大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」1コマ目

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」2コマ目

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」3コマ目

大盛のぞみ猫マンガ「やっぱ、猫じゃけぇ」4コマ目

 

 猫って本当はいつも何を考えているんでしょうね?

 声の感じで怒っているとか悲しんでいるとか喜んでいるとか、だいたい察しはつくんですが、細かいニュアンスまで知れたらいいのに……と常日頃思っておりました。

 そんな時に、姉から「これめっちゃ流行っとるみたいよ」と、教えてもらったのが猫語翻訳アプリ! これで猫〜ズが何喋ってるのか私にでもわかるわけね♡と、ウキウキでダウンロード。

 私がダウンロードしたのは、「にゃんトーク(MeowTalk Cat Translator)」というアプリ。

 全猫、顔写真や年齢、性別などのプロフィールを登録して準備万端。

 一番よくしゃべる岩海苔から実験開始! 翻訳ボタンをサッと押し、そっと近寄ってみると私の顔を見るなり「にゃー」と気だるく挨拶してくれました。

 翻訳結果を見ると「私を見て」。

 これは……当たってそう!! よーしよしよし、岩ちゃんはこんなこと思ってたんだねえ〜とニヤニヤしながら録音からの翻訳を続行。

 岩海苔編は大成功。続いて、タラコとちくわ……と、そろそろっと近づいてみるも「……しーん……」。

「なんでしゃべんないでちか?? おかあちゃんとおしゃべりしまちょお?」と、携帯片手にオロオロと近づくと、いつもと違う圧に怯えて逃げ出してしまいました。 

 自然体で近づくといいのかも、とあれから色々試してみるも、全然うまくいきません。

キジ白猫「ちくわ」
基本的に言葉を発さず、目ヂカラで要望を伝えてくる「ちくわ」

 そこでやっと気づいたんですけど、我が家の猫って岩海苔以外はめったに鳴かないんですね。

 朝晩、「部屋に入れろ」「部屋から出せ!」というときに練り物兄弟が鳴くくらいで、魚卵姉妹に至っては、鳴き声が聞けるのはなでている時に1回あるかないかくらい。1日ひと鳴きくらいの感じで、本当にレア。

 その貴重なひと鳴きをどうにか録音して、翻訳にかけたい。あなたたちのことをもっと教えて……(我ながらだいぶ怖い)。

 まさに流れ星を待つような気持ちで、猫が鳴くのを待っております。

▼使ったアプリはこちら
「にゃんトーク(MeowTalk Cat Translator)」 >
App Store
 >
Google Play

(この連載は隔週金曜日に更新します)