岩合光昭 み〜んな元気ネコ
弟分の猫の面倒を見る兄貴分の猫(撮影地・沖縄)

 動物写真家・岩合光昭さんの写真集『岩合光昭 み〜んな元気ネコ』(辰巳出版)が発売された。日本各地の土地に根差して生きる猫たちと、美しい景色が一体となった“岩合ワールド”を、A4の大判サイズで堪能できるところが魅力だ。

 同書は、猫専門誌「猫びより」の連載を未掲載写真とともに編集・再構成したもの。表紙を飾るのは、岩合さんが初監督した映画『ねことじいちゃん』で主演したベーコン君。漁港や離島、牧場で元気に暮らす猫たちや、恋人岬のらぶにゃんなどの人気猫、さらに岩合さんの愛猫「玉三郎」「智太郎」兄弟と、魅力的な猫たちが続々登場する。玉三郎は「ねことじいちゃん」の主役の子猫時代の猫で、智太郎は出演を逃した猫でもある。

 編集を担当した辰巳出版の斎藤実さんに、同書の見どころや制作秘話を聞いた。

岩合光昭 み〜んな元気ネコ
カバーを飾るのはベーコン君。映画「ねことじいちゃん」の他、映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」では山﨑賢人さんや清原伽耶さんと共演

愛猫も初見の猫も、同じたたずまいに見える“すごさ”

――写真集を作る上で、こだわったポイントを教えてください。

 岩合さんの「猫びより」の連載をまとめた大判の写真集は2年に1度出していますが、毎回クオリティーの高い写真集を作ろうというこだわりがあります。猫びより本誌とは違う写真も多数掲載していて、同じ写真でも細部まで見られるので「こんなにいい写真だったんだ」と改めて感じていただけます。アート紙という色がきれいに出る少し高価な紙を使用しているところもこだわりのひとつですね。

――斎藤さんが個人的におすすめしたい写真はどれですか?

 全部です(笑)。どれも思い入れのある写真ばかりですが、大人の猫が子猫をなめている写真も好きですし、「ねことじいちゃん」のベーコン君、恋人岬のらぶにゃん、会津のシロ君といったスター性のあるすごい猫たちの写真は、本になっても映えますね。構図や風景の美しさ、猫の毛の質感まで、見るたびに新鮮な感覚を得られるので、かめばかむほど味が出るような写真集です。

岩合光昭 み〜んな元気ネコ
伊豆・恋人岬の名物猫「らぶにゃん」(撮影地・静岡)

――岩合さんの写真の魅力は、どんなところにあると思いますか?

 岩合さんのお宅の玉三郎君と智太郎君が、ほかの猫ちゃんたちと同じようなたたずまいに見えることがよくあるんです。つまり、ご自身の家の猫と初見の猫を同じように撮れるのは、岩合さんだけじゃないかと思うんです。毎度思うことなんですが、そこに“すごさ”を感じます。

 この写真集もほとんどが初見の猫ちゃんたちなのですが、みんな自然体です。あんなに大きなカメラを持っているのに、どうやって撮影されているのか、猫専門誌の編集者である私も不思議になってしまいます。

フィクションから始まり、リアルで終わる構成

――制作裏話はありますか?

 果たして写真集が出せるのか……という心配に尽きますね。連載中はコロナ禍の影響で、岩合さんが取材に行けない事態が何度かありまして、次の猫びよりの連載はどうしよう……というのが、この2年間ずっと心配でした。

 私もやきもきしたし、岩合さんご自身はもっとやきもきされていたんじゃないかな……。そんな中でも、結果的にはいい猫たちがたくさん出てきてくれて、今回もいい写真ばかりになりました。

 岩合さんが海外に取材に行けないこともあって、その分日本でということになり、恋人岬のらぶにゃん、会津のシロといった、過去に取材した猫と岩合さんの数年ぶりの再会が果たせました。猫びよりの読者さんでも「あの子どうしているんだろう」と覚えてらっしゃる方がいますし、非常に感慨深いですね。

岩合光昭 み〜んな元気ネコ
富士山と夕日をバックに毛繕いする猫。岩合さんが好んで撮影する夕景には息をのむほど美しい写真が多い(撮影地・千葉)

――最後に、写真集のおススメポイントを教えてください。

 この写真集の構成は、映画「ねことじいちゃん」の現場から始まって、最後は「ねことじいちゃん」をきっかけに岩合さんと暮らすことになった玉三郎君と智太郎君がいる、岩合さんにとって、もっとも身近なご自宅で終わります。

 映画の初監督をつとめ、社会的に大変な状況もある中で猫を迎えて……と、岩合さんご自身の中でも色々あった時期が詰まっているのが、この写真集の構成に反映されているのかなと思っています。そういう意味でも、岩合ファンにとっても感慨深い写真集なのではないでしょうか。

 映画というフィクションから、もっともリアルなプライベートな空間に戻ってくるという構成の写真集だからこそ、岩合さんのすごさが余計に伝わるのではないでしょうか。

『岩合光昭 み〜んな元気ネコ』
著者:岩合光昭
出版社:辰巳出版
サイズ:A4判/単行本(ソフトカバー)/96ページ
価格:1,980円+税
撮影地:愛知県・佐久島/茨城/沖縄・久高島/沖縄・伊平屋島/小樽/江別/静岡/会津/房総半島/東京
(書影をクリックするとAmazonのページに飛びます)