下だった左投手・濱矢廣大(BCリーグ茨城)のNPB復帰をサポートするプロジェクトを開始。やけに球速にこだわるが、技術的な解説もわかりやすい
『[ラミレス公式]ラミちゃんねる』昨年までDeNAの監督だったラミちゃんがYouTuberに。早速、かつての部下だった左投手・濱矢廣大(BCリーグ茨城)のNPB復帰をサポートするプロジェクトを開始。やけに球速にこだわるが、技術的な解説もわかりやすい
『高木 豊 Takagi Yutaka』チャンネル開設は2018年と早く、プロ野球OB・YouTuberのパイオニア的存在。巨人の原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督ら大物ゲストの招聘や、芸人とのコラボなども先駆けており、その先見性は目を引くものがある
『高木 豊 Takagi Yutaka』チャンネル開設は2018年と早く、プロ野球OB・YouTuberのパイオニア的存在。巨人の原辰徳監督、阿部慎之助2軍監督ら大物ゲストの招聘や、芸人とのコラボなども先駆けており、その先見性は目を引くものがある
『一場靖弘のBASEBALLチャンネル』学生時代に複数の球団から「栄養費」を受け取って大問題になったいわゆる「一場事件」の内幕を赤裸々に語る。一方でテクニカル系の動画もきっちり上げており、野球界に恩返ししたい意欲が伝わってくる
『一場靖弘のBASEBALLチャンネル』学生時代に複数の球団から「栄養費」を受け取って大問題になったいわゆる「一場事件」の内幕を赤裸々に語る。一方でテクニカル系の動画もきっちり上げており、野球界に恩返ししたい意欲が伝わってくる
『【GG佐藤】トラバースTV』もとはG.G.佐藤(元西武ほか)が副社長を務める会社(トラバース)のYouTubeチャンネルだったが、今やG.G.に乗っ取られる形に(?)。時速288キロのBB弾をG.Gがバットで打ち、「キモティー!」と叫ぶ体当たり企画も。
『【GG佐藤】トラバースTV』もとはG.G.佐藤(元西武ほか)が副社長を務める会社(トラバース)のYouTubeチャンネルだったが、今やG.G.に乗っ取られる形に(?)。時速288キロのBB弾をG.Gがバットで打ち、「キモティー!」と叫ぶ体当たり企画も。
『相内誠ちゃんねる』西武時代は無免許運転や未成年時の飲酒、喫煙などでたびたび話題になったお騒がせ選手。昨年引退し、現在は格闘家に転身しているが、かつての暴走事件を告白した動画がプチ炎上。負けずに動画投稿を続けてほしい
『相内誠ちゃんねる』西武時代は無免許運転や未成年時の飲酒、喫煙などでたびたび話題になったお騒がせ選手。昨年引退し、現在は格闘家に転身しているが、かつての暴走事件を告白した動画がプチ炎上。負けずに動画投稿を続けてほしい
『広瀬哲朗 ガッツマンTV』あの落合博満が日本ハムに移籍してきたためにレギュラーを追われ、落合の助言に逆らって猛練習した末にケガで引退する逸話が◎。アシスタントは2名と贅沢だが、チャンネル登録者数はわずか800人程度でちょっと心配
『広瀬哲朗 ガッツマンTV』あの落合博満が日本ハムに移籍してきたためにレギュラーを追われ、落合の助言に逆らって猛練習した末にケガで引退する逸話が◎。アシスタントは2名と贅沢だが、チャンネル登録者数はわずか800人程度でちょっと心配
*本文にある数字(登録者数、再生数など)は5月5日現在のものです

取材・文/菊地高弘