<sippoストーリー>
レイ/男の子/ミニチュアダックスフント/15歳
普段の呼び名:レイ、れいちん、レイレイなど
飼い主さんのニックネーム:レイママ

■名前の由来はなんですか?
お迎えした当時、我が家のマイブームがエヴァンゲリオンでした。オスでしたが、『シンジ』は唐突だったので、綾波レイの名前をもらいました。レイならオスでもOKかな?ということで。

■出会ったきっかけはなんですか?
我が家で、色々な事情からワンチャンをお迎えしようとしていたとき、主人の勤務先のお知り合いのブリーダーさんのところで、ダップルの子犬が産まれたとの情報が。早速会いに行きました。シルバーダップルが2匹、チョコダップルが1匹。その中で縁があったのがレイでした。

家に来たころの「レイくん」

■今回選ばれた写真はどんな時に撮った写真ですか?
朝、仕事へ出かける前の1枚です。パパがお留守番よろしくね、と話しかけているのを、首を傾げながら聞いているような感じだったので、思わずシャッターを押しました。

■ペットとの忘れられないエピソードは?
今は平日昼間の留守番にもすっかり慣れました。ところが土日にお留守番しないといけないときは、ボクも連れていってと言わんばかりにワンワンアピールします。仕事で出かけるときと、そうでない時がわかるのかな?という感じです。

■ペットと一緒に暮らし始めて、あなたに起きた変化はありますか?
レイは私たち夫婦にとって子どもです。暮らし始めて、というか、Instagramをはじめて(4年前)から、犬やネコの飼い主さんとたくさんのつながりができました。レイがいなかったら出会えていない方々です。

■オススメのおでかけスポットは?
長崎市にある『トニーアンドクロエ』というカフェ。トニーくんとクロエちゃんの看板犬がいます。もちろんワンチャンOK!

■最後に、ペットへのメッセージをお願いします
大きな病気をせず、15年以上一緒に過ごしてきたね。これからも元気で、少しでも長く私たち夫婦と一緒に過ごせますように。