表から見たら、まるでふっくらしたクリームパンのようなまん丸いフォルム。

 裏を見れば、プニプニのおマメのような肉球。

 すべてのキャットラバーを魅了する猫のパーツ、それが猫のお手々です。

(末尾に写真特集があります)

 最近ではアクリル板を使ったキャットウォークが設置された猫カフェなども増え、以前より手軽に肉球を堪能できるようになりましたね。

 見た目の素晴らしさだけでなく、足音を立てずに歩けたり、着地のときに衝撃を和らげるクッションになったりと、機能性にもすぐれているところが、また猫の手のすごいところ。

 今回はそんな猫のお手々の魅力を、裏表両面から愛でてみましょう。

“フェチ”ポイント① 万人を魅了する、その丸み

猫の手

 表(手の甲側)から見た猫のお手々のかわいらしさは、一番はその丸さ。ふわふわの毛がみっちりと生え、ぽってりとしたそのフォルムを引き立てています。

 きちんとお行儀よくそろえていたり、しっかり堂々と大地を踏みしめていたり。

 また、そのかわいらしい姿と、ときおり遊んでいるときなどに一瞬見せる、爪を出しているときの雄々しさとのコントラストも、目を楽しませてくれます。

 まさに“福々しい”と呼ぶにふさわしい、見ているだけで幸せな気分にさせてくれるかたちです。

“フェチ”ポイント② そっとふれて…触覚でも愛でる

猫の手

 裏側(手のひら側)の魅力は、なんといっても、肉球でしょう。

 前述のように、きちんと理にかなった機能が備わった結果、こういうかたちになったのでしょうが、それにしてもなぜ神様はこんなにかわいく作ったのか……自然の偉大さを感じずにはいられません。

 寝ているときなど、油断しているときにそっと触らせていただくと、ちょっとひんやりした、プニプニ感がまた最高です。視覚だけでなく、触覚をも楽しませてくれます。

 でも猫は手を触られるのは嫌がるので、くれぐれもあまりしつこく触らないようにご注意を……。

“フェチ”ポイント③ 色ごとに違うストーリーを想像

猫の手

 お手々にせよ肉球にせよ、色のバリエーションが抱負なのも、また楽しみのひとつ。

 白いお手々は焼く前のクリームパン。茶トラのオレンジ色は焼きたて、黒い子は……あらら? もしかして焦がしちゃった?などと、見ていて想像が尽きません。

 肉球もまた、ピンクから一部色の混ざったマダラ模様、黒など、バリエーション豊か。

 あなたはどの色や模様が、一番好きですか?

写真出典:
「ネコの裏側」(辰巳出版)
【撮影協力】
保護猫カフェ NECOT COFFEE HOUSE
住所:東京都江戸川区東葛西5-19-22
TEL:03-3877-0082
公式サイト:
http://necot.tokyo/index.html
※「猫カフェ」は完全予約制。予約・空き状況の確認は、上記公式サイトから可能